お受験専門!小学校受験専門の能開プレスクール

お受験という言葉がありますが、幼稚園児対象の進学塾も存在します。
能開プレスクールですね。ここは小学校受験専門の学習塾です。
年少の10月から第一期が始まります。それから6か月ごとに第一~四期の4つの学習期に分けた「志望校合格プログラム」に基づいて指導します。そうです志望校に合格するための授業が、幼稚園児相手に行われるわけです。個人的にはちょっとびっくりです。
能開プレスクールでは子どもたちの発達段階に最適なプログラムを実践します。
指導方法は、子どもの成長段階に応じて変えていきます。最適になるように、演習の量を増やしたり減らしたり、もちろん進める速さも調整しながら学習が進められていきます。
能開プレスクール独自の発展学習の仕方が工夫されているようです。企業秘密ですね。子どもの学力を確実に向上させ、志望校合格へと導くいろいろな工夫が考えられています。
能開プレスクールでは、週単位で行なうゼミの学習が基礎となります。
授業は週1回ということで子供の負担が大きくなり過ぎないように考えられています。
そして「志望校合格プログラム」によるカリキュラムのテーマを順番に学習していきます。
新テーマは毎回出されます。そして授業が終わるとすぐに、新しいテーマについて授業説明会を保護者の方を対象に行われますのでマメなことです。
この説明会で、新テーマの意図やそれぞれの問題の考え方、さらに復習のやり方などを詳しく説明します。こうすることで家庭で保護者が子供の学習を進めていきやすくなるわけですね。過程での学習は大事ですから、ここでしっかりと定着した学習を進めていきます。
そして次週の授業でそれを確かめてくれます。前回の家庭学習でしっかり理解できたかの評価からはじめます。
それから、次のテーマに進み学習します。
能開プレスクールの年間の学習の流れは、年間を通じて週単位で行なう通年ゼミが基本なんですけど、それに加えて、冬期、春期、夏期の長期休暇中に行なう講習もあります。もちろん有名小模試と志望校別模試などのテストも行って、どれくらいの学習達成度かを測ることもしています。
それぞれの講習では基本の定着が主眼となります。毎週行なう通年ゼミの内容を何度も繰り返し、学力を定着させてスキルアップを図るのです。

イッツBB学習塾のインターネット授業

イッツBB学習塾は教室がないようなんですよ。教室がないというと変ですね。あるにはあるのですけど、ネット上にあります。つまりこの塾は、小学生、中学生、高校生のためのインターネットによる学習塾・オンライン予備校なんです。
先取り学習、苦手な単元の克服、定期テスト・受験対策などさまざまな学習目的に応じて臨機応変に支援をしています。イッツBB学習塾の学習サービスは、学習塾や予備校と比べても遜色のない内容をそろえているわけです。
イッツBB学習塾は、生徒が自分で学習能力をつけてもらうということを至上命題としています。そのために家庭学習を支援し、学習習慣をつけてもらおうとしているのです。
パソコンに慣れてなかったり、インターネットをあまり使ったことがない方でも大丈夫なようです。子供にもわかりやすいインターフェイスで、ネットによる授業の学習をスムーズに行なえるようになっています。
パソコン環境を満たしていて、インターネットが接続されていれば、家庭にあるパソコンをそのまま使ってネット授業を利用することができます。子供用のパソコンを買わなくてもいいです。
イッツBB学習塾の講師は有名な人を集めているようですね。オンライン講座ですから、時間的制約がないのでそれも可能なのでしょう。東京の有名な塾や予備校で教えている講師が選ばれていますので、とてもわかりやすいです。授業の内容は、教科書レベルから確実に習得できるよう構成されています。また、学校の授業では教えてくれないような学習内容も期待できます。塾や予備校ならではのノウハウも充分に盛り込まれています。
講義は一つ10分前後しかありません。パソコンの前でも散漫にならずに、子供が集中して取り組むことができます。
インターネット授業に興味があるかたは、いつものことながら、まず無料体験をしてみるのがいいでしょう。
そして、申し込みはメールで必要事項を書いて送ります。
申し込み内容がよくわからない場合は、もちろん電話でも問い合わせ可能です。
申し込み後10時間以内に、IDとパスワードが記載された登録完了通知がメールで送られてきます。届かない場合は電話で問い合わせてみましょう。
IDとパスワードが届いたらすぐに、インターネット学習が始められます。

