カード犯罪 フィッシングとスキミング

年会費無料クレジットカードが一般化し、多くの人がクレジットカードを持つようになりました。クレジットカードが、「氾濫している」といえるほど日常的に使われている現在ですが、それに比例して増えるものといえば・・・カードに関係する犯罪です。カード犯罪が急増しているのも事実なんです。
それでは実際、どのような犯罪が行われているのでしょうか。近年、問題となっている犯罪をふたつありまして、ひとつは「フィッシング犯罪」、そしてもうひとつが「スキミング」です。
この二つについて調べてみました。
まずひとつ目。「フィッシング犯罪」です。
フィッシング犯罪というのは、あの手この手であなたから個人情報、たとえばパスワードやクレジットカード番号を聞きだそうとしてきます。
そんな手に誰が乗るか!と思うかもしれませんが、公共機関や金融機関からのメールであるかのように装って来た場合、意外に簡単に騙されたりしてしまうものです。そうして偽のサイトへカードの使用者をたくみに誘導して、個人の情報を引き出し、その情報を利用して銀行などから不正に現金を引き出します。
フィッシング犯罪に遭わないようにするためには、相手が個人情報を引き出そうとしてきたところですぐに個人情報を渡してしまうのではなく、一旦立ち止まる必要があります。そこですぐに金融機関にそのような問い合わせがあったかどうかを確認することです。
ただ、フィッシングを仕掛けてくる者は、いろんな理由をつけてあなたの判断力を奪おうとするでしょうから気をつけねばなりません。
最悪の場合、クレジットカードの限度額最大まで引き出されてしまうということがありますので、常に注意が必要です。基本的な対策としてパソコンのセキュリティソフトのなかのフィッシング対策ソフトを充実させるなどの対策が必要です。
フィッシング犯罪に加えて、もうひとつの問題が、「スキミング」です。
これは、特殊な装置でクレジットカードに記載、または記憶された情報、たとえば番号や有効期限などを盗み出してしまいます。テレビなどで聞いたことがある人も多いかもしれません。
盗んだカード情報を使ってまったく別に新しいカードを偽造するというものです。この犯罪に用いられる装置が「スキマー」です。スキミングの恐ろしいことは、カードの持ち主が自分のカードが偽造されていることになかなか気づかないということです。なぜなら気づかないうちに情報が盗まれている場合があるからです。店の従業員が犯罪に加担している場合は見破ることが困難ですからね。
そのため気づかないうちに多額のショッピングをされていたりといった、被害が大きくなってしまうのです。
だからクレジットカードの利用明細は、送られて来たらすぐに確認するべきです。そうして怪しい支払いがあったらすぐに問い合わせなければなりません。
年会費無料クレジットカードだから、と使わないカードがいつの間にかたまっている方は特に気をつけてください。
クレジットカードというのはもっているだけでも被害にあう可能性があるということを忘れないでください。まったく使わないクレジットカードは解約してしまうべきでしょう。

クレジットカードの支払い方法

不思議なものですが、自分のお財布から1万円出すのは、なかなか決心がつかないことがあるでしょう。お金持ちなら別でしょうけど。
1万も現金で払うとなると気が引けてしまっても、なぜかそれがクレジットカードだとついつい買ってしまうということはよくあります。
ましてやそれがネットショッピングや通販だと、すべてパソコンで手続きできてしまうので、お金を払っているという感覚も希薄になってしまいがちです。
しかしあくまでそれは「買い物」であることを忘れていけません。クレジットカードによる買い物というのは、一時的にクレジットカード会社があなたの買い物の代金を「肩代わり」してくれているだけです。つまりカード会社に借金して払っているようなものですね。当然のことですが、いつかは払わなくてはなりません。
年会費無料クレジットカードの場合、ついつい維持費用がかからないことから複数もってしまいがちです。ただ、たくさんあると管理が大変ですのであまりオススメは出来ません。カード1枚くらい紛失してしまっても気づかないかもしれませんよ。危ない危ない。
また、年会費無料クレジットカードでも、その使い方に注意をする必要があることには変わりはありません。油断していると使いすぎてしまったりしますからね。
クレジットカードの場合、どのような支払い方法があるのでしょうか。
1.一括払い
金利手数料は一切、かかりません。最も理想的な支払方法です。個人的には大好きです。買い物の時点に現金の持ち合わせがなかったとき、1ヶ月から2ヶ月後の支払い期日に一括して買い物代金を支払うという方法です。ボーナス一括払いというのもありますね。
2.分割払い
購入した代金を何回か・・・2回、3回~10回、などに分けて支払う方法です。何回に分割するかは、自分で設定します。高額な買い物をする場合などに便利です。便利な分、無計画に陥ってしまうもとです。クレジットカード破産なんて事態にならないように注意する必要があります。販売店によっては一括払いしか認めていない場合もありますので、分割払いが可能かどうかを商品の購入時に確認する必要があります。
3.リボルビング払い
リボルビング払いは、「リボ払い」と呼ばれることもあります。初めて聞いたときは「は?」って思っちゃいました。そのときのお店の人の冷たい視線を忘れません・・・。
で、リボ払いですが、これは、毎月の支払い額を設定し、月々一定の金額を支払うというものです。つまり支払い回数で金額を割って一回あたりの支払い金額を出すのではなく、最初から月に何円までしか支払いしませんと決めておくわけですね。
リボルビング払いには、元金に金利が加算されるので、支払いにリボルビング払いを選択する場合はよく注意が必要です。

