HDクラッシュ時に備えて

HDがクラッシュするというのなかなかないように思えて、突然やってくるものです。
そういうときのためにバックアップはなんとしてもやっておかなくてはなりません。
そうしなければ大事なデータがなくなることもあるわけですね。
バックアップを取るのには記憶装置が必要です。
記憶装置にはいろいろありますが、光学ドライブに限ってみると、
「CD-ROM」、「CD-R/RW」、「DVD-ROM」、「DVD-R/RW」、「DVD-RAM」
などがありますね。
ここでは光学ドライブについてみてみましょう。
CD-ROM、DVD-ROMの二つはROM=Read Only Memoryの通り、読み込み専用の記憶装置です。
まあ、CD-ROM、DVD-ROMだけでは記録ができないわけですから、バックアップ用にはまったく使えませんね。
これらの記憶装置が使える様に、「コンボドライブ」と表示されているパソコンかCD-RW/DVD-ROMのように並べて表示してあるもパソコンがいいでしょう。この場合はCDの書き込みはできるけど、DVDの書き込みは出来ないという意味になります。だからバックアップはCDで行うことになりますね。
また、DVDの編集をしたい方は、DVD-RWもしくはDVDマルチができるものを購入する事をおすすめします。こちらはDVDの書き込みができるものです。「RW」というのは一度書き込んでも、それを消してまた何度でも書き込めるものをいいます。
バックアップに使うならいいかもしれませんが、一般に「DVD-R」つまり「W]がついていないものですね、そのほうが書き込み速度は速いですから多くのデータをバックアップしたい場合はそちらのほうがストレスがなくて澄みます。
光学ドライブ以外では外付けのハードディスクがバックアップには便利です。
外付けのHDというのは、内蔵型のHDと相対して呼ばれているものです。
通常、デスクトップでは3.5インチ、ノートでは2.5インチのHDが内蔵されています。しかしデータを使っている人にとっては容量が足りなくなるケースがあります。
そういうときに便利なのが外付けのHDです。
これはUSBケーブルでつなぐだけで使えるものが売られていますのでバックアップ用に購入するといいと思います。
また、FDDというフロッピーディスクドライブは昔からある記憶装置ですが、容量が少ないため保存媒体には向かないと思います。簡単なデータのやり取りに使うくらいのものですね。最近はフロッピーディスクドライブがないパソコンも多いです。
後はMOドライブというものもあります。
FDDに比べて保存容量が大容量のためバックアップを取るのにはいいと思います。
容量は128MB~1GBを超えるものもありますが、
DVDに書き込みができるようになる前の記憶装置といった感があります。
DVDの4ギガバイトよりはるかに少ないですからね。
DVDでもブルーレイディスクだと最大50ギガバイトほど使えるようですね。
これはすごい。一昔前のハードディスクより容量が大きいじゃないですか。

HDがクラッシュしたら

HDが突然クラッシュしたら、パニックになってしまいますよね。何にも準備していない場合はなおさらです。大事なデータが入っていた日には心臓が止まりそうになります。
そうなっても大丈夫なように、事前に対策を練っておくことは大事でしょう。
まあ、対策を練るといっても、我々は専門家ではありませんのでまめにバックアップを取っておくくらいしかありませんかね。それからサブのパソコンを準備しておく。あとはディスクデフラグや、ディスククリーンアップを定期的に行うことでしょう。
さて、パソコンが電源を入れても、動かなくなってしまった場合どうしましょう?ハードディスクの故障なのでしょうか?
ここはひとまず落ち着いて、どうして動かないのかという確認が必要だと思います。
単純に電源が抜けている可能性もあるりますよね。ちょっと脱力してしまいますが一安心です。
ケーブルなどが緩んでいるケースもあります。
きちんとケーブル関係がパソコンにつながっていることを確認しましょう。
HDDにはたくさんのソフトやデータが入っているかもしれませんね。
重要なファイルやデータが入っていると思います。
パソコンが壊れてもデータだけは何とか取り戻したいと思うのは誰だって同じですね。データさえ無事に取れるのであれば慌てる必要はまったくありませんよね。
別のパソコンを一台用意するだけでデータが復旧できることもありますが・・・
しかし、HDが全然動かなくなった場合にはもうあきらめなければならないでしょう。
ハードディスク自体を交換するしかないのでファイルも残念ですが諦めなくてはなりません。
データの復旧は高いお金を払って専門業者に頼むこともできますが、成功するとは限りません。
別のパソコンに繋いでファイルを取得する事が可能なケースとして考えられるのは・・・
・パソコンの電源周りが故障して動かなくなってしまった場合
・ファイルが破損してOSそのものが立ち上がらなくなった場合
といったところでしょうか。電源が原因でパソコンが立ち上がらなくなった経験はあります。
昔だと、パソコンの筺体を開けてケーブルを繋いでと色々面倒な事ばかりだったようです。
最近のパソコンはUSBコネクターが搭載されています。
専用のツールを使って、USBケーブルをつなぎ、データをコピーすることが可能のようですね。
ですから、HDがクラッシュしたからといって慌てる必要はありません。
まずは落ち着いてできる限りのことをしてみましょう。

