飼い主が犬のリーダーになる

そうなんです。飼い犬のほうに「オレサマが群のリーダーだ」なんて思わせちゃいけないんです。
犬をしつけるためには、まず飼い主が犬のリーダーになる必要性があります。犬はもともと群を作って生活していましたので、犬を飼うという場合でも、飼い主が犬のリーダーになるというのはしつけの基本中の基本なんです。すでに知っている方は多数いらっしゃるとおもいますが、たまに甘やかしすぎて失敗して、手のつけられない犬にしてしまう飼い主のかたもいらっしゃいます。
なぜリーダーになることが大切なのでしょうか。
それは先ほど言いましたように、犬は群を作って生活する動物だからです。猫と違うんですね。犬の習性に「リーダーには絶対服従」と言う事があります。ですからこの習性を利用するのがしつけの基本と言うことになるからです。
野生の犬の中では、リーダーの犬の言うことを聞かないと群れから外されたり、制裁を加えられたりして時には命の危険にさらされることもあるのです。だからもう、犬の本能としてリーダーのいうことは聞くということになっているようです。
この習性を利用して、犬をしつけるようにすると犬自体は苦痛を感じることはありません。なぜならそれが本能に従っていることだからです。むしろリーダーのいうことを聞くのは犬にとって気持ちのいいことなんです。主君のために戦った昔の侍みたいなものでしょうか。
それから、気をつけなくてはならないのは飼い主の家族の「順位付け」ですね。これはもちろん犬からみた順位付けですけど。
犬をしつける際、重要なポイントになるのは飼い犬にとっての「群れ」になる家族の順位付けです。
例えば、小さな子供がいる家庭の場合、犬と子供が仲良くまるで兄弟のように育ってしまう場合があります。もちろん仲がいいのはいいことなのですが、順位付けもなく育ってしまうとあとになって困ることが怒る可能性があります。犬の中では子供が同レベルだと判断してしまい、犬が成長した時に子供より上の立場にたとうとして子供に攻撃をしてしまったりということがおこるんです。それは怖いことだと思いませんか?また、攻撃までせずとも、子供の言うことを聞かなかったりという可能性があります。
こうならないためにも、犬に順位付けを教えるために様々な工夫が必要になります。犬の順位が家族の中で一番下なんだと教えてやる必要があります。それはかわいそうだと思うかもしれませんが、「平等」なんて観念は犬にはないんです。上か、下かしかありません。だから家族と犬の幸せのために順位付けは必要です。
例えば食事するときには家族が食べ終わった後とか、リーダーが家族を呼ぶときには犬を最後に呼ぶとかなどがいいかと思います。

態度は変えずにしつけをする

犬をしつけるときのポイントとして、犬の理解力を考えてやらなければならないということがあります。犬が混乱しないようにしつけを注意しなければならないのですね。犬は頭がよいと言われていますが、さすがに人間ほどではありませんから。
人間の世界における善悪の判断がつくほど頭がいいわけではないのです。
ですから、犬が噛みつくなどの行為をしたら、例え甘噛でも、「だめ!」としっかり教えてあげなくてはいけません。甘がみだから叱らないと言うように態度を変えないようにしましょう。だって犬は区別できないですからね。甘がみオッケー?じゃあ噛んでオッケーなのね、と思っちゃいます。
逆に良いことをした場合は、思いっきり誉めてあげましょう。犬はほめてもらえることを必死でするようになりますから。
とは言っても犬って可愛いですよね。だからなかなか叱れないということもあるでしょう。ちょっと悪いことしても「仕方ないなー」なんて言ってついつい許してあげたくなっちゃいますよね。それでも毅然と一貫した態度でしつけをする必要があります。なぜなら躾が上手く行かなければ、犬と飼い主は仲良く過ごせないからです。それはつまりお互いにとっての不幸を意味しますよね。
さて、ほめるのが重要だといいましたが、誉めるときは行動のすぐ後にする必要があります。
叱るときも誉めるときも同様の事なのですが、何か犬がいい行動や悪い行動をした直後に誉めたり叱ったりするようにしましょう。
これも犬の記憶力と関係があります。おぼえていないんですよ、そんな昔のことなんて!
あとになって「あのときいいことしたねー」なんて誉めてあげても犬は「ハァ?」って感じでしょうね。タイミングが悪いと、つまりたまたま直前に何か見えないところでイタズラをしていたりしたときなんかにほめられたりしたら、悪いことを良いことと認識してしまったりしてしまう可能性があります。
このことから犬が行動した直後に誉めてあげると、犬がどんなことをしたら誉めてもらえるのか学習できます。そして犬の習性として、次からは誉めてもらいたくていい行動をするようになります。犬はほめられるのが大好きなんですよ。
犬をしつけるには「叱る」より「誉める」ことが大切です。ですから犬がいいことをしたらきちんとタイミング良く誉めてあげましょう。

