昌清霊言=シルバーバーチ?

江原啓之さんの昌清霊言は作り物ではないかとの批判がありましたので
ちょっと調べてみました。
まず、
「スピリチュアリズムにおいては、
 霊界通信は必ず霊媒の語彙をもって語られるのは定説。
 それなのに昌清霊は古代語を用いているのでおかしい」
という批判についてですが・・・

“昌清霊言=シルバーバーチ?” の続きを読む

インフレ

インフレーションがこれから進んでいくと言う説があります。
あ、お金の価値が下がる「インフレ」のことです。
インフレーション宇宙の話じゃありません。
好景気に基づく、健全なインフレなら問題ありません。
実際現在の日本は景気を取り戻しつつあると言われていまして
インフレもその自然な反映に過ぎないと言う見方もあります。
しかし、そうは見ていない人もいます。

“インフレ” の続きを読む

Power for Living

無料といえばなんか宣伝を良くみかける、
「Power for Living」
ですねぇ。
まあ宣伝しまくっているのを見ると「怪しい」と思う人も多いでしょうが、
しかし世の中には損得勘定抜きの行為というのも多々存在することを忘れてはなりません。
というかそんなこと当たり前なのですが
あえて言わなければならないところは現代日本の悲しいところです。
まー、私の場合ヒルマン監督が出てるからという
単純な理由で・・・・・

“Power for Living” の続きを読む

昌清霊言は創作か?

江原啓之さん批判の中に、
書籍「スピリチュアルメッセージ」の内容、つまり昌清霊言は創作である、
というのがあります。
この批判は霊を信じない人々からなされたものではなく、
江原啓之さんと立ち位置を同じくするはずの
スピリチュアリストから発せられたものなので、
私としては気にしないわけにはいきません。
さて、批判の内容ですが・・・・・

“昌清霊言は創作か?” の続きを読む

スピリチュアリズムの本 無料

スピリチュアリズムの本で重要なものが3種類あるようです。
その3つとは、
・シルバーバーチの霊訓
・モーゼスの霊訓
・カルデックの霊の書
ということになっています。
ただ3つとも、絶版になっていたりして書店で入手するのは困難になっています。
困ったなぁ・・・・・と思っていたら。
ありましたよ。書籍内容全文掲載サイトが!

“スピリチュアリズムの本 無料” の続きを読む

紫外線

紫外線はお肌の敵です! ご存知かとは思いますが・・・・
ある説によりますと、
人間生まれてから60歳まで紫外線にまったく当たらなければ、
60歳になっても20歳の肌年齢でいられるそうです。
それくらい紫外線はお肌に悪いんですねぇ。
だいたいダニは紫外線で死にます。
ダニとはいえ生き物を殺すようなものですから、人間の遺伝子にとっても脅威になるわけです。
しかも!

“紫外線” の続きを読む

江原啓之批判

江原啓之さんを批判する人は当然いるでしょう。
きょうは面白い批判を見かけましたよ。
どんな批判かといいますと、
「江原啓之は太りすぎだ。しかも太りすぎの理由が
 憑依体質だから、なんて言っている!
 よって江原啓之は信用できない」
江原さんのボケに対するナイスなマジ突っ込みです。

“江原啓之批判” の続きを読む

エンジェルカード

霊能力なんて持っていませんよねぇ、普通。
「いや、誰にでもあるんですよ」
なんていう人もいますけど、
自分にもあるとはどうにも信じられませんよねぇ。
そんな凡人たる私は、この世を超えた存在からの
メッセージがほしいときには
道具に頼ります!
ゲームだって装備とかアイテムとかで強くなるじゃないですか。
あれです!(?)

“エンジェルカード” の続きを読む

生きがいの創造 決定版

飯田史彦さんの本ですが、誰にでもお勧めできるものだと思います。
「生きがいの創造」自体はすでに10年以上前に出版されたものですが、
この10年間版を重ねつつ売れ続けました。
そして2006年の後半に決定版が出版されました。
「生きがいの創造」に新たな研究成果を追加したり、
誤ったところは訂正や削除したりと、
飯田史彦さんは思い切った改変を加えたようです。
旧版を持っているにも関わらず、見つけ次第買ってしまいました。
なぜ私はこれほど飯田史彦さんの本に傾倒しているのか・・・

“生きがいの創造 決定版” の続きを読む

デスノートと死神

デスノートのお陰で、皆さん死神に慣れ親しんでしまいましたね。
え? そうでもないですか・・・
デスノートの死神、リュークっていう奴、
声優さんが中村獅童さんのせいか、そんなに悪いやつには見えません。
だいたい死神は善悪関係ない存在ですからね。
しかし!
悪を象徴する様々な兆候が見られるのです。
それは何か・・・

“デスノートと死神” の続きを読む