カード系列~カード会社の種類

クレジットカードを選ぶときには人それぞれ目的が違いますのでいろんな基準があると思います。皆さんはどのような基準から選んでいるでしょうか?年会費無料クレジットカードというのはきっと大きな選択ポイントですよね。ちなみに私は近所に西友がありますので年会費無料のセゾンカードをよく使います。
では、年会費無料クレジットカードのなかでは、なにを基準として選んだらいいのでしょうか。
そもそもクレジットカードには、それぞれカードの系列があるということをご存知ですか。昔はクレジットカードといえば銀行系だったのですけど、金融自由化のあとはいろいろな種類のクレジットカードが出てきました。
1.銀行系クレジットカード
2.信販系クレジットカード
3.流通系クレジットカード
4.消費者金融系クレジットカード
5.そのほかのクレジットカード
具体的に説明してみましょう。
1.銀行系クレジットカード
☆国内のクレジットカード
・JCBカード
・UCカード
・三井住友カード
・DCカード
・UFJニコスカード
☆外資系クレジットカード
・シティバンク
・アメリカン・エキスプレス
銀行系クレジットカードというのは、銀行やその系列の子会社が発行しているものです。やはり老舗だけあってクレジットカードの発行枚数のなかでもシェア最大、4割を占めているといわれます。
2.信販系クレジットカード
・UFJニコス
・オリコ
・ライフ
・セントラルファイナンス
信販会社が発行しています。
オリコカードはお得度が高いということで評判です。
3.流通系クレジットカード
・イオンクレジット
・東急TOPカード
デパートやスーパーなどが発行しています。イオンは銀行を作っちゃいましたけどね。これらのお店で買い物をすると割引があるなどの利点があります。ちなみにセゾンカードは西友で5%割引があります。
4.消費者金融系クレジットカード
・武富士
・アコム
・プロミス
・アイフル
消費者金融が発行しているクレジットカードです。
テレビの宣伝でおなじみのものが多いですよね。
審査が甘く、即日発行などの利点はあります。
5.その他、NTTグループカードやANA、JALカード、また石油系の出光カードがあります。それぞれ利用が多いカードを選ぶとかなり得ができます。とくに出光まいどカードは嬉しいですね。

カード目的別選択

年会費無料クレジットカードは魅力的ですが、無料だからといって作りまくればいいというものでもないですよね・・・などと言う私も、クレジットカード3枚持っているのですけど。
いくら年会費無料クレジットカードであっても、やたらたくさんのクレジットカードをもつことはちょっと不安です。単純に、紛失しやすくなりますし、また、スキミングによる偽造犯罪やフィッシングといった被害もあることから決してお勧めできません。では、いったい何を基準にクレジットカードを選択したらいいのでしょうか?
☆安全を第一に考えたい人向きのクレジットカード
カード犯罪はあとを絶ちません。
たとえばスキミングといってカードに記録されている個人情報を抜き出し、それによってカードの偽造などまで行うという者もいます。
そんな不正利用を防ぐためにはICクレジットカードを選択するのがよいでしょう。何故ICチップのほうがよいかといいますと、ICチップは、従来の磁気テープと比較して偽造や変造が困難なのです。
☆利用頻度が高い人向きのクレジットカード
アメリカン・エクスプレス、VISA、MasterCard、JCBといったブランドのものが加盟店も多く、国内外で利用に便利でしょう。
VISAやマスターカードならどこへ行っても使えそうですね。
☆旅行にもって行きたいという人向けのクレジットカード
もちろん旅行保険が付帯されているものを選ぶべきでしょう。旅行中の損害を補償してもらえます。
また、飛行機をよく使うという人であれば、JALやANAなどの航空会社が発行しているカードがお得になります。これはカードを使うだけでマイルがたまります。
また航空会社のカード以外でも、たとえば、NTTグループのカードの場合、ポイントをANAのマイルに変えることも可能です。NTTカードの場合は、JTBなどの旅行会社での支払いに3パーセントから5パーセントの割引を受けられるという特典もありますので、意外にも電話会社のカードが旅行に役立ったりします。
☆特定のお店で頻繁に買物する人向けのクレジットカード
イオンや東急など、デパートやスーパーが発行しているクレジットカードがいいでしょう。割引特典や、ポイント増量などの特典があります。
また、楽天カードやYahoo!JAPANカードなどはインターネットで通信販売を利用する人にはお得になります。たとえば楽天カードの場合、ポイントを楽天での買い物に使うことができる(入会時に2000ポイントもらえます)ほか、商品の未着あんしん制度やネット不正あんしん制度といった、ネットショッピングをよくする人向けの特典が充実しています。

