英会話上達の効果的な方法

英語を話せるようになりたいという人は多いですよね。世界が広がりますからね。
そのために教材を使ってまじめに勉強をしたし、英会話スクールにも通ったし、
短期の留学もしたのに・・・結局英会話なんてできるようにならなかったよ!なんて人もけっこういるはずです。
もちろん、教材を使うのも、英会話スクールに通うことも、非常に効果があると思います。
教材製作者も英会話スクールも効率的な勉強のために日夜研究しているわけですからね。
ただ、英語を話せるようになる、もっとも効果的な方法といえば・・・
英語を実際に「使う」ことなのです。英語は、使っていかないと進歩しないのです。
進歩どころか維持すら難しいでしょう。
日本人は、比較的リーディングが得意です。
なぜなら学校でイヤというほど勉強しているからです。思い出してください。どれだけ英語の勉強をしたかを。
英語の授業や受験勉強などで、英語を読む時間はたくさんありましたよね。
また多くの日本人が、文法も得意です。これも文法の知識や問題についての勉強に多くの時間をかけているからです。
逆に、ライティングはあまり接することがないですね。学校では英作文なんてあまりしなかった気がします。
それからリスニングも同じように苦手という人が多いようです。昔の英語の授業ではリスニングには力が入れられていませんでしたからね。英語の先生は日本人の発音でとっても聞き取りやすかったですし。
このように、日本人の多くは、得意分野と不得意分野が分かれている傾向にあります。
これは、ただ、その分野に接している時間に関係しているはずです。
長く接している分野ほど得意で、逆に、あまり接していない分野ほど不得意となっているようです。
つまり、多くの時間をかければ、苦手なものでも必ず上達しますし、逆に、時間をかけなければ、そのまま伸びることはないでしょう。
ということは既に英語については得意な部分があるのですから、
後は苦手なところを補ってやれば日本人の英語のレベルは一気に上げることができそうですよね。
つまりリスニングとスピーキング。
英語を本当に話せるようになりたいのなら、話す場面をつくることです。
そして、そこで思いっきり話すのがコツです。
英会話スクールで、先生と英語で話しまくるのもいいですよね。
日本人の友達とでも、英語だけを使って話すのも効果的です。
英会話サークルなどもありますので利用してみる価値は大いにあります。
自分で話す機会を持って、恥ずかしがらずに、思いっきり英会話してみましょう。
きっと、上達すると思います。

英語を使うアルバイトをしたい理由

英語を使うアルバイトをしたい、という人は数多くいると思います。
そして、英語を使うアルバイトを探している数多くの人々には、それぞれ違った理由があるでしょう。
まず挙げられるのは、自分の英語力を一つの有効なスキルと考えている人々です。
英語圏で育った帰国子女であるとか、もしくは留学経験があったり学校で英語を専攻していたりだとか、自分の英語力にそれなりの自信がある人々は自身の英語力
を活かしたアルバイトをしたいと思うのでしょう。
一方で、自身の英語力にさほど自信がないけれど、英語を使うアルバイトをしたいと思っている人々の、その理由とは一体どういうものなのでしょうか。
その多くは、英語を使うアルバイトをすることにより自分の英語力を今よりも高めたい、という理由です。
今現在、英会話教室に通っており、実践を通してさらなる英語力のレベルアップを狙う人も多いはずです。
もしくは、短期留学の経験があり、せっかく身につけた英語力の低下を防ぎたい、という人もいます。
さらに、自分の英語がどれだけ通用するのか試したい、という理由から英語を使うアルバイトをしたい人もいるでしょう。
日本で普通に生活している限り、英語を日常的に使用する事はおそらくないでしょう。外国人の友人や恋人がいる、という人も、お互いに気心の知れた間柄で使う
英語と、実際に仕事で使う英語には差があることを感じています。ビジネス英語、という言葉があるくらいですから、実際に仕事の場面で見ず知らずの外国人相手
に使う英語はそれなりの能力が求められるのです。
ここで注意しなくてはならない事は、仕事により英語を使う頻度はさまざまであるということです。
もちろん、TOEIC730以上、だとか、ビジネスレベル、だとか高度な英語力を求めていることが明確に書かれている求人ならば、実際に英語を使って進める業務内容
であることは間違いないと思います。しかし、販売や飲食店のホールスタッフなどの求人で「英語力を活かしたい方」、とだけ書かれているものには要注意です
外国人の方がよく訪れる店だとしても、日本在住の外国人の方ならその場で対応できる日本語くらいは使えるでしょうし、実際にそこで働いていて英語を使用する
頻度はごくわずかである可能性も高いのです。
実際に働き始めたら、ほとんど英語を使う機会なんてなかった・・・、英語力を仕事を通して高めたいと思っている人々が陥りやすいのがこういったケースです。
どんな理由にせよ、英語を使うアルバイトをしたい人はその理由をよく考えるべきでしょう。安易に求人情報の「英語を使う仕事」というフレーズにとびつくので
はなく、事前にどの程度仕事上で英語を使うのかを確認して、さらに自分の英語力も照らし合わせたうえで、自分の希望に合った良いアルバイトを見つける事が大
切だといえます。