バックアップの大切さ

HD(ハードディスク)はパソコンのパーツの中でも壊れやすく、いつかは壊れるものだと思っておいたほうがいいでしょう。ハードディスクはいつも動いているものですし、しかもデリケートな機械ですからね。なんでも、バルサンで壊れた人もいるのだとか・・・。
クラッシュすると最悪の場合、HDの中にあるデータは失われてしまいます。
データを復旧させるにはデータ復旧ソフトで復旧する事が可能です。これはHDが認識する事が前提ですのでクラッシュしてHDそのものが故障してしまったばあいは、ソフトを使うことすらできないという状態になります。
OSがハードディスクを認識できない、または起動すらできないとなればツールを使うことが不可能というのはあたりまえのことですね。
と言う事から考えてもHDは消耗品と考えて扱ったほうがいいということです。
消耗品ですので、データに関しては気をつけておかねばなりません。
常にバックアップを取っておく必要があります。
基本的にハードディスクは修理できないといわれています。
そんなことはない、パソコンを修理に出せばいいじゃないか、と思うかもしれません。もちろん、ハードとしてのパソコンは元に戻るでしょう。しかし、HDを交換する必要があるとデータは完全に失われてしまって復旧する事ができなくなってしまいます。
HDはお金を出して交換すれば元に戻りますが、中に入っている大切な情報類は復旧できなくなってしまうのです。ハードディスク内のデータは戻ってこないという前提で、パソコン修理も引き受けてくれるようですからね。データ復旧は専門の業者に頼むしかないようです。
写真などの画像は失ったら大損失以外の何者でもないと思います。
ハードディスクはいつ壊れるか分からないのでバックアップしておく事が大切だと思います。CD-RやDVD-Rなどの記憶装置をつかうといいですね。外付けのハードディスクは手軽でいいと思います。USBケーブルでつなぐだけですぐに使えますよ。うちで遣っているやつは9800円で200ギガバイトですし、そんなに高価でもありませんね。
バックアップはついつい面倒なので怠りがちです。書類などは再作成すれば元に戻るかもしれませんがそれだってすごい手間がかかりますね。画像などの重要なものだとしたら自分ではどう使用もありません。もしどうしても復旧させたいならお金をかけて業者に依頼しなくてはならなくなるかもしれません。
バックアップがいかに大事な事かと言う事がお分かりいただけると思います。
故障したパーツ類は交換すれば新しくなりますが、失ったデータは交換しても元に戻りませんよね。

データ修復の注意

HDがクラッシュしたときに困らないように、前もっていろいろ調べて置く必要がありますね。
ここではデータ修復の注意点をいろいろと調べてみました。
壊れたHDを直接復旧処理してしまうのは、ものすごく危険な事だと思います。
まずはHDの中身を一旦別のシステムにバックアップしなければ作業は始められませんね。
これをしないと処理中に何か問題が起きた時に大変です。オリジナルそのものを壊してしまう事になり中にあるデータの修復が不可能ということになります。せっかく残っていたデータも何もかもなくなってしまうということですね。
こういうことを、ちゃんとやってくれる信頼できるデータの復旧業者を選ばなくてはならないのですけど、いったいどの業者がきちんとしてくれるのかはわからないものですよね。
そこで業者を見るときのポイントを調べてみました。
☆データ修復作業は自社内で行うのか、他社に委託して作業させるのか。
 下請け業者に回すのではあんまりいい印象は受けないですよね。
☆データ修復に関して最新の技術を持っているかどうか。
 データ修復する施設や設備は最新のものになっているのか。
 これは、パソコンと言うのはあっというまに新しくなってしまいますからね。
 時代遅れの技術しか持っていないのでは最新のパソコンに対応できないかもしれません。
 最新のパソコンに対応できる技術があるのかどうかという判断材料になります。
☆過去にどういった修復作業を行ってきたかの実績の確認。
 年間何件ぐらいの作業を行っているのか。
 これはわかりやすい点ですね。実績はどうなのかということです。
 ハードディスクのデータ復旧をやる業者はいっぱいあると思います。
 その中でもどういった実績をあげているのかは大事ですよね。
☆流出の危険性があるため、データの管理は厳重に行っているのか。
 納品後、業者に預けたデータは消去してくれるのか?というデータの扱い。
 個人情報漏洩などが問題になっているわけですからね。
 セキュリティー面はどうなっているのか重要なポイントです。
 こちらのデータを勝手に取得されては困りますから、
 それを見ることなく処分してくれる業者を選ばなくはなりません。
お金をかけてデータの復旧を依頼するという場合は
信頼できる業者を選定しなければ意味がありませんね。