日能研の安全対策

塾に通わせるにしても、夜になりますから何かと心配です。
近頃は、日本でも子供を狙った凶悪な犯罪事件が珍しくないという、イヤな環境になってきましたからね。
昔はそんなことも少なかったのですけど、時代とともに子供たちの周りの生活環境は、大きく変化し、油断のできない世の中になってしまいました。
そのため、大切な子供たちを預かっている立場である学習塾の多くは、留意すべき事項が飛躍的に増えた状態になっています。安全対策だって万全に取り組む必要があります。
そのなかで、日能研ではここ数年、子供たちが安心して学習できるようにいろんな工夫がなされてきました。安全確保策や、非常時への備えに力を入れているようですね。
通塾や帰宅時の安全のためには、「光るNバッグ」を使用するようにしています。
このバッグは背中に背負うバックパックタイプなのですが、反射材を採用していてライトで照らされるとNという文字が光るようになっています。
これにより、外が暗くなってから通室する子供たちを安全に守っています。
これは交通事故から子供を守るのには効果的といえるでしょう。何せ目立ちますからね。
また、バッグの肩ひも部分には「Nブザー」というものが着いています。なんでもNってつけるんですね、日能研さん・・・。まあとにかく、防犯ブザーのことです。防犯ブザーを装着し、危険を感じた時には迷わず使用するように指導しています。たまに関係ないときに鳴らしてしまうみたいですけど。
そして日能研では、子供たちの安全を確保し保護者の安心のために、「Nセキュリティ」を発足しました。
「Nセキュリティ」は、スタッフ全員が警視庁や県警のOBなのですね。子供の安全を守るため、プロ集団によるセキュリティ組織を導入したようです。
「Nセキュリティ」は、通室や帰宅時間帯に日能研と最寄駅周辺で、生徒を安全に確保し安全に指導します。教室の前で子供を見守っている様子をよく見かけますね。
また、教室がある地域の警察署や交番、町内会などと連携もわすれません。情報交換や地域ぐるみの安全対策へ参加しています。
さらに日能研は、災害や犯罪の予防や、緊急事態などさまざまな場面にも対応できるように、安全な環境作りへの準備を進めています。
日能研は生徒が安心して通えるように改善を進めていくようです。さらに充実した対応ができれば子供を通わせるほうとしても嬉しいですね。

東進ハイスクールの高速学習

大学受験のための予備校東進ハイスクールはそんなに古い予備校ではありませんが、急速にシェアを伸ばしてきたようですね。現在ではITを駆使した教育システムで高速に学習することができるよいうになっているそうです。
東進では毎日同じ科目の授業を受けることができます。これは従来の予備校(週に一回の授業)と大きく異なる点ですね。
これは、東進では、映像授業により、自分のレベルとスケジュールに合わせて学習をすすめることができるシステムになっているからです。自分の進度に合わせて、いつでも受講することができるのですね。
この高速学習により、1年分の勉強を集中的にこなしてしまって、1カ月で受講することだってできるのです。一つの科目に一定期間集中するという勉強方法は効果が高いように思われます。・・・まあ、個人的な体験ですけどね。
また、先取りの学習で、早い時期に受験範囲の学習を通して、受験勉強にいち早く取り組むことができます。
こうして東進では、学習の成果を短期間で出すことができるのです。
全ての授業を映像化し、個別のライブラリーで受講できるのですね。だから聞き逃してしまっても巻き戻って再生したり、一時停止でしっかりメモができます。集中力がないとか、ノートを取るのが遅い場合でも安心ですね。これで確実に理解することができます。
授業は映像になっているわけですから、特定の教室に行かなければ人気講師の授業が受けられないなんてことにはなりません。いつでもどこの校舎でも、一流講師による授業を受けることができます。
授業はとてもわかりやすいという評判です。一流講師は伊達ではありません。内容を基礎から理解できるので、学習効率が圧倒的に上がります。
東進の講座は「スモールステップカリキュラム」といい、12レベルに分けられています。
だから、生徒に合ったレベルの講座から始めることができます。進歩したらステップアップしていきます。そうして徐々に上げていって、志望大学のレベルまで無理なく学習できるようになっています。
各講座が終わると、講座修了判定テストがあります。なんだか大学みたいですが、講座の内容がしっかり理解できたか確認されますので、どのレベルに進むかは明確です。
もし、テストに合格できなかった場合は、しっかり復習して自分の弱点を克服することになります。そうして捲土重来再びテストに受験することができます。
こうして、段階を踏んで目標の大学合格に着実に近づくことができるのです。