英語を活かせるアルバイト

英語を活かせるアルバイトは、どういったものがあるのでしょうか。
それを調べるにはまず、インターネット上の求人サイトを利用することをお勧めします。
バイリンガル向けのサイトや、英語を使う仕事の求人情報、外資系企業への転職サイトと銘打ったサイトもありますし、
普通のアルバイト求人サイトでも、キーワードの欄に「英語」と入力し検索すれば、非常に多種多様な英語を活かせるアルバイト
がある事がわかります。
具体的な例をあげれば、まずは携帯電話やアパレルの販売、飲食店のスタッフといったアルバイトがあります。
特に、勤務地が表参道や渋谷などの外国人が集まる都心のエリアでのアルバイトが多い様です。
観光地の和食レストランや寿司屋では、表に出ている看板が英語で書かれている店もありますし、六本木、西麻布あたりのバーも狙い目です。
アルバイトという雇用形態での求人は少ないかもしれませんが、外資系企業でのオフィスワークや営業もあります。
オフィスでの使用言語が全て英語の場合もありますし、さらに海外向け営業や貿易事務と呼ばれる、海外の提携先と英語でコンタクトをとる職種もあります。
さらにホテルでの仕事も英語を活かせるアルバイトの一つです。。こちらも、一流ホテルではアルバイトとして英語を話せる人材を雇うケースは少ないでしょう。
しかし、ゲストハウスと呼ばれる低価格のホテルでは随時アルバイトを募集しています。
検索サイトで日本にあるゲストハウスのホームページを探せば、多くの確率で受付や清掃業務などを担当するアルバイトの求人も載っています。
安価なゲストハウスに来る外国人のお客さんの傾向としては、ロンリープラネット(海外で広く流通している地球の歩き方のようなガイドブック)を片手にやってくる
好奇心旺盛な個人旅行者が多いので、一流ホテルよりもずっと親しく英語を使って交流できる機会があるでしょう。
通訳や英会話教室の講師といった英語を活かせるアルバイトもありますが、こちらはかなり高度な英語力を要求されます。
よく日本に留学などで滞在している外国人の方が、日本人相手に喫茶店で個人レッスンをしているケースがあります。
日本人でもかなり英語力に自信がある人ならば、英語を活かして個人レッスンを行うことも可能かもしれません。
人にもよりますが、英語などの個人レッスンを行っている人は、自分が都合のよい日時や場所、授業料を設定し、インターネット上の掲示板に「英語の個人授業します。」といったようなタイトルで
その内容と簡単なPR文を添えて書き込んで生徒を募集しているようです。
英語を活かせるアルバイトをワーキングホリデービザを取得して海外で行うという手もあります。
こちらは、英語圏ならばどんな職種でも常に英語を使うでしょうから、100%英語を活かせるアルバイトと言えるでしょう。
ワーキングホリデーで海外に行き、レストランなどで働いている人も多いそうです。
自分では思いもよらないような英語を活かせるアルバイトが見つかることもありますし、興味のある人はまめに情報を調べてみると面白いかもしれません。
—-

