ベトナム株を扱うベトナムの証券会社

ベトナム株への投資を始めるに当たって、何はなくとも証券口座が必要ですね。
そして、口座開設を行うには、まず口座を開く証券会社を選択する必要があります。
しかしベトナムの証券会社なんて、普通の日本人は知りません。
ということでいくつか有名なところをあげてみましょう。
日本人が知らないだけで、さすが、経済成長を続けているだけあってベトナムにある証券会社は、かなり多いようです。
そしてその中には、日本語サービスを行っている所も沢山あります。
その中でも特に有名なのが、SSI証券でしょう。
SSI証券では、日本からの口座開設が可能で、ベトナム大使館に行くなどの手続きができないと言う人には有料で全て行ってくれる業者もあります。
頭金が10,000ドル、口座維持費が15ドル、口座閉鎖手数料が100ドル掛かります。
手数料は、上場銘柄の場合、取引額が50,000,000ベトナムドン(VND)以下だと0.5%、50,000,000~100,000,000VNDだと0.4%、100,000,000~500,000,000VNDだと0.35%、500,000,000VND以上だと0.3%となっています。
さすがに売買手数料は安いといえますが、口座維持手数料が毎月15ドルかかるのは痛いかもしれません。
ちなみに、現在のレートだと大体1円=150VNDとなっています。
この他にも、日本語サービスのある証券会社としては、BSC証券、BVSC証券、SBS証券、HSC証券、VDSC証券、ROYAL証券と言った会社があります。
HSCは手数料関係が安いということで有名なようです。
それぞれに条件が違うので、それぞれHP上などで確認してから、どの口座を選ぶか決めるようにしましょう。
ベトナム株を購入する上で、ベトナムの証券会社を選ぶと言うのは日本人にとってはちょっと難しいかと思います。
しかし、こう言う選択肢もあると言う事を頭に入れておくだけでも、ベトナム株を購入する上で大分違ってくるかと思います。

ベトナム株価指数

ベトナム株の価値の推移を見る上で、全体的なトレンドをつかむのに何を見ればよいのでしょうか。日本なら日経平均株価というのがありますね。
それに対応するものとして、ベトナム株では、最もわかりやすいのがベトナム株価指数を見る事です。
ベトナム株価指数とは、ベトナム証券取引所に上場されている全銘柄によって算出される時価総額加重平均指数の事です。
ベトナムVN指数とも呼ばれます。
ベトナム株が誕生した2000年7月28日の指数を100として計算しているようです。これを基準として以降の指数が導き出されています。
つまり、100を超えている場合は、創立時よりもベトナム市場、ひいてはベトナム株が好調であると言うことです。
では、現在のベトナム株価指数は幾らくらいなのでしょうか?
2008年2月現在のベトナム株価指数は、700くらいです。
つまり、発足時の7倍ですね。
8年で7倍ですから、この時点で、かなりの成長率である事がわかるかと思います。
つまり2000年の時点でベトナム株全体を買っておけば資産は7倍になっているということですね。
もっとも、一時は1000を大きく超えていたので、現在絶好超過と言うと、そう言うわけではなかったりします。
ただ、これからも上がっていくと考えられますので、700に下がっているというのは買いのチャンスなのかもしれません。
と言っても、株に上下動はつきものです。
どんな好調な銘柄でも下がる事はあります。
それは、ベトナム市場、そしてベトナム株全体にも言える事です。
現在下がっているとはいっても、ここまでずっと上昇し続けている状況です。まだ国自体が発展途上の状態ですので、ピークがすぎたと判断する人は少ないでしょう。
ピークにきているというのは現在の日本やアメリカなどを指すのですが、ベトナムが現在の日本と同じくらい経済成長しているかどうかというと・・・考えるのもばかばかしいですね。
これから先、更なる上昇がある事を期待する人が多いから、注目を浴びているのです。
勿論、資産運用は全て自己責任なので、周りに流されてもいけません。
現在のベトナム株価指数のチャートを見て、買うべきか、買わざるべきか、或いは売るべきか売らざるべきかを決めるのは、自分自身で判断すべきなのです。