叱る時に犬の名前を呼ばない

叱る時、ほめる時、呼び方や言葉を統一しておかなければなりません。
犬のしつけのとき、「駄目」「コラッ!」など色々しつけるときにかける呼び方があるとは思いますが、この呼び方は統一する必要があります。だって犬ですから。
「だめ」→「怒っているんだ、そうかそうか・・・」
「コラッ!」→「あれ、また怖い顔して・・・ひょっとしてこの人いつも怒ってる?」
つまり犬の理解の範囲を超えてしまいます。犬に人間の言葉をたくさん覚えさせようとしても無理がありますよね。同じ叱る言葉でも、言葉を統一しないと犬は混乱を起こしてしまう可能性があります。
また、叱るときや褒めるときに犬の名前を言ってしまう場合がありますが、この場合には注意が必要になります。叱るときも、褒めるときも名前を呼ばれていると犬はどっちで呼ばれているのか分からなくなり、名前を呼ばれる=叱られている、または名前を呼ばれる=褒められていると認識していまい、しつけがうまくいかなくなります。
とくに、叱る時に名前を呼んでいると、名前を言われるたびに叱られているんだと犬は思うようになってしまいますよね。これでは犬と仲良くやっていくのは無理でしょう。
ですから、犬の名前を呼ぶときには褒めるときだけと決めてしまいましょう。「名前を呼んでる、ほめてくれてるんだ」と思われたほうがいいですよね。
名前を呼ばれると褒められるといういい認識を植えつけるようにしましょう。
ほめるといえばご褒美をあげるということも思いつきます。
犬をしつける上で有効な手段としてご褒美をあげるということはよくやることですよね。犬をしつけるときには叱るということより、褒めることのほうが有効です。なんだか人間を育てるのと同じみたいですね。犬は「叱られた行動を止める」ではなく、「ご褒美がもらえることをする」という観点で考えていることがあります。リーダーたる飼い主にほめてもらえるようなことをするのが犬にとっては楽しいことなんですね。ですから、犬をしつけるときにはこういうことをすると、ご褒美がもらえるんだということを教えてあげましょう。

犬を甘やかさない

とくに子犬だとそうですよねぇ。だってかわいいし。なんだか一人で寂しそうだし。つい甘やかしたくもなってしまいますよ。
とくに飼い始めのころは、可愛すぎてついつい色々な行動を多めに見てしまいますよね。それでつい自分が食べているものを分けてあげたりしてしまうと。
しかしそれではしつけができなくなります。犬をしつけるときには決して甘やかしてはいけないのです。もう、人間の子供と同じですね。最近は人間の子供のほうに問題が多いようですけど・・・。
甘やかし方としてはわけもなく褒めすぎたり、やたらとおやつをあげすぎたりと言うことがあげられます。
犬を甘やかさないと言うことはとても難しいことです。かわいがるために飼っているわけですから当然といえば当然ですが、しかし、躾は必要です。
甘やかしすぎると結果、犬は色々な勘違いとしてしまいます。どういう勘違いかと言うと「自分がリーダーかもしれない」「自分は家族の中ではリーダー格の存在だ」という感じです。こういう風に犬が勘違いをしてしまうと、しつけをしづらくなってしまいます。そして、飼い主が何か言うたびに噛み付いたりするようにもなってしまうんです。そうするともうペットとしては要らない、捨てる、なんてことにもなりかねないですね。
つまり甘やかしすぎたことで、飼い主も犬も不幸になってしまう。
ですから、犬をしつけるときには甘やかし過ぎないようにして立派な犬になるようにしつけを十分にしましょう。
そして、しつけるために飼い主に必要なのは「根気」です。
犬をしつけているときに飼い主によくある想いというのが「あせり」だと思います。同じ事を何回も言っているのに全然言うことを聞いてくれないとか、他の犬とついつい比べてしまうとかよく感じてしまうことですよね。そうすると「このバカ犬!」とか言って叩いちゃったりするわけですが、それもかわいそうですね。
犬と言うのは集中力があまりないために、効率よく、しかも根気よくしつけをしなくてはなりません。ですから何回も短時間のしつけを繰り返したりして反復練習をするようにしてみたり、犬が飽きないように工夫をしたりして根気強くしつけをしていくようにしましょう。決して飼い主側で投げ出したりしないようにしましょう。しつけはお互いの幸せにとって必要なものなんですから。
根気強くしつけていくときっと犬にも想いが伝わると思いますよ。