英語を使うアルバイトを探す前に

英語を使うアルバイトを探す前に、まずやっておいたほうが良いことがあります。
それは、TOEICテストを受験する事です。
もちろん、事前にしっかり実践で使えるような英語を勉強する、だとか、そのために英会話教室に通ってみる、だとかいろいろとあるかもしれませんが、
それとは違った種類の理由で、TOEICを受験しておかないと、英語を使うアルバイトを探す上でいろいろと不便なことが多い上に、応募できる求人が必要以上に限定されてしまうのです。
もともとまったく自分の英語力に自信がない人は受ける必要はないかもしれませんが、英語力があるのにTOEICテストを受験したことがない人(帰国子女の人に多いかもしれませんね)にとってはかなりもったいない事だといえます。
なぜなら、多くの英語を使う求人に、応募条件として「TOEIC何点以上」と明記されているからです。
さらにその点数が高ければ高いほど、もらえる給料の額が高くなる傾向にあります。
そもそも、これだけ英語を使うアルバイトの募集において重要視されているTOEICテストとは一体どういうものなのでしょうか。
それは1970年代、日本企業の海外進出が進んでいった時代に日本人の手により開発されました。
実際のコミュニケーションに必要な能力を客観的に評価し、併せてその評価を目標設定にできる世界共通のモノサシをオリジナルで開発することを目的に開発された、英語能力をはかるテストであり、そこが、英検など他の英語能力の検定試験とは違う点だと言えます。
別名、国際コミュニケーション英語能力テストというくらいですから、英語を使うアルバイトを募集する雇用者側の立場からすれば、てっとり早くその人の英語能力を知ることができてさらに選考においてのリスクや手間を減らす良い手段であるのでしょう。
TOEICテストは合否ではなく10竏窒X90までのスコアで評価されます。
就職活動を行っている学生の間では、大体600点以上が履歴書に書くことのできる点数だといわれています。
730点以上がビジネスレベルで、860点以上がネイティブレベルだと言われていますね。
しかし、正社員ではなく英語を使うアルバイトを探すのですから、470点くらいのレベルから応募できる求人はたくさんあります。
これらの理由から、英語を使うアルバイトを探す上で、自分の英語力の向上にもつながり、応募できる求人の幅が広がる可能性のあるTOEICテストを受験することをお勧めします。
—-

英会話教室のアルバイト

英語を活かせるアルバイトの一つとして、英会話教室のアルバイトがあります。
大手の英会話教室では、ネイティブの外国人講師をウリにしているので日本人向けの求人はないかもしれませんが、小さい個人経営の英会話教室や、自宅で行う幼児向けの英会話教室では、
英語が得意な日本人の方が応募できる求人が多数あります。
日本における英会話学習熱はかなりのもので、電車内で見かける広告やTVCMの多さからもそれが明確です。
子供に小さい頃から英語を学ばせたい、と考える親も多く、また、まったく英語力に自信のない人にとってはいきなり外国人講師に教わるのはちょっと・・・と考える人も多いようです。
また、英会話教室の受付のアルバイトも、英語力に自信がない人でもできる、英会話教室でのアルバイトとして存在します。
仕事自体は、お客様である日本人を相手に行うものなので、英語を使うことはありませんが、仕事場で外国人講師と会話をするチャンスがありますし、英語を勉強したい人にとってはとても有効なアルバイトと言えます。
また、講師としてではなく、日本人の生徒と外国人講師の橋渡しを行うアルバイトもあります。
これは広くとらえれば、通訳と言えるかもしれません。
たとえば、生徒の方からの講師に対する要望を伺い、それを外国人講師に伝えたり、また外国人講師から日本人の生徒へのアドバイスを伝えたりといった仕事内容になります。
英語力のない生徒さんからはとても頼りにされるので、けっこう責任の大きい仕事かもしれません。
最近では、英会話学校の最大手であった会社が問題を起こしそれにより職を失った講師の人々が多数いたようなので、雇用条件などはできるだけ確認したほうが良いでしょう。
給料未払い、なんていうような事態はまず無いとは思いますが・・・。実際ネット上で英会話教室の口コミ情報などはすぐ検索できますので、そこで調べてみるのも一つの手です。
生徒からあまりにも評判の良くない英会話教室でのアルバイトはやめておいたほうが良いかもしれません。
とは言っても、英語を勉強するうえでは非常に自分のためになるのが英会話教室のアルバイトなので、英語を外国人とコミュニケーションをとるツール
として考えている人はもちろん、もっと深く、「語学」という学問としてとらえている人にとってもかなりお勧めのアルバイトでしょう。