ベトナム株とは

近年、ベトナム株と言う言葉を耳にする機会が増えてきました。
耳にするようになったということは、それよりもかなり早くから、ベトナム株に投資をしてもうけている人がいるということなんですけどね。
ベトナム株とは、ベトナムの証券取引所に上場して、取引されている株の事を指します。
つまり、ベトナムで売買されている株のことで、ベトナムの企業の株を取引するというわけですね。
勿論、今の時代ベトナムに行かなければベトナム株が買えないということはありません。日本にいながら口座開設もできますし、メールによる注文や、最近では日本国内でインターネット上などによって取引ができるようになっています。
そんなベトナム株が、今何故注目を浴びているのか。
それは、ベトナムが発展途上国だからです。
そしてただの発展途上国ではなく、成長目覚しい発展途上国だからです。
ベトナム戦争の悲しいイメージから脱却し、大きな期待を集めている国です。
現在、ベトナムは非常に労働力にめぐまれています。人件費も安いのですね。
更に、人口が多く、その6割が30歳以下と、日本とは違って若者が多い国といえます。
お金の面でも活力の面でも労働力に優れているということですね。
そして、近年の教育水準の上昇により、識字率は100%に限りなく近い数字を残しています。
これが何を意味するのかと言うと、ベトナムの今後の経済成長に大きな期待ができると言う事です。
つまり、国に投資するようなものですね。
高度経済成長を目前に控えた日本をイメージするとよいでしょうか。
ベトナム株とは、ベトナムそのものを株と考える意味にもとれそうですね。
経済発展を期待した買うわけですから、デイトレードで利ざやを稼ぐのではなく、基本的には長期的な保有を前提とした購入と言う事になります。
よって、短期で利益を得ようという人にはそれほど向いていないかもしれません。
しかし、将来的に資産を増やしたいと考えている人には、ベトナム株は最適です。
現在のベトナムは、非常に潜在能力の高い国です。
戦後の日本が爆発的な経済成長を遂げたことを思い出してみますと、このベトナムもそうなる可能性を十分に秘めています。
ベトナム株とは、夢を買うと言う側面もあるのです。

ベトナム株購入のポイント

ベトナム株取引を始めるにあたって、口座の開設手続きが終ったらいよいよ本番ということになります。
ベトナム株購入に向けての準備として、銘柄選択の段階ですね。
銘柄選びには幾つかのポイントがあります。
これらのポイントを押さえて、ベトナム株購入の目安にしてみてはいかがでしょうか。
まずは、当然ながら企業の業績が大事です。この成長期に業績が下がっている企業に投資するのはうまくありません。上がっているものを選びましょう。
業績が落ちている銘柄を買うとしても、右肩上がりの企業が一時的に株価を落としている、という場合がよいでしょう。
ベトナム株が注目される理由はなんと言っても経済成長率の良さです。
この経済成長を支えている業種が、ベトナム株を支えていますから、そのような業種を選びましょう。
また、ベトナムの急成長が認められた証でもあるように、ベトナムはWTOへの加盟を果たしました。
WTOでの加盟が大きく影響する業種も出てきますので、それらにあてはまる業種であるかを見てみましょう。
そして、やはり、日本人投資家の様に、外国人の投資家による資金の流入は目覚しいといえます。この資金がベトナム株購入が益々現地企業を発展させていきますから、外国人投資家の保有率が伸びている銘柄を選びましょう。
現地の経済情勢について常にアンテナを高くしていることは必要でしょう。ただ、現地の新聞を取るのは難しいですから、インターネットで情報収集をするのが便利だと思います。
まだまだ規模が小さい市場なため、流動的な株式であることを頭に入れて市場全体の動きに目を向けてベトナム株購入をすることが必要です。
しかし、拡大している市場ですから、長期的な投資を考えていれば、リスクは抑えられるのではないでしょうか。
そのためにも、インターネットを活用して、日本に居ながらにして、情報を得る手段は欠かせないものとなります。リアルタイムでベトナム株情報を手に入れることができるサイトをおさえておきましょう。
サイトによっては、ベトナム株の基礎知識であったり、質疑応答をしてくれるサイトもあります。そのようなサイトを利用すれば、無料でクオリティーの高い情報も集められるのではないでしょうか。