クレジットカードの利点

現在は、クレジットカードを無計画に使ってしまったことによる問題やそれに関連した犯罪(スキミングその他)も急増しているとはいえ、クレジットカードが非常に普及しているのは事実です。これはクレジットカードが便利だからなのですけど、特にインターネットの普及によって、ネットでの決済にカードが使われることが多くなったことが大きいでしょう。
年会費無料クレジットカードの普及によって、ますますその傾向に拍車がかかっています。
しかし学生や収入が安定しない人などが安易にクレジットカードをもつのは問題があります。クレジットカードでの支払いというのは簡単に言えば借金して支払うことですからね。きちんとその利点と危険性を熟知したうえでクレジットカードを有効にかつ安全に利用したいものです。
ではまず、クレジットカードの利点というのはなんでしょうか?
まずなんと言っても、現金を持ち歩かなくてもいいということでしょうか。現金の持ち合わせがなくても買い物を楽しむことができるというのは、海外旅行に行く場合はなおさら利点は大きくなります海外では、大金を持ち歩かなくてもいいというのは非常に便利であり、かつ安全です。トラベラーズチェックなんてありますけど使えないお店もあって不便です。また、クレジットカードなら両替の手間が省けます。現金を両替しなくてもいいことから両替手数料がかかりませんし、真夜中に現地についたときにも便利でしょう。VISA やMasterCardなどの国際ブランドは世界中どこでも通用します。
現金は盗まれてしまえばそれまでです。しかしクレジットカードなら、盗難されたり紛失した場合には「所定の手続きを迅速にとりさえすれば」不正な利用を防ぎ、被害に遭わないですみます。犯人がすぐにカードを使ったとしても、お金が引き落とされるのはかなりあとになりますので、不正使用を阻むことができるわけですね。
また、リボルビング払いは金利がかかる上に月々の支払いが安くなって無駄遣いしてしまう恐れがありますが、一括払いにすれば、金利もかからず、逆にカードのポイントがついたりとお得です。
ATMの引き出し手数料がかからない、という利点もあります。たとえば銀行のATMの場合、銀行のカードでは時間外だと手数料がかかったりします。操作しているのはこっちなのになんで手数料取るんだ・・・という気分になります。この手数料は案外、ばかになりません。クレジットカードならば手数料を気にすることなく利用できます。