サピックスの学習法

サピックスは、それほど古い塾ではありませんが、さまざまな有名難関中学の合格者が、とても多いことで有名な進学塾です。有名進学塾の代名詞のようになっていますね。
サピックスの中学受験のための指導法は、復習中心の学習法を重視しています。
サピックスの授業では、予習をしてくる必要はありません。その日に使う教材は当日の授業のはじめに配られ、初めて目にする問題で子供たちの思考力を問うわけですね。生徒たちにとってテキストの内容はその日に初めて出会うもの、これは、入試がどんな内容か当日までわからないことと同じです。
だから子供たちはわくわくし、知的好奇心が沸いてきて、授業に集中できるのです。
授業が終わったら「復習教材」が手渡されます。まあ、宿題というやつですね。その日に学習したことを家庭で復習できるような内容になっています。
この教材には、授業で学習した内容が自然に身につくように工夫されています。
「復習教材」の問題はやさしいものから難しいものが適量準備されています。発展問題や類似した問題など、さまざまな課題を織り交ぜて、子供が獲得した知識を自在に使いこなせるようにとの配慮がなされています。
授業で学習したことが授業中にできるのはごく当たり前のことです。それより、自分の力だけで理解し解くことができるかを、家庭で確かめてみることはとても大切です。
サピックスは、家庭での自学自習が重要だと考えています。
そして、次の授業で「小テスト」を行います。ここでチェックされるわけです。家庭で復習したことが理解できているかを確認します。
まだ完璧に理解できてないところは、もう一度授業でじっくり解説していき、不安要素を減らしていきます。
教科によっては、3~5週間かけて1つの単元を、何度も繰り返して学習していくことになります。
復習重視の姿勢といい、サピックスは、学習の基本は繰り返しにあると考えているようです。
同じ分野では学年が上がっても少し難しくなった形で、また繰り返して学習できるようになっていますので。
特に、受験で扱われる分野は丁寧に繰り返されます。繰り返すことで徹底的に定着させます。アウトプットがスムーズに行われるように。基本から応用をしっかり復習し、入試で必要とされる実戦力まで身につくようになるのです。

アクシスの指導者

個別指導塾は最近増えているようですね。アクシスも個別指導を行っている塾ですが、他の塾との最下のために指導者を厳しく選考しています。
良い指導者の条件はいろいろとあると思うのですが、とりあえず教科や入試問題などの専門知識は必須でしょうね。生徒からの質問にスムーズに答えられなくては困りますので。
しかしそれも、生徒にあわせて伝えることができなければ宝の持ち腐れとなります。生徒がよく理解できる説明や考え方を、定着させるティーチング力、伝える・教える力も必要です。
そして、生徒のことをよく把握して、適切なアドバイスを行うことも必要でしょう。勉強方法だけでなくやる気を出させることにもつながるコーチング力があることも選考の基準となります。
アクシスの指導者は、毎回授業が終わると、指導内容の確認を行ないます。これは教室責任者が細かく行うようになっています。
そして、生徒やその保護者からの評価もあります。授業について年に3回評価されるシステムになっています。
もし基準に達していないと評価された場合は厳しい処分があるようです。講師は授業を担当できなくなります。
充分な授業を行なうため、指導者は授業の準備を入念に行ないます。
生徒が苦手なポイントの対処の仕方は大切な部分ですね。
演習の出し方もそのレベルやタイミングを考えねばなりません。
そして生徒の意欲の出し方も生徒に合わせて考えます。
すべてを事前に授業の進め方の計画としてイメージしておくわけですね。
そうした上で80分間の授業を行ないます。
また、指導者は事後の評価だけでなく、授業前にも教室責任者とミーティングをします。
これは、生徒一人ひとりの成績の状況などを確認するためです。その日その生徒の授業プランの最終確認についてです。
また、このミーティングでは、指導者にも課題を与えられます。これは以前の評価からわかった改善点などですね。前回の授業の反省点からより効果的な授業が行えるように確認されます。
指導者は授業が始まるぎりぎりまで準備に取り組むのです。
そして授業では、まずは指導者は生徒に丁寧に問題の説明や解説をします。基本的な知識や考え方から、それを組み合わせた応用まで。そして生徒が理解できたか確認するため問題演習を行います。
そのあとどこが理解できたところで、どこが分からないところかを生徒自身で考えさせます。
生徒が自分から興味をもって学習することが大事ですからね。主体的に学習することでより理解を深めることができるからです。
授業が終わると、例によって指導者は教室責任者とともにその日の授業を振り返ります。
教室責任者が確認するのはいろいろあります。
生徒がよく理解できたか、学習テーマに沿って進められたかなどを確かめていきます。
また、指導者は授業プランと照らし合わせて、授業で成果がでた点や、反省することを明確にします。つまり講師のほうも生徒と同じような方法論で授業の仕方を改善していくわけです。そして次回の授業プランに反映していきます。
責任者はその日の授業内容や課題などをきちんと明らかにし整理しますが、これは塾内部のデータとして蓄積するのではなく、オンラインによってその翌日には保護者に報告します。