失敗しても叱らない場合

犬をしつけるときには叱ることも必要ですけど、叱り方は大事ですね。いろんな叱り方をすると犬はこんがらがっちゃいますので、「だめ!」一本やりでいいとは思います。
ただ、失敗しても叱るより無視するほうがいいこともあります。
例えばトイレのしつけのときですね。
しつけを始めたばかりのときトイレを犬が失敗するときがあります。もうこれは怒鳴りつけたくもなりますけど、そのとき飼い主が高い声を出して騒いでしまったとすると、犬はトイレ自体悪いことなんだと思って、飼い主に隠れてするようになってしまいます。。
これではしつけができませんよね。
ですから、トイレで失敗した時は無視して黙々と掃除するのがいいでしょう。消臭もしっぁりしておきましょう。逆にちゃんとトイレが使えたときに思い切りほめてあげるようにするといいでしょう。
あとは犬は殴らないほうがいいでしょうね。
犬をしつけるときに、言うことを聞かないとついつい手が出てしまいそうになるものです。うちの母親もよくほうきで犬をたたいていました。
でも、犬には体罰と言うのは必要ないようですね。
まぁ昔は若干の体罰を与えて教えるという考え方もあるにはありました。なんだかサーカスの犬をムチで叩いてしつけるみたいなイメージですけど。
でも今は犬と言うのは体罰を与えなくても、根気強く何回も教えていけばきちんと理解をする、というのが常識になっているようですね。例え体罰を与えてしまっても、噛み付かれたりして反撃を食らう可能性もあります。それで負けてたら犬に舐められますし・・・。しつけにはならないと思います。
かえって信頼関係が失われしつけどころではなくなります。ですから、ポイントとしては根気強く繰り返し言い聞かせるということと、うまくできたら思い切りほめてあげるということでしょうか。
飼い主側も焦らず根気強く何回も同じ事を教えていくようにしましょう。それによって、よい信頼関係が生まれ、しつけもうまくいくようになると思います。