ベトナム株は日本の証券会社で買えるのか

ベトナム株を購入したいと思い立った場合、ベトナム株を扱っている証券会社をみつけなければなにもはじまりませんよね。
証券会社に口座を開設しなくては、株の売買は行えませんから。
それで、実際に日本でその証券会社を探した人もいるかと思います。
しかし・・・見つかったでしょうか?
私はみつからなかったのですけど・・・。
これは実はベトナムの法律が関係していたようです。
ベトナム以外の国の証券会社が、ベトナム国外でベトナム株を売買するのを禁止するという内容の法律です。
つまり、日本の証券会社は日本でベトナム株を売ってはいけないという事になります。
さすがに社会主義だった国ですね。
よって、日本の証券会社でベトナム株を購入したいと思っても無理だったのです。
証券会社の選択は必然的にベトナム国内の証券会社、と言う事になっていました。
しかし、2008年、日本国内の証券会社でもベトナム株を取り扱う事が可能となった証券会社があります。
それは、ニュース証券です。
ニュース証券は、ベトナムの大手証券会社であるACB証券と業務提携したのです。
そして、ベトナム株の売買を許可されたということです。
これによって、日本国内の証券会社でベトナム株を購入できるようになりました。
法律はどうなったのでしょう・・・。おそらく株式の売買をするのはあくまでACB証券で、日本人とACB証券の間をつなぐのがニュース証券ということになるのでしょう。
やはり、日本人である以上は、日本国内の証券会社を選択したほうが、日本人としては安心ですよね。口座開設の際にかかる余分な手数料、旅費、仲介料金などによる出費を抑える事もできます。ニュース証券はベトナム株を購入したい人にとっての救世主になるのではないでしょうか。
ただし、現地の証券会社と直接やり取りする場合に比べますと、株式売買手数料は高めになってしまうようです。
それにしても便利であることは確かですので、ベトナム株の購入を考えている人は、ニュース証券のHPを一度覗いてみてはいかがでしょうか。
情報レビュー

ベトナム株式会社~今後の展望

ベトナム株式会社というと、ベトナムという国自体を会社に見立ててベトナムの市場全体に投資しようという意味にも取れますが、ここでは単にベトナムの株式会社のことです。
外国株式の中でも、ベトナム株は中国株に次いで人気が高まっているのではないでしょうか?
むしろ中国株を追い抜いてしまいそうな勢いがあります。
そんなに人気が高まっている割には、ベトナムの株式会社の少なさに驚く人も数多いかと思います。
と言うのも、ベトナムは社会主義共和国です。
株の売買が盛んなのに、いちおう社会主義なのですね。中国もそうですけど。
ですから、企業の多くは「国営」なため、ベトナム株式会社の数が少ないのです。
結局は資本主義によらなければ経済発展は難しいということでしょうけど。
現在ベトナム政府が進めている計画は決して社会主義的ではありません。
今後益々ベトナムに株式会社を増やし続けると言う意向になっています。
現在ある国営企業の内の八割近くは株式会社になるというのですから、中曽根さん(国鉄民営化)も小泉さん(郵政民営化)もびっくりです。
しかし、株式会社になったすべての企業が上場されているわけではありません。
上場している企業はほんの一部なのだそうですね。
それ以外の株式会社は、現在のところは市場外の取引で、我々一般人には手の届かないところにあるようです。
ベトナム株の市場外取引は、非公式ではありますが、厳格なルールに則っておこなわれているため、証券取引所で上場されているものと同等の扱いがされています。
政府もこのような市場を放っておくわけがありません。
ゆくゆくは統制された末、これらの多くの企業が上場を果たすのは大いにありうることでしょう。
となると、上場企業の数も一段と増えることになります。ベトナム株は豊富な銘柄に益々活気付くと予想され、ますます期待できるようになります。
また、外国人のベトナム株保有率を、30%から49%に引き上げられたのを見てもわかる様に、外国からの資本の導入にも積極的なようです。
外国人投資家に対する規制を緩める可能性も充分あります
現在のところ外国人投資家のベトナム株保有率は全体の二~三割なんですね。しかし、今後益々ベトナム株式会社への投資はさかんになる気配があるといっても良いでしょう。