HDがクラッシュしたときの対応

HDがクラッシュした経験がある人は多いと思いますよ。そして大事なデータがハードディスクとともに消えてしまった人も。
クラッシュ時の例をご紹介します。
古い話ですけど(だって最近経験ないですから)・・・
OSはWin98です。はい、昔々のウィンドウズですね。
さて、このウィンドウズの起動時にHDが変な音がして起動しなくなりました。
変な音・・・いやですよね。心臓に悪いです。
しかし、どうやらクラッシュしたようです。やっぱりダメだったか。
その後新しいHDを購入してパソコンに取り付けました。
そしてやっぱりOSはWin98です。再インストール実行。
その後、クラッシュしたハードディスクをスレーブとしてパソコンに取り付けようと決めました。まあ、データを救出しようと思ったのですね。電源を入れてみました。
そうしたら、スキャンディスクの画面が表示されてそのまま動かなくなってしまいました。
なんでだ・・・新しいハードディスクは問題ないはずなのに。
さて、こういうときはBIOSでも確かめてみましょうか。
BIOSで状態を見てみると新しいHDとクラッシュしたHDはマスター/スレーブとして認識はしているみたいなんですね。しかし電源投入後の画面ではマスターは「None」と表示されている。
なぜなんでしょう。なにがまちがっているのでしょう。
スレーブにはクラッシュしているHDが表示されています。
結局何がなんだかわからずにそのときは諦めてしまいました。
大事なデータはバックアップを取っておきましたのでいいのですけどね。
残っていたのは大したことないデータばかりです。
まあ、またダウンロードとかしないといけないので面倒なのですけどね。

HDクラッシュ時の対応

友人のHDが先日クラッシュしました。なんでもバックアップは取っていなかったそうです。外付けハードディスクも、CDもDVDもフラッシュメモリもなんにもつかっていません。
メール関係やファイルなど何のバックアップもできないまま新しいHDに交換したのだそうです。それでもHDの調子が悪いそうなのですね。なんなんでしょう。呪われているのでしょうか。
新しく交換したHDは、性能自体はスペックを見る限り同じだと思って交換したのですね。しかしメーカーは違っているのです。ひょっとしたら相性が悪いのかもしれませんね。
調子が悪いと言うのはフォルダを開くだけでフリーズしたり、
画面をスクロールするだけでフリーズしたりなど再起動ばかりしているような感じです。
これはひょっとしたらウィルスにやられているのではないかということで、
一応、セキュリティチェックやノートンなどで調べてみても問題がないようなんですね。
いったい何が原因なのかさっぱりわかりませんね。
どうしても調子がよくないので、パソコンに入っている各ソフトの設定を初期値に戻してみたりしました。デフォルト設定にしてみたのですね。それでも調子は直らない。
どうしていいのか本当に困ってしまったわけです。
やっぱり相性の問題なので主家ね。
まず、フリーズの原因がハードディスクにあるとは限りません。
パソコンの内部、マザーボードには内蔵電池がありますけど、
内蔵電池が切れている可能性があるのです。
内蔵電池が切れ始めるとパソコンの時計も狂ってくるようですね。
ですので、もしかしたら内蔵電池を交換したら改善されるかもしれません。
NVRAMのクリアもやってみる価値があると思います。
方法ですが電源が切られた状態で、オプション、コマンド、P,Rキーを同時に押し、
そのまま電源を入れます。
起動音が4回なったところでキーを離します。