子犬のしつけ

子犬の躾と言いますが、子犬だからこそしつけなければならないんですよね。しつけのために逃せない時期だと思います。
でも相手が子犬だと、かわいいですからついなんでも許してしまうんですよね。しかし、ちゃんとしつけてあげないと、犬だって幸せになれないですからね。
ここでは子犬に関するしつけの方法を少しご紹介したいと思います。
子犬をしつけるときにはそこの環境に慣れさせることもポイントの一つになります。まあ、よそから貰われた子犬は、突然親兄弟から引き離されたわけですから初めのうちは震えたりもするでしょうし、夜中に鳴いたりもするでしょう。
でも子犬と言うのは人間の子供同様順応性が高いです。ですから最初のうちは多少戸惑うかもしれませんがすぐに人間がいる環境に慣れることができると思います。人間に飼われる以上、周囲に人間がいる生活になるのですから、人間になれなきゃ何も始まらないですよね。これは絶対条件で周囲の環境に慣れさせる必要が出てきます。
また、子犬のうちはワクチンが終わっていないと散歩などはできませんが、だからといってまったく外に出さないというのはやめたほうがいいでしょう。少しずつ、外の状況にも慣らしていかなくちゃあいけません。
飼い主が抱っこなどして外に連れ出し、車の音を聞かせたり家の周りの音を聞かせたりするなどしてあげるといいですね。家以外の世界を子犬に見せてあげることも大切なことです。こうやって子犬に人間社会を慣れさせていくようにしましょう。
しつけをするのに一番いい時期というのは子犬のときではないかと思います。大人になってからじゃあ遅いでしょうね、人間もそうですけど。
なぜ子犬のときかと言うと、人間同様小さいときのほうが頭も柔らかく何でも吸収していきます。ですから、生後3~12週目くらいの時期にしつけを行うのが最も覚えてくれると思います。
また、このしつけを覚えやすい時期(=社会化期)は、自分と他のものを区別してくる時期でもあります。そういう時期にしつけをすることによって、これが当たり前のことなんだと子犬に認識させることが可能となります。それにより、より社会性を持ちリーダーの言うことを聞く犬に育てることが可能となります。
子犬をしつける工夫について考えてみましょう。子犬と言うと、まだお母さんが恋しい年齢ですよね。人間だったら十数年も親と一緒なのに、子犬は数ヶ月で親と引き離されることも多いですからね。そういうときには飼い主もついつい甘やかしたくなってしまうと思いますが、子犬のうちならしつけもしやすいですし、飼い主、子犬ともお互いに暮らしやすくなると思います。
一番のポイントはと言うと、甘やかさないということでしょうか。しつけをするときに子犬だからできなくても仕方ないとは考えず、きちんとしつけてあげることが子犬のためになります。
また、子犬に教えることで大切なことは飼い主との主従関係ですね。例えば、おもちゃを犬と飼い主で取り合いをして飼い主が勝つとかして、誰がリーダーであるかをきちんと教えておきましょう。時々これを勘違いする犬がいますがそういう犬は飼い主を平気で傷つけたりします。そんなことにはなってほしくないですよね。
子犬ならしつけやすいといっても、できないこともあります。難しいしつけはできません。しかし簡単なものは可能ですし子犬のほうがしつけの内容によっては覚えやすいものもあるのですから、選択が大事になってきますね。
また、子犬と飼い主だけの世界になりがちだとは思いますが、外の犬と触れ合うなど世の中には自分の他にも色々いるんだということをあげて、社会性がある犬になってもらいたいですね。

旅行・散歩のときのための犬のしつけ

最近はペットもOKというホテルや旅館も結構あるんですよ。中には温泉宿なんかもあったりしますが、さすがにペットは温泉には入れないのかな。まあとにかく、犬を飼っていると旅行に行くときでも一緒に連れて行きたいと思いますよね。そりゃあもうかわいいワンコですから、旅行だって一緒に楽しみたいわけです。
そこで犬を旅行に連れて行くためには何か特別なことが必要ではないかと思う場合がありますよねえ。でも旅行だからといって特別なしつけというのは必要なく、日常の躾がしっかりできていれば困らないと思います。
でも、犬と言うのはとても興奮しやすい動物なんですねぇ。なぜだかはわかりませんけど。ちょうどいろんなものに好奇心が行ってしまう知能程度なのかもしれませんね。そこそこ賢いせいかと。
初めて乗る乗り物や泊まる場所などに行くと今までできていたものが興奮してしまってできなくなってしまうという事態になることがあります。
旅行に行くと、初めて見る人々がたくさんいます。そんな人に飛び掛るなんて論外ですからそこはしっかり「まて」を仕込んでおかないといけません。
また、ペット同伴で食事ができる場合であっても、その人たちのテーブルに手をかけないようしなければならないのはいうまでもありません。また、キャリーバッグに入れた状態でも吠えないでおとなしくしていること、乗り物酔いにも強くあることなどさまざまな障害が考えられます。
そこで、犬を旅行に連れて行こうとお考えの方は、犬が連れて行ける状態かどうなのかよく見極めて連れて行くようにしましょう。日常的な躾ができていないというのならまだ無理と考えるしかないでしょうね。
次に、旅行よりは簡単な犬の散歩についてのしつけですが、犬と散歩をするときに注意しなければならないのは、「安全」ということです。
犬の散歩での基本として必要なものは、「まて」「おすわり」ですね。これは道路に飛び出したり、人や他の犬に飛び掛ったりするのを防ぐために必要です。それから「リーダー(人間)より先に歩かない」ということも大事ですね。これも道路に急に飛び出すことを静止するためだったり、待機させたりするときに必要な行為です。またこれによってより、飼い主との主従関係が深まるように、リーダーシップを犬に取らせないようにするためでもあります。
こういうことからも、散歩をするときでも「しつけ」というのが大事になります。