ベトナム情報を仕入れましょう

ベトナム株情報として初心者が押さえるべきポイントを挙げてみましょう。
まずは、ベトナム株情報の仕入れ方。
日本に居ながらにして、ベトナム株式を取引するのですから積極的に情報収集しなければ必要なものは集まらないでしょう。
株取引で大切なことはベトナム事情を把握することです。常日頃「ベトナム」を身近に感じていなければなりません。
便利なのはやっぱりウェブサイトです。今は「インターネット」と言うとても便利な環境があります。インターネットから上等なベトナム株式情報を仕入れることも可能です。
そのような専用サイトから、有用な情報を入手しましょう。
リアルタイムなベトナム株情報を仕入れることもできます。
株式情報のみでなく、日本の新聞やテレビでは報道されないような、ベトナムの政治・経済・社会情報はもちろんのこと、三面記事や、芸能、観光情報など幅広い情報を知っておくことが、ベトナム株の動きを予測する最も有効なやり方です。
是非ともこのようなサイトにブックマークをして、常にベトナムと身近な位置にいるようにしましょう。
今後市場にインパクトを与えるであろうことに敏感になれます。
ベトナム株式情報サイトから、ホーチミン証券取引所、ハノイ証券取引所の株式指数や基本情報を見ることができます。いろいろな銘柄の株価に関する情報が、リアルタイムで入手可能です。
また、新たに上場された株式についての情報や、新株が発行される情報、または、配当金が出される日程、株主総会の開催情報も見られるでしょう。
また、ベトナム株取引をはじめるには、ベトナム株口座を開設しなければなりません。
開設方法は何種類かありますが、開設される方によって、条件や適正が変わってきます。
自分に向いた方法で、手間やお金を必要最小限に済ますことができるような開設方法もウェブサイトでみつかるでしょう。
お薦めなのは、「口座開設サポート」です。
日本に居ながらにして、もしくは、現地に足を運ぶついでに口座開設できます。
安心で確実なサポートサービスを利用して手間なく無駄なく口座開設をしましょう。
ベトナム株は、銘柄によっては、購入できない場合があります。
外国人の保有比率が決まっている銘柄ですね。
枠がいっぱいになってしまっている場合は、欲しくても買えないのです。
このような情報もウェブ上で確認ができます。

ベトナム株式投資の魅力

世界の投資家達が注目してきた市場に「BRICs」と呼ばれるものがありました。これは中国・ブラジル・インド・ロシアの四カ国を指すものでした。
しかし今では、「VISTA」と呼ばれる新興国の人気が高まっています。
VISTAといってもウィンドウズのことではありませんよ。マイクロソフトに投資するわけではありません。
「VISTA」とは、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)の五カ国の頭文字から名づけられたものです。
この中でも、我々が注目しているベトナム株は代表的な存在です。
世界各国の投資家が注目しています。
ベトナム株式投資のどんなところが魅力となっているのでしょうか。
それはベトナムという国の経済成長率の高さです。
短期間の間に、経済成長率が7%と言う上昇率は、世界でも他に例を見ることができません。
そして、WTO(世界貿易機関)の加盟国にもあなりましたので、ますます投資が集中しているのです。
とは言え、ベトナム株式市場は誕生してまだ日が浅いため、まだまだ規模は小さいといえます。上場企業の数は増えているとはいえ、まだまだ少ないのが現状です。
今後益々増え続けると言われていますが、現況では、ベトナム株式投資は、数少ない上場企業の中から選んで買うということになりますね。
しかし、上場企業が少ない分、時価総額も少額です。
つまり一株当たりにしてみると、株価も安いことになります。
ベトナム株式投資は少ない資金で、多くの銘柄が購入できるということになります。
資金が潤沢な人であれば、有望な銘柄は全部買ってしまうこともできます。
こうすれば分散によるリスクヘッジの効果も高くなりそうです。
ベトナム株式については、まだまだスタンスの長い投資と言うことになりますが、成長性からは目が離せないものには違いありませんし、それだけに楽しみなものです。
ただ、日本以外の外国人投資家はこの状況をどのように分析するのか?にも課題は残るようです。