入会特典のあるクレジットカード

年会費無料クレジットカードというのは入会費、年会費が永久的に無料であるということ自体が特典のようなものなんですけど、そのほか入会すると、入会した時点でさらに特典が得られるものがあります。
たとえば、NTTファイナンス株式会社が発行している「NTTグループカード」にも入会時の特典があります。
キャンペーンなのだそうですけど、その特典を紹介してみましょう。
NTT入会キャンペーンとして、VISAギフトカードを最大2000円分プレゼントされるのですが、ちょっと条件があるようですね。
1.手始めに、入会月を含めて3ヶ月以内にVISAマークのある加盟店で合計3万円以上のショッピングをしなくてはなりません。よく買物をする人はすぐにこれくらい行ってしまうかもしれませんが・・・。まあ、そうしますとまず「VISAギフトカード」を1000円分入手できます。
2.そして、キャンペーン期間中に携帯電話、PHSの利用料金をNTTグループカードで支払うと、さらに「VISAギフトカード1000円分」を入手できます。これは電話を使っている場合は簡単ですね。
ここまでで2000円分なのですが、これ以外にもクオカードが手に入るようです。その方法としては、専用申込書によって資料を請求し、それから1ヶ月以内に申し込むというものですが、この方法をとった人全員に、「クオカード500円分」がプレゼントされます。
その他にも抽選でプレゼントが用意されています。
キャンペーンは、2007年7月1日~2008年3月31日までです。
今、すでに大きな買い物(NTTグループカードなら、3万円以上)をする予定のある場合には、入会時特典を狙いやすいですね。
このような特典を見逃さないでカードを作るとキャンペーン特典を十分に利用できるといえるかもしれません。
ただし、NTTグループカードの場合もそうですが、応募をする必要があります。自動的に配布ということではありません。その応募にも期限があるのでよく注意して忘れないことが必要です。
その他、楽天カードなどでは、入会特典としてポイントをもれなく2000ポイントプレゼントする、という特典をもうけています。こっちはもれなくもらえますので、ネットショッピングをするという人には、お得な特典といえます。

ネットショッピングで安心の保険

年会費無料クレジットカードは確かに魅力的です。年会費無料なのにいろんな特典がついてくるのが嬉しいです。
しかし心配なのは不正利用ですね。不正利用をされて多額の損失をこうむっては何にもなりません。不正利用に対しては、カードの利用明細書をまめにチェックして、怪しい支払いがあったらすぐにカード会社に連絡することでたいおうできるでしょう。不正利用などのが保険きちんとついているクレジットカードがあれば便利ですけど。
では、どのような保険が付帯されているのでしょう。
年会費無料クレジットカードのなかでは楽天カードの保険が有名ですので、ショッピング保険やカード盗難保険について考えてみたいと思います。
☆楽天カード
楽天カードは、入会費・年会費無料のクレジットカードです。楽天市場を利用してよくネットショッピングをする人に便利なカードですね。
安心して買物できるような保険が充実しているのが魅力です。
たとえば、
1.カード利用お知らせメール
利用明細書が手元に届く前に楽天カードの利用をいちはやく確認するというのは不正利用を食い止める上で大切なことです。これができるよう、確認メールが送られてきます。メールであれば郵送よりも早いですので早めに手を打つことができます。万一の不正利用に備えて、早期発見につながる安心なサービスといえるでしょう。これは業界初で特許を出願中ということで、楽天カードはこれを強調したいようです。
2.商品未着安心制度
楽天市場におけるクレジットカード利用で、ネットで商品を買ったのはいいけど商品がもし届かなかったら大変です。そこでそんなトラブルが発生したときに安心でkりうのが商品未着安心制度というサービスです。そのような場合には所定の調査によって請求を取り消してくれるというものです。
3.ネット不正安心制度
ネットでの不正に対する安心制度を自動付帯しています。
4.カード盗難保険
盗難後によって自分のお金を勝手に使われてはたまらないですからそれに対応する手段も欲しいものです。そのために、カードが不正利用された場合に、その損害額を補償するネット不正安心制度もあります。
クレジットカードを紛失、盗難に遭った場合には急がなくてはなりません。即座に警察に届出をし、カード会社に連絡をすることが必要です。

メーカー系クレジットカード

クレジットカードには発行元による系列があります。
たとえば銀行系クレジットカードや信販会社系クレジットカードなどをすぐに思いつきます。
それぞれに特典がありまして、旅行にぴったりだとか自動車をよく使う人にうれしいといったものがあります。
なかでも、特定のお店をある程度頻繁に利用するという人には、そのお店で割引特典が受けられるというカードがよいでしょうね。
たとえば、年会費無料クレジットカードのなかでは、「UCS KARUWAZA CARD」が便利なカードといえるでしょう。カルワザカードですね。
このカードはアピタ・サークルKサンクスなどのユニーグループが発行しているカードです。
ということでサークルKサンクスでよく買物をするという人はにはお得なカードになっています。買物に便利な特典があります。しかも海外旅行傷害保険が最大1000万円、国内旅行傷害保険も最大1000万円ということなので旅行にも役立ってくれます。
さらにショッピング保険が100万円ついています。
その他、携帯電話など電話をよく使うという人にふさわしいカードもあります。料金を節約したいという人が多いことと思いますが、そんな人にはNTTグループカードがお得です。
このカードも年会費無料クレジットカードのひとつです。ただし、このNTTグループカードは、付帯保険としては海外・国内旅行保険は付帯されていませんし、ショッピング保険もありませんのでちょっとふあんかもしれませんね。
しかし旅行の場合は提携のホテルや旅行会社などで割引特典を受けることができます。
特典をVISAギフトカードなどで受けるコースと、NTTなどの電話料金のキャッシュバックとして受け取る方法を選ぶことができますので、電話をよく使うという場合は特典を利用しやすいですね。
また、ネットショッピングをする人には「楽天カード」を使うといろいろお得になります。スーパーポイント2000もらえますし。
チケットを購入する機会が多い人は、「ぴあカード」がそれぞれ独自の特典をもうけています。チケット購入には便利なカードですね。
それぞれの特典をいかすと有利ですよね。