英才教育の効果 東京英才学園

知能指数というのは評価されたりされなかったり、賛否両論ある数字です。
もちろん知能指数がすべてというのは間違っていますが、しかし、脳にとって大事な能力の一つであることはまちがいありません。
東京英才学園ではその知能指数(IQ)に焦点を当てた講座である「英才コース」があります。
1~4人の個別指導まやは少人数指導で行ないます。このコースは2~6歳児を対象にした幼児教室です。
また、画一的に知能指数を伸ばそうと考えるのではなく、子供一人一人の個性を生かすことも同時に目指します。考える力を養って感性を豊かにし、知能指数(IQ)を高めるための英才教育を行っています。
授業では知能指数(IQ)を伸ばすための教材としてはいろいろ考えられます。例えば名文の朗読暗誦や100マス計算などは有名です。しかしここでは対象年齢が低いですので教材として「考えるおもちゃ」を使います。
「考えるおもちゃ」は100種類以上あるようですね。幼児用の教材なのですがただのおもちゃではありません。幼児教育について研究を重ねている「知能研究所」が開発したものです。
「考えるおもちゃ」が面白くないのでは小さい子供相手に何の効果もありませんから、小さい子供でも興味を持てるように工夫された教材になっています。
ときには、ゲームをしながら図形や数などに触れることもします。空間認識能力や論理演算能力を鍛えていくというわけです。こうして知能教育に必要なカリキュラムを行なっています。
授業は1~4人の個別指導なので、先生の目が子供全員まで行き渡っていると考えられます。先生と子供の距離が極めて近いですのでアットホームな雰囲気で授業が進められまし、そうでなくては対象年齢が低い場合は授業にならないでしょうね。
子供たちはそこでできた友達と協調し、また競い合うということを通して、対人能力も磨いていくことができます。そして刺激しあってどんどん知能が伸びていきます。
子供たちは充実した時間を楽しみながら、知能を伸ばすことができるのです。
人間の脳重量は非常に早く発達するので、IQは8~9歳ぐらいまでしか伸びないという説があります。
だから、小さいうちに知能を開発するというのは効率的なのですね。大きくなってからIQを伸ばすのは困難になってくるのです。
IQが本当に伸びるのだろうか、IQなんて生まれつきのものなんじゃないのか、と思われるかもしれませんが、東京英才学院では、IQが1年間で平均20(!)上がるという実績を残しているようです。まあ、計測の仕方にもよるのでしょうけど、効果は上がっているのですね。
子供の英才教育に興味がある方は、東京英才学園に問い合わせてみて下さい。