ゲーム感覚で英語の学習

幼い頃から遊び感覚の中で英語を学習させようとキッズ専門の英会話教室もたくさんありますが、楽しみながら英語の学習ができるということで、子供から大人まで人気があるのが、ゲームを利用した英語の学習教材です。
ゲーム感覚で英語を学習できるサイトはインターネット上で多く見られるのですが、無料のものも多く、例えばシューティングで、画面上に出た日本語の単語を、いくつかの英語の中から正しいものを選びそれを撃つといったようなもの。これはタイピングソフトなんかに似ています。
アルファベットの文字を組み合わせて英単語を作っていくというようなパズル形式のものも人気で、これは一人で遊ぶだけでなく、オンラインで他人と得点を競ったりすることができるということで人気があるようです。
特に子供受けするのはオリジナルのキャラクターなどを使って、遊び感覚を取り入れたサイトなどは飽きにくいこともあってよく利用されているようです。
クイズ形式で英語を学習するというのは、例えばテレビのクイズ番組などで、英語や漢字の問題がよく出されていますが、ああいう風に盛り上がりながら解いていくというのは、けっこう覚えてたり身に付いたりするものです。
また、面白い趣向として、ミステリーやアドベンチャーなどのストーリー性を持った物語の中で、謎解きなどしながら英語が学習できるというものもあるようです。
そして、ゲーム感覚で学習といえば、誰もが知っている「ニンテンドーDS」ですね。
大人も子供もいつでも手軽に持ち運びもできて、好きなときに学習ができるということで英語に限らず色んな教科の学習で使ってる人も多いのではないでしょうか。
小学生の授業でも利用されているくらいで、もはやゲームというよりは、一種の「教材」として認められてる感があります。
このように「ゲーム感覚」で学習できることによって、個人差はありますが、とっつきにくい教科なども馴染めるのではないでしょうか。「英語が苦手」というような方も、ゲーム感覚なら少しずつでも馴染めるかもしれませんね。

映画で学べる英語

「自分が好きな映画を見ながら英語が見に付いたらなあ・・・」って思っている方も多いのではないでしょうか。
英語を学習する、身に付ける上でものすごく理想的な方法の一つだと思います。映画だと好きな俳優や女優が出てる作品なら、映画館だけでなくDVDなどで何回も見れるし、字幕を見ながら、発している言葉を瞬時に理解できるというのもその要素の一つです。
また、観たあとで「あの場面でこんなセリフ言ってたなあ。。」と想い返すこともあり、そこでまた英語でのセリフを復唱したりなんてもともあります。そうやって覚えた英語も数多くあると思います。
映画のセリフでは、教材やテキストブックでは学習できないような、独特のスラングや言い回しなどもあって、翻訳者によって多少違いはありますが、日常の英会話を覚える上では格好の「教材」になります。
リスニング、イントネーション、間合いなど、実際に本場で使われてる言葉がそのまま聞けて、感動したり笑ったりしながら、「生きた英語」が学習できるなら言うことなしです。
基本的には「映画を観る・楽しむ」ということが目的で、みなさん観てらっしゃると思いますが、その中で好きな俳優・女優の発している言葉、フレーズ、感動のシーンなど、印象に残ってる場面は必ずあると思います。好きな人物や場面などは繰り返し見ても苦にはならないし、繰り返して観れば自然に覚えることもできます。また、好きな俳優や女優のセリフの言い回しなどをマネして覚えるのもいいかもしれませんね。
慣れてきたら、最終的に字幕なしで自分で理解しながら観ていく というのが理想です。
字幕なしで観れるようになれば、英語はかなり理解できたものだと思いますが、あくまでも「映画を楽しむ」という観点から観ていって、映画の中で交わされるセリフや言い回しを自然に覚えることができれば、それが一番理想の学習方法ではないでしょうか。

ipodを使った英語学習

メディアを利用した英語学習の中で、人気のあるのが「ipod」を利用した英語の学習です。サイズ的にもどこでも持ち運びができ、いつでも学習できるの手軽さが魅力です。普通のCDプレーヤーやMP3プレーヤーと違い、ネットに対応しているというこで、いろんなサイトを使って英語の学習ができたり、様々なコンテンツを利用したりできるアイテムなので利用者も多いようです。
ipodを使った聞き流しによる英語の学習ですが、これは音楽やダウンロードした英語音声を繰り返し聞いて覚えるというもの。サラリーマンやOLなどは通勤の電車の中で聞いたりしてる人も多いです。ipodの「対訳Note」というツールを使えばNoteで和文を見ながら、英語音声を聴けるという効果的な英語の学習ができます。
様々なコンテンツを対訳Noteを使って、聴くというのは英語の学習だけでなく、海外事情も知ることができ、あらゆる情報を仕入れる上でも有効的だと思われます。
またこういったメディアプレヤーは、大量のデータを持ち運びできるのが大きな魅力で、ipodなどに、英語学習教材をいくつか入れておいて、外出時などでも手軽に利用できることで、いつでも英語が学べる環境が作れるわけです。
ipodの場合「iTune」という無料ソフトを利用して、いろんな教材をダウンロードできるので、ポケットサイズの学習教材用アイテムしても話題になっています。