HDがクラッシュ データは諦める

ウィルスの侵入によって大事なデータが消されてしまうということがありますが、それ以外でデータが消えてしまうことなんてあるのでしょうか。
例えばHDがクラッシュしてしまったなど不安要素はあると思うのです。
ハードディスクはついつい大丈夫なんて思ってしまいがちですが、永久に壊れない機械製品なんてありませんよね。そして、ハードディスクは消耗品といってもいいくらいです。
消耗品ですからそのうち壊れてしまうでしょう。
壊れたらもちろん中に入っているデータほとんど復旧できないと思ったほうがいいです。
だからバックアップが必要なのですね。手軽なのはUSB接続できる外付けのハードディスクです。特に大事なデータに関しては、外付けハードディスクに加えてDVDやCDに記録しておきます。
最近のパソコンは優秀で、ディスクの容量が増えてきているので、
ついついいっぱい保存してしまいがちです。
バックアップはきちんとやっておかないと、その何百ギガバイトのデータが全部なくなってしまうわけですね。
ハードディスクのクラッシュというのは意外と簡単に起こす事ができます。
起動中のパソコンのハードディスクに振動を与えるとクラッシュするんですよ。衝撃に非常に弱くなっています。
起また、動中に電源を突然切ってしまっても・・・こんな簡単なことでクラッシュしてしまうのです。怖いですよね。デリケートな機械なんですよね。だからノートパソコンのハードディスクというのは大したものですね。ある程度衝撃に耐えられるようになっていますから。それでも大事に扱うべきですけど。
ハードディスクと言うのは、起動していないとヘッドが退避エリアにありますので、クラッシュすることはあまりありません。
しかし動作中は振動によってすぐにクラッシュしてしまうのです。
人間も、座っている時は転びようがありませんけど、歩いている時に突然足を引っ掛けられると簡単に転んでしまって怪我をしますからね。ハードディスクも似たようなもんです。
案外簡単にクラッシュしますのでバックアップは大事だと思います。
ハードディスクの寿命と言うのは一般的に「5年程、時間にして2万時間位」だと言われています。
以下に、参照URLを記載します。参考になるといいのですけど・・・。
・http://www.proface.co.jp/support/mame/hd.html
・http://www.systec-k.co.jp/tech/tech_h.html

HDのクラッシュを防ぐ方法

HDDのクラッシュを未然に防ぐことができれば嬉しいですよね。いきなりハードディスク故障というのは勘弁してほしいものです。何かいい方法があるのでしょうか。
クラッシュ予測できるようなソフトウェアなどがあったりしたらすごく便利ですよね。あってもよさそうですけどね。「もうすぐハードディスク壊れますよ~」なんて教えてくれるソフト。ハードディスクになにかしらアクセスがあった場合(例えば大きいファイルの書き込み、大量ファイルの書き込みなど)、それを予測して教えてくれる機能がついているなど・・・
でもそれだとハードディスクメイカーと結託して早めにクラッシュ予報出したりして・・・。
それはないか。
ハードディスクっていつ壊れるかわからないですよね。
パソコンには、デフラグという機能がありますが、まずはこれを行うようにして下さい。
デフラグというのはハードディスクの中であちこちにバラバラになったファイルを
関連の深いファイルごとにまとめて整理することですね。
「スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスクデフラグ」
これでできるはずです。
デフラグを一度も行っていない方がクラッシュする危険度が増します。
あっちこっちにファイルがとっ散らかっているので、ヘッドも頻繁に動かさなくてはなりません。
それで物理的な負担が増してしまいます。
1~2ヶ月に1回くらいのデフラグ作業は定期的に行うのが良いでしょう。
ついでにディスククリーンアップも行っておきましょう。手順はほとんど同じです。
「スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスククリーンアップ」
また、クラッシュを予測して教えてくれるソフトというのは聞いた事がありませんが、
処理内容として全てのクラスタを監視して教えると言うのだけでも
かなりパソコンに負荷がかかり重くなります。
クラスタというのはハードディスク上でデータを管理している一単位ですね。
仮にそういうソフトがあったとして、即効性を求めるのであれば
常時クラスタ監視をする必要があるし、
監視するのに常にアクセスしている状態だと寿命も短くなるでしょう。
結局、ハードディスクのクラッシュを監視するソフト自体が
ハードディスクに負担をかけてしまうという結果になりそうですね。
ハードディスクのクラッシュの予測事態は非常に難しいことです。
大量にファイルを書き込んだだけではクラッシュはしないです。
ヘッドには滑らかにするために潤滑油を使っています。
この潤滑油が使われないでいるとヘッドが動きづらくなることがあるそうですね。
そんなときにたまたま動かしたて、HDを傷つけるということもあるということです。
例えばずっとパソコンを使わずに1年に1回1文字だけ書き込んだらこういう状態になると思います。
しかしそんなパソコンの使い方をする人はいないでしょからその点は心配要らないでしょう。

パソコンのコンセントを急に抜いたらどうなるか?