東京個別指導学園TKG 生徒と講師の相性

東京個別指導学園TKGの特色はもちろん個別指導で生徒の学力や進度、その他諸々の事情に合わせることができるという点が重要ですが、それとともに生徒と相性が合う講師と一緒に学習を進めるということも重視されています。優秀な講師・できる生徒が組み合わさったとしても相性が悪ければ効果は上がりにくいですからね。
そうすることで、生徒も学習に意欲をもって取り組め、教えるほうも楽しく教えられますので相乗効果がでてきます。相性が悪い時に比べれば何倍もの効果を期待することができます。
だから、入塾したらまずカウンセリング面接を行ないます。
面接では、子供の学習目的や学力、そして性格をよく確認していきます。子供と講師の相性を模索する上でこれは必要なことです。そして教科別に子供に合った講師を数名紹介します。
入塾してから約1ヶ月間は、実際に紹介した講師の授業を受けて、相性がいいのかどうか実際に試すことができます。それから子供自身が好きな講師を選ぶ、とういう運びになります。
その後は、スケジュールを立てて、希望の講師と正式に学習を始めます。
本格的な学習を始めてからは講師を変えられないというわけではありません。もし成果がなかなか出なかった場合は講師を変えるすることもできます。
TKGでは、有名校に進学したいだとか、学校の授業を確実に理解したいだとか、生徒の学習する目的に応じて科目や内容を決めていきます。
また、部活や習い事などの生活スタイルに従って学習パターンを決められるのも、個別指導の利点といえますね。たとえば、塾に通う回数や曜日、時間帯を選択できて当然です。まあ、限度がありますけど。さすがに午前3時に教えろといっても断られると思います。
また、スケジュールを設定できるので、ダブルスクール(学校とあわせればトリプルスクール?)も可能です。つまり他に通っている進学塾のフォローとしてTKGを利用する、というなんとも贅沢なこともできますが・・・そりゃちょっと贅沢すぎでしょうか・・・。
さらに、事前の申し込みで授業の振り替えができるので、無駄のない学習ができます。
TKGの授業では、講師と生徒が1:1もしくは1:2で行ないます。
完全個別指導なので、集団指導に比べれば講師は生徒の苦手や弱点をはるかに把握しやすくなっています。体調や精神面にも気を配ることが可能です。
生徒一人一人を大切にするTKGの「生徒第一主義」に基づいるということですが、生徒第一主義でない塾のほうが珍しいか・・・。
TKGの授業料は家庭教師と比べると約半分なんですね。とても安く設定されています。
生徒をとても大事にするTKGなら、子供も安心して成績がグングン上がるかもしれませんね。

ナビオの指導法 グループ指導と個別指導

栄光ゼミナールは広い年齢層を対称にしている進学塾なんですけど、高等部はナビオと呼ばれます。ナビオはグループ指導と個別指導を組み合わせて受けることができます。
たとえば得意な科目は他の生徒と競争してみたくなるものですよね。そこでこれはグループ指導で友達と競い合いながら学習。苦手な科目は一人でこっそり勉強してパワーアップしたいです。そこでこっちは個別指導で先生にじっくり指導を受けながら学習。
そんなふうに目的に合わせて授業スタイルを選ぶことができます。
これによって得意な科目でブレーキをかけられることもなく、苦手科目で置いていかれることもなく、効果的に学力を上げていくことができます。
グループ指導は、目的と学力別でカリキュラムを設定して、1クラス20名までの少人数制です。
先生との距離が近いので先生と生徒がすぐに親しくなれますね。それで質問もとてもしやすいです。
グループ指導ではクラスの仲間同士が競い合い、共に励まし合うということで、集団の力の流れに乗ることができます。これによって効果的な学習をすることができます。
授業では、それぞれ単元の基本をしっかり学んでから、演習問題で応用力を鍛えるというごくオーソドックスな段階を踏んでいきますので、生徒はよく理解することができます。
個別指導はもちろん、個人の事情に合わせて学習ペースを設定することができます。学習したい教科や受けたい曜日と時間を自由に設定できます。
だから、部活をやりたい人や学校行事があって忙しくても大丈夫ですね。自分に最適のスケジュールを設定し、それに合わせて、勉強を効率よく進めることができるのです。
また、ナビオ独特の学習スタイルに「パワープラクティス」というものがあります。これは生徒それぞれが自分にあった異なる課題を80分間徹底的に演習(プラクティス)します。
授業は、トレーナー1人に生徒が6人までで行ないます。
パワープラクティスではまず、トレーナーが生徒ごとの演習メニューを決めます。
基本、応用、実践などの問題から生徒の学力に応じて選択するのですね。そうして状況に合わせたレベル別の問題を生徒ごとに配布します。
グループ指導と個別指導の内容に従って、演習プログラムもそれぞれ違ったものが準備されています。
80分間も集中演習をやって本当に「集中」できるのか?そこは生徒が集中力をなくさないように演習箇所ごとに時間配分が考えられています。
もちろん演習を進めていて、わからないところがあればトレーナーに質問。そのためのトレーナーですからね。
演習が終わったら採点をし、トレーナーがその日の演習の状況を確認し、復習が必要な部分についてはトレーナーが指示しします。
それが完了したら次の段階へ進みます。
さらにナビオでは、普段の学習面についてアドバイスしてくれるだけでなく、志望校への対策や、学習プランの見直しなど学習全般に関する相談も受けることができます。
また、将来就きたい職業のための勉強などについても相談に乗ってくれるようです。