英語の学習に重宝する「電子辞書」

英語を学習する上で欠かせないものの中に英和・和英の辞書があります。現役の学生さんはもちろん、卒業した方々でも必ず学生時代には手にしたことがあるかと思います。
英文を読むにあたって、わからない言葉や単語があればすぐ手にとって調べることができるように、机の上に並べていたものです。
今は、英和・和英・英英などの辞典がひとまとめになった電子辞書が便利なアイテムとして好まれているようです。サイズもほとんどのものが小さな手帳サイズといったコンパクトなものなので、従来の分厚い辞典のように重くなくカバンの中にもすんなり収めることができます。中学校や高校でも英語の学習用アイテムとして、生徒に薦めている学校が増えてきています。
電子辞書が出だした当初は、ただキーで入力した言葉が訳されるというものが主流でしたが、現在では付属のタッチペンを使って文字を詮索できる”手書きパッド”付きのものもあり、非常に使いやすい学習用の電子辞書も出ています。
また、それに加えてMP3プレーヤーを搭載しているものもあり、SDカードに取り込んだ教材などで、英語のリスニング学習もできるようになっています。
英語だけでなくその他の外国語辞典も追加できる機能がついているものもあるので、学生さんだけでなく、ビジネスマンにも重宝されるアイテムになっています。
言葉を調べる手間という点からでも、従来の紙製の本型の辞書に比べれば随分楽になっています。電子辞書だと、例えば”A”という文字を入力するだけで、”A”で始まる単語や言葉が全て瞬時にズラリ表示されるので、興味のある言葉や単語なども次々と読むことができます。「本の辞書は文字が詰まってて、読むのも億劫だ」という方などには、そういう煩わしさがないので、案外使いこなせるかもしれません。
「辞書を引く」という作業は、従来の本型の辞書だと思いのほか時間がかかったりしたものですが、電子辞書だと調べる作業そのものがスムーズにできて、時間の短縮となり、英語を学習する上でも効率よくできるのが最大の魅力ではあると思います。

英語学習の教材

英語の学習教材と言えば、昔は英語音声の入ったテープとテキストブックのセットというのが主流で、通信販売などでよく売られており、今でもありますが、一般宅に教材の宣伝やセールスなどの電話も頻繁にありました。また、NHKなどのラジオ講座などで学習された方も多いと思います。
現在ではCD・DVDなどのディスクの普及、パソコン・インターネットの普及によって。英語の学習教材もその形態が変わり、いつでも好きな時間に英語の学習ができる多種多様なメディア教材が紹介されています。
今人気の英語学習教材はCDを使った教材です。CDのみで英語・英会話を聞き流すものから、パソコンを使って文法もマスターできるというものまで、様々なものがあります。学習におけるサポートも充実しており、昔のようにテープやテキストで自分で学習してそれで終わりというわけでなく、教材を発行元のスタッフがメールなどでしっかりサポートしてくれるようになっています。
また、DVDを使った教材では海外ドラマを見ながら学習ができるというものもあり、文法の使い方などを織り交ぜた、堅苦しい学習というものではなく、楽しみながら英語が身に付けれるという内容の教材になってきています。
パソコンを使ったオンライン講座なども人気の教材で、英会話教室に通わずとも自宅で自分の好きな時間にできるというのが魅力のようです。
これらの教材に共通していえることは、やはり「英会話」を確実にできるようにする「スピーキング」に重点を置いていることです。日本人が英語を学習するときは、今でこそ変わってきてはいますが、「受験のための勉強」というのが根付いていたせいもあって、文法から入っていくということが多かったのですが、現代使われている英語の学習教材は「自然に英語に触れる」というような感覚で、日常の英会話を聞いたり話したりすることによって、何の抵抗もなく英語を話せるようにするというのが主旨になっているようです。要するに楽しみながら英語を覚える、学習するといった感覚でしょうか。
多種多様な教材の中から、自分のスタイルに合った英語の学習教材を選んで、気軽に英語に触れることができるようになったので、忙しくて時間の取れない社会人の方などには、重宝されそうな英語を習得する学習アイテムではないでしょうか。