ドライバー向けカード

クレジットカードというのは目的別でいろいろと選べるものです。
・ネットショッピングを利用する人に便利なカード
・国内外の旅行をする人に便利なカード
・携帯電話を節約したい人
・チケットを購入するのにクレジットカードを使いたい人
このように、それぞれの目的に応じたカード選びをすればいろいろと得な思いができます。
最近は石油価格高騰もありまして、ドライバーにお得なカードというものに注目が集まっています。
たとえば、年会費無料クレジットカードのなかでは、「出光まいどプラス」というクレジットカードが最も人気があります。
このカードはたとえば、入会キャンペーンとして、入会後、1ヶ月間、ガソリン・軽油が1リットルあたり5円の値引きになります。また灯油はやはり1リットルあたり3円の値引きというわけですからドライバー以外も得ができるというわけです。しかし2008年3月までのようですね。ただ、それ以降も、ガソリンと軽油は1リットルあたり2円の値引き、灯油はやはり1リットルあたり1円の値引きというのは続きます。しかもこちらは入会後1ヶ月だけというけちな話ではなく永久です。ただし、出光のSSで給油した場合のみです。
また、ETCカードもついてきましてこちらも年会費無料。その他、シートベルト障害保険が1年間プレゼントされますがこれも例によって2008年3月末までのようですね。この「シートベルト障害保険1年間プレゼント」とは、出光まいどプラス会員は、本人会員のみという限定はありますが、入会特典として1年間30万円保障をプレゼントするというものです。
出光ロードサービスを特別価格で提供してもらえるというのも嬉しい特典です。
自動車をつかっていると、いつトラブルに見舞われるか分からないものですが、「出光ロードサービス」があれば、車の万一のトラブルに備えて24時間・365日対応してもらえます。
「出光まいどプラス」を持っていると、会員特別年会費787円(税込み)で入会できます。年会費800円足らずですからタダみたいなものですね。
車をよく運転するという人には、お勧めのカードかも知れません。

学生専用カード

学生でもカードを持てるというのはご存知でしたか?
もちろんショッピング利用限度額は低く設定されています。しかし学生でもクレジットカードがもてるというのは、ちょっと不思議な気持ちがする一方、学生たち自身にとっては便利な世の中になったものだと思います。
まあ、学生専用と銘打っていなくても学生の持てるクレジットカードは結構多いのですけど。私は学生時代にセゾンカード作りましたし。年会費無料。
ただし、あくまで「学生」ですから、収入もないか、不安定です。くれぐれも利用には注意してもらいたいものです。
学生専用カードとは、もちろん高校生は対象外なのですが)、18歳以上の大学生を対象としたクレジットカードです。特典は、在学中は年会費が無料になるといったものがありまして、そのほかにも特徴のあるカードがあります。
学生専用のクレジットカードで、年会費無料クレジットカードの例を挙げてみましょう。
たとえば「三井住友VISAクラッシックカード」。
年会費無料クレジットカードですが、なかなか付帯保険は充実しています。
ショッピング限度額は、10~30万円です。
付帯保険は、海外旅行保険が最高額で2000万円もついています。でも国内旅行はついていないのですね。
一方、ショッピング保険は年間最高額が100万円ついていますので、買ったものが壊れたなんて時も安心なようです。しかも最短即日で発行されてしまう、という便利さです。ちょっと怖いぐらいですね。
その他、「三井住友VISA アミティカード」というのもあります。
これもも学生専用で年会費無料クレジットカードです。
こちらは嬉しいことに国内、海外共に旅行保険がついていまして最高額は2000万です。これはかなりお得感の高いクレジットカードだといえます。またショッピング保険も最高額で年間100万円が付帯しています。このクレジットカードも、最短即日で発行されてしまいます。
学生にとって便利なカードは多いようですけど、だからといって使いすぎてしまわないように気をつける必要があります。