お子さんがいる家庭の場合よくあることですが、パソコンのコンセントを急に抜かれてしまうというケースがあるかと思います。そうでなくてもコードに足を引っ掛けてプラグが抜けてしまったとか、いかにもありそうですよね。
ハードディスクは大丈夫なのか!?
ノートブックならバッテリーを積んでいるので少しは大丈夫ですです。バッテリー様様です。
しかしデスクトップ型だったらバッテリーなんて積んでいません。
場合によってはそれ以降立ち上がらなくなるケースになる場合があります。
というかそれに対応したテスクトップパソコンがあってもよさそうですが・・・。
パソコンが起動しなくなった場合はハードディスクがクラッシュしていることが多いです。
ハードディスクがクラッシュするときは突然です。
そういうときのためのバックアップ。パソコンの生命保険だと思いましょう。バックアップを取ってないと大変な思いをしますよね。
データを復旧させたくてもそれだけの知識も無い方のほうが多いですよね。
家電量販店に聞いてみてもハードディスクを交換するか、初期化するしかないのでデータは諦めてくださいとか言われるだけだとおもいますよ。それくらいならハードディスクだけ新しく買ったほうがましですね。
よく聞くのがデータを復旧してくれる業者さんがいるということですよね。それもいくらかかるか分からないですし、個人情報の流出を考えると不安になってしまいます。
そこで、自分で修復してみるという方法があります。
壊れたハードディスクを別のパソコンに繋いで中に入っているデータをコピーしてくるという方法です。
でも、全て復旧できるわけではないので100%大丈夫なんてことはありません。
専門業者でも難しいといっていることを自分でやろうというわけですから。
でも、それもどうやっていいのかパソコン初心者の方だったら分からない。
別のパソコンなんて持っているパソコン初心者なんてほとんどいません。
知識を持っているお友達などいたら呼んで処理してもらうなど方法があるとは思うのですが、どうでしょうか?
それが無理なら、業者さんに頼む方法がデータ復旧を考えるなら選択すべき方法でしょう。

HDバックアップのコツ

パソコンのキーボードで、同じキーを押すとき(例えばTキー)に変な音が聞こえてくることがあります。ジージーと何度もHDから怪しい音が・・・これは不安ですよね。
またディスプレイの上半分が透明な状態になっていたりすることもあります。
もう見た感じやばそうというわけです。
HDがクラッシュしそうな予感がしますねぇ。
HDのクラッシュに備え、大容量の外付けのHDを購入してバックアップ用にしたいと思います。
その後、今使っているHDの初期化をしてOSを再インストールする予定。
しかし、ブラウザ(IE)その他の設定など全てが最初からやり直しになってしまうので面倒です。
効率的なバックアップの方法というかコツなどはあるのでしょうか?
例えばシステムフォルダーなどをそのままバックアップのシステムフォルダーと入れ替えると言うのは無理なのでしょうか?
パソコンの設定の内容はシステムフォルダーの中の「初期設定」というフォルダーに
たいてい全て格納されていますのでコピーしておくとよさそうですね。
それを使用して設定すると最初から設定しなおさなくても大丈夫です。
また、MACを使うのであればその他にも重要なファイル「拡張機能」「コントロールパネル」「フォント」など必要な設定情報が各フォルダーに入っています。
バックアップを外付けのHDにして、今使用しているHDを初期化します。
そのご、ウィンドウズを再インストール。
そうしたら外付けHDにバックアップした中から設定ファイルをコピーしなおしてくれば設定をしなおさなくても元通りの環境に設定されると思います。
また、システムフォルダーの中に直接入っているファイルもありますので
、見落とさないように気をつけてくださいね。
参考までに、コピーしておいたほうがよさそうなものを。
[メール]
□メール
□メールアカウント
□アドレス帳
□署名・テンプレート
[ブラウザ]
□☆ブラウザのブックマーク
□各サイトでのIDとパスワード
□クッキーのエクスポート
[データベース]
□☆IMEの辞書
[その他の基本的もの]
□Documents and Settings\[自分のログイン名]\*
□DLしたオンラインソフトのアーカイブ
□☆デスクトップに直接置いてあるもの
□面倒な設定のあるソフトの.ini
□アクティベーション回避[\system32\wpa.dbl]
□もし使っている場合はICQ
 (参考サイト=http://homepage1.nifty.com/mtj-k/software/icqbackup.html)
□EFS証明書, EFSDRA証明書