野村塾北野田教室の英検合格講座

英語教育は早いほうがよいという意見もその反対もあるのですが、野村塾北野田教室では、中学生や高校生だけでなく、小学生も英検に挑戦しています。
しかも、小学生で英検を受験するための指導をしていて、受験する生徒は毎年増えてきています。
野村塾北野田教室では、小学生の語学レベルを考えて、これまで小学生には児童英検を目標にしたコースで、英語の授業を行ってきました。
しかし、児童英検の存在意義を考え、これからは最初から小学生にも一般の英検を目指したほうがよいという結論となり、一般の英検に合格することを目指すカリキュラムに発展させましました。
ちなみに、野村塾北野田教室で受講していない生徒でも、この「英検合格講座」受講することができます。
小学生の「英検合格講座」は、英検を受けることを目的とすることで、英語学習のモチベーションを高め、英語技能と資格の向上を目的としています。特にリスニング能力は早い時期から訓練したほうが効果が高いといわれています。
授業は学年に関係ありません。ほぼ同じカリキュラムで学習を進めていきます。
ただし、さすがに学年によっては進めるスピードが変わります。ペースを変えながら指導ししなくては無理が出てきてしまいますから。
野村塾の生徒は毎年6月と10月に英検を受験しています。受験場所は野村塾北野田教室内ということですので便利ですね。
まずはじめは、英検5級を目標にして合格のための授業をしています。英検5級ならば小学生でも十分に合格できるレベルといえますので無理はありません。
そして、5級に合格した生徒は、次は4級。英検4級は中学生レベルですが、合格するためにがんばって勉強しています。
こうして、中学校に進む頃にはとても英語が好きになる子供が多いようです。英検に合格するレベルですので英語が得意な科目となっているでしょう。
「英検合格講座」は週に1回行い、40分間の授業です。
費用は、入会金やその他の費用は一切不要で、月額5250円です。
野村塾北野田教室の他のコースと併用する場合は、月額4200円となります。
これからの時代、英語はコミュニケーションや情報収集に欠かせないものになるでしょう。
単純に海外旅行や移住などの役にもたちますね。
野村塾北野田教室は、今のうちに子供さんが英語の技能をアップさせるために最適な塾です。


誉田 進学塾 の関連情報
>第一支部:千葉市-6-
誉田進学塾 tel (043) 292-6830 住所 〒 266-0012 千葉市緑区おゆみ野 3-71-4 塾長名 清水 貫 最寄り駅 外房線 鎌取駅 徒歩5分 中学受験 進学塾 名古屋 進学塾
http://www.chuokai-chiba.or.jp/gakushu/membrs/
誉田進学塾
塾 名 誉田進学塾 Tel 043-292-6830 〒 266-0031 住 所 千葉市緑区おゆみ野3-31-8 塾長名 清水 貫 最寄り駅 JR外房線 鎌取駅 徒歩5分 高等 進学塾 つくば 進学塾
http://www.laplus.com/jac/juku/chiba/
Y.K.JASMEC Recruit Site
難関中学高校受験専門の進学塾の誉田進学塾グループは地域No.1の合格率を誇ります! … 名門中学高校への合格指導誉田進学塾グループを運営する 進学塾 千葉市 大学 進学塾
http://www17.ocn.ne.jp/~jasmec01/
誉田進学塾(ジュクワーク)
新卒正社員/キャリア採用正社員/チューター・担任助手 募集要項 … 進学塾 win 埼玉 進学塾
https://www.jukuwork.com/