留守番のしつけ

犬を飼うとき、外で飼うと言うならいいのですけど、室内で飼う場合は留守番ができるようにしつけをしておく必要がありますよねぇ。留守番をさせるにはまずどこからはじめるかといいますと、カゴですね。ケージの中でおとなしくしていられるかどうかが鍵となります。ケージの中でじっとしていられれば、お留守番もできる可能性が高いですね。
そのためには、ケージの中にいるのが犬にとって居心地がいい場所にしておく必要があります。どうすれば犬にとって居心地がよい場所になるのでしょうか?
やっぱり人間でも同じでしょうけど、退屈な場所には痛くないものです。ケージの中で食事をしたり、好きなおもちゃを入れておいたり、毛布を入れて置いたりするのがいいかもしれません。そうすると犬だって喜んで遊ぶことができますもんね。
犬にお留守番のしつけをするとき、「独りぼっちにされた!」と思わせないようにしなければなりません。もう2度と会えないなんて思わせたら犬は暴れそうです。留守番をしていれば家に人が帰ってくるということを教えてあげるのがいいと思います。そのためには、徐々に留守番をする時間を長くして慣らしていくことが必要でしょうね。そして、帰ってきたら「いい子で留守番してたね」といっぱい犬を褒めてあげましょう。
そうすれば犬だって安心して留守番できるようになるでしょう。
留守番をさせる際、出かけるときにはいつもと同じように出て行くことも大切です。いつもと違った行動をとると、「あれ? なんか雰囲気が違うぞ?」なんて思われてしまいます。犬は逆に不安になったりしますから、いつもと同じように外出しましょう。
また、時には犬に「ダメ」といわなければならないのですけど、犬に「ダメ」というしつけをするときはいつもと同じような声のトーンで、同じ言葉で言うようにしましょう。その都度違う言葉やトーン、たとえばダメじゃなくて「こら!」とか「いけない!」とか、同じダメでも言い方が違ったりしていると犬の方は混乱してしまって言うことを聞かなくなります。またダメということをしつけるときには、決して体罰は与えないこと。そしてダメということがうまくできたらきちんと褒めてあげることが大切です。
しつける際にはなんでもダメといっていいというわけではないことも注意が必要です。トイレの失敗のようにダメといってはいけない行動もありますので、状況に応じてダメのしつけをしていくようにしましょう。