ベトナム株取引の始め方

ベトナム株取引を始めるにあたって、最初に必要なのは取引口座です。これがなくて始まりませんね。ということでベトナム株の口座を開設します。
ベトナム株は日本の証券会社との取引をするのではありません。
現地の証券会社との取引になります。
最近になって、日本の証券会社でもベトナム株を買うことができるようになりましたけど、それはベトナムの証券会社に取り次いでくれているだけでしょう。
とりあえず、国内にしても現地にしても口座を開設しない限り、ベトナム株取引は行えません。
さて、個人投資家が自らの手でベトナム株口座を開設するのは結構面倒くさそうです。
大使館やベトナム外務省をはじめ、証券会社、銀行などとの手続きがいるんですよ。
現地の言葉に長けている人ならいいのですけど、そういう人は多くないでしょう。
そうでない人がいきなり出向いて手続きすることは不安いっぱいですよね。
あなたはどうでしょうか? 前者であればラッキーです。というかそれで商売できそうですね。
一般的な人にとっては、現地で通訳を手配して手続きをする方法が考えられます。
しかし、そのためにわざわざ現地に何日間も滞在するとなると時間的金銭的コストがかかってしまいます。手間と費用をかけてわざわざ現地でベトナム株口座を開設しなくても、他にも方法はあります。
ベトナム四大銀行の一つである、ベトナム投資開発銀行に口座が開設できるサービスというものがあるのですね。これを利用すれば、わざわざ現地に出向かなくても、日本に居ながらにしてできそうです。
しかも、費用も二万円弱(法務局での手続き費は別)なのですね。現地に赴く交通費や宿泊費などを考えれば格安です。
また、出張などで現地に出向いたついでに是非とも口座開設しておきたい、という人もいるでしょう。そういう場合は、ホーチミン市またはハノイ市でベトナム株口座を開設するサポートをしてくれるサービスもあります。
もちろん、ベトナム株口座開設のためのサービスですから、日本語のできるガイドが手続きに関するサポートをしてくれるわけですね。そして、諸費用も込みで100ドルと言いますから、ついでに口座開設というのであれば、とてもお値打ちです。
このように、それほどの手間やお金をかけなくてもベトナム株取引は始めることはできるのです。

ベトナムの経済成長は続くのか

外国株式を始めようとお考えの方はどこの国の株に注目すべきなのでしょうか。
現在はベトナム株が投資家の注目を集めているようです。
ベトナムは、まさに「高度成長期」を迎えたばかりといえます。これは数字的には中国に次ぐ成長率となっています。
その成長は、今後も益々伸びるとされています。一方でで中国のほうは懸念材料も多いという人が増えています。
ベトナムはもともと社会主義の国で国営企業が多かったのですが、現在のところは、続々と企業が民営化されていることもあり、上場企業数が急増しています。
こうして投資先が増えていることが、ベトナム株口座開設をしやすくなっています。
例えばインド株のように、投資銘柄に制限があることが多いのが、外国株式の敷居が高くなっている大きな理由の一つになっています。
しかし、ベトナム株の場合、個別銘柄が自由に買えるようになっています。
これは投資家にとってはポイントが高いのではないでしょか。
もちろんそれは、ベトナムの国自体が、安定していなければ意味がありません。
この点ベトナムは、労働人口が多く、今後益々その数は増え続けていくという意見が圧倒的に多いのです。企業の将来を見ても安定していると言う根本があることはもちろんのことです。
その安定性を担っているのは、国民一人ひとりが勤勉で、教育水準が高く優秀であるということです。なんとなく昔の日本を想起させないでしょうか?
このように、ベトナム株の将来性は充分に見込まれます。
しかし、いざベトナム株口座開設となると・・・いろいろと心配なことが思い浮かぶというのが人情です。
事前に知っておかなければならないこととして、まだまだ株が流動的であるということもあります。
ちょっとした原因でも大きく乱れたりするのが、小さな市場のリスクです。
日本の市場では考えられないような自体に突然陥る可能性もあります。
これに対しては、長期的なスタンスで臨むことで、経済成長を味方につけることができるでしょう。
日本人がベトナム株を購入しようと思っても、購入可能な株の割合は49%までと決められています。そのへんはよく調べてからでないと、お目当ての株が全く変えなかったということにもなりかねません。そういう場合はファンドを通じて間接的に買うというのも一つの方法です。
そのような知識も踏まえて、ベトナム株口座開設を検討されてみてはいかがでしょうか。