「おすわり」「ふせ」「まて」「無駄吠え」

犬のおすわりのしつけ。動きに関する躾としては基本といえそうです。方法としては普段しているポーズであるオスワリのポーズに「おすわり」という号令をかぶせます。まあ、元々座ってるんですけど。でもうまくできたときには褒めてあげます。初めは犬も「???」という感じで、なぜ褒められているのかわからないでしょう。でもこの行動を繰り返しているうちに、オスワリと「おすわり」号令が犬の頭の中でくっつくと思います。
次に「ふせ」のしつけです。「ふせ」は絶対に必要ではありません。ただ、散歩時などに犬が怖いと感じている人とすれ違う場合がありますよね。そのときに「ふせ」をさせておくと安心感を与えてあげられます。そして「ふせ」のポーズに意味を持たせて犬に教えるほうがより簡単にしつけをすることができます。
「ふせ」は「おすわり」と同じような感じですので「おすわり」だけできればいいとは思うのですが、できることなら両方できるようにしつけておいたほうがいいと思います。
犬にしつけをするとき、基本命令の一つとして「まて」があります。
「おすわり」ができてから「待て」を教えることになるでしょう。
たとえばですが散歩中などで犬が興奮状態になってしまったとき「マテ」や「おすわり」ができると、道行く人とすれ違うときでも安心ですよね。これは犬を飼うにあたっての最低限のマナーだと思いますので絶対にしつけは必要です。
また「まて」は他の使い道ですけど、散歩中に急に道路に飛び出していった場合や、知らない人に向かって急に走り出した場合に使えますね。
犬の急な危険な行動をとめるのにとても役立ちます。
まずは「おすわり」でワンコを座らせましょう。
そうしておいて「まて」と言ってちょっとはなれます。
そのときに犬がこっちに来ずに少しでもじっとしていたらほめてあげます。
これを繰り返して待てる時間を徐々に延ばしていきましょう。
おすわりで動けない状態を利用して、待てをおぼえてもらうという感じですね。
犬をしつけているときに、きちんとできた場合に餌をご褒美としてあげるなどもいいでしょう。「こういう事をすればご褒美がもらえる」と学習させるわけです。
犬の無駄吠えをなくすための躾も大事ですね。これは周りに迷惑な行為ですからどうしてもやめさせたいです。しかし、遊んで欲しいというだけでなく、体調が悪いときにも吠えることがあります。絶対に無駄吠えをさせないというようなしつけでは行き過ぎになるかもしれません。
体調が悪いから吠えているのか、甘えで吠えているのか、理由を見極めて、無駄吠えであればとりあえず無視してみる、しつこいようなら叱る、というふうにするといいでしょう。

犬の甘噛み

甘噛みだからよさそうなものですけど、でも放っておくと躾上困ったことになるかもしれません。
犬はいろんな所を噛みます。もう、噛むのが犬の仕事だといわんばかりにかみまくるやつもいますねぇ。甘噛みだから痛くないから平気なんですけど、でも、そう思って何もしつけをしないでおくと、噛み癖がついた犬になってしまいます。
そこからだんだん悪いことが始まっちゃうようなんですね。
このまま甘噛みを放置をしておくと成長したときに今度は自分の順位付けをしようと思って噛むという行為に走ってしまうことがあります。こうなると人間に怪我をさせてしまう恐れも出てきます。飼い主だけでなく、まったく関係ない人に噛み付いて事件になることだってあります。
犬の甘噛みは絶対にしつけをしておきたいものです。
それではどうやってしつけをするかですが・・・仔犬だとどうしても甘くなっちゃいますけど、ここはお互いのためにしっかり教えてあげないといけません。
子犬も成長した犬も同様のことですが噛むたびに「ダメ」と一言言って叱ります。また叱るのと同じく犬にとって嫌なことをして罰を与えます。罰といっても殴ったりする必要はありません。息を耳に吹きかけたり音を立てたりするだけでいいんですねぇ。それで十分犬は嫌な思いをしますので。
ここで注意しなければならないのは、噛んでいる最中に驚かせてはいけないと言うことです。驚かせてしまうとついつい本気で噛んでしまう場合があるので注意してください。
つぎにトイレの躾についてですけど、これは大事ですよね。これがきちんとできていないと家の中では飼えないということになります。
トイレをしつけるときには子犬の方がしつけしやすいのですが、成長した犬でもきちんとしつけることは可能ですので根気よく行きましょう。
トイレをしつける上で注意しなければならないことがあります。ここはまちがえやすいことなんですけど、トイレを失敗しても叱ってはいけないということです。
「ダメ」とかと言って叱ってしまうと犬は勘違いしてしまいます。
トイレをすること自体がダメなことだと勘違いしてしまいますので、結果我慢させたり膀胱炎にさせてしまったりすることもありますし、どうしてもしたければ飼い主に隠れてするようになってトイレの躾がさらに難しくなります。
犬にトイレのしつけをする場合、犬がトイレと決めた場所を認めてあげるというのがいちばん手っ取り早いです。そこをトイレとして設置してあげるというわけですけど、場所的に難しい場合がありますよね。ですからきちんと決まった場所でトイレができるように根気よくトイレの場所を教えてあげるようにします。