東大入試本番

東大入試は2日間にわたって行われます。文系の場合、国語と社会がそれぞれ150分、英語が120分、数学が100分という長丁場になります。長時間にわたって集中力を持続させうるということも、東大が求めている能力なのかもしれません。
さて、1日目は国語と数学だったと思いますが・・・・・・国語は予定通り進めることができましたので問題なし。出だし好調ですね。高校受験のころの私とは違います。精神状態も理想的なバランスが取れています。
次に数学ですね。東大文系の数学入試問題は、大問が4つあるだけです。それをレポート用紙のような解答用紙に解いていくというもの・・・・・・なのですが・・・・・・4つ問題を見ても、どれひとつとして正解までの道筋が見えてきませんでした。普通はここで慌ててしまって頭が真っ白になってもよさそうですけど、私は「自分にとって難しいのなら他の人にとってもそうなのだろう」と思って心を落ち着けました。そうして、わかるところからとにかく書いていくことにしました。たとえ正解にたどり着けなくても、部分点で1点でももぎ取っていく作戦です。結局のところ、1問も完答することができませんでした。
それでもやるだけのことはやったということで、落胆することもなく、その日はホテルに帰りました。ホテルに帰ったらまた例によって予行演習です。明日は社会と英語だ!
社会ですが、世界史はまあまあ予定通りできたといえるでしょう。しかし日本史の問題が・・・・・・みたこともないような問題でした。何を答えればいいのか、私の覚えたことをいくら検索しても出てきません。結局、問題に出ている文章と資料からわかることを最大限利用して、解答らしきものをでっちあげました。とにかくあきらめずに最後まで粘る、それだけです。
英語でいちばん気をつけなければならないのは時間配分でした。制限時間120分もあるのですが、それでも時間が足りなくなってしまうほど東大の英語は量が多いんです。逆に、時間配分さえなんとかなれば合格点は取れるかなという感じもあります。そしてこのときの私は時間配分をうまくやりおおせましたので、悔いはない入試本番ということになりました。
終わったときの解放感といったら!
人生最高の解放感かもしれません。
合格かどうかはまだわかっていなかったのですけどね。

東大入試前夜

文字通り夜というわけではありませんが・・・いや、夜も含むのですが・・・・・・。
やはり下見には行かなければなりませんね。この点東京に住んでいる人は非常に有利と言えます。気が向いたときに東大に行って、気持ちを高めることができますからね。
まあそれはおいておくとしまして・・・・・・。
下見の前に、ホテルをかわりました。新宿から渋谷へ。こちらのほうが駒場に近いですからね。しかし、渋谷は新宿よりもわかりづらかった! 見事に迷ってしまいました。途中で宗教の勧誘にもひっかかったりして・・・・・・まあ、いかにも田舎から出てきたばかりの私は、いいカモに見えたのでしょう。そこはなんとか脱出し、地図を確認しつつやっとのことでホテルにたどり着きました・・・・・・。
さて下見ですが、まず本郷に行ってみました。東大の専門課程で通うことになるキャンパスですね。こちらは試験会場にはなっていなかったのですが、やはり自分の気持ちを高める上でも見ておこうと思った次第です。思ったより駅から遠かったのでくたびれましたけど。
次にやはり試験会場の駒場キャンパスですね。入学してすぐに通うようになる場所です。本郷とは気持ちの盛り上がり方が違います。
それにしても駒場はいいですよね、駅のすぐ前です。京王井の頭線、渋谷から2つ目の駅ですね。「駒場東大前」。看板に偽りありません。ほんと、まん前。迷いようがない。むしろ渋谷駅で迷わないよう最大限注意ですね。
そして構内をしばらく歩きました。東大生のかたがちらほら歩いていましたが、それをみて、「ほら、同じ人間じゃないか、自分だってできる」なんて言い聞かせていました。
そしてホテルに戻ってやることといえば・・・過去問による予行演習、これです。このときのために手をつけずにおいた過去問1年分を、予行演習として解きます。それから簡単に復習できるものは復習し(このときにいやというほど繰り返した問題集が役に立つんです!)眠りにつくことにしました。
本番前夜ですので緊張してねむれないかなと思っていたのですけど、合格後の生活をあれこれ想像することで切り抜けました。

1点でも多くとるために

1点で何十も順位がかわってしまうのが入試です。つまり1点で合否が分かれるということです。当たり前といえば当たり前の話ですが、これは強く意識すべきです。学校の定期テストばかり念頭においていると忘れがちですので!
1点でも多くとるために最後まで粘る! これが合格のコツです。
まずは基本的なこととして、自分の実力で容易に解けるはずの問題はすべて解く、これが必要です。これだけで、合格最低点は超えてしまうということも多いのですから。その上で、もう少し難しい問題からも点をもぎ取っていきます。
こうなると勉強というより、ゲームに近い感覚になってきます。ゲームが好きな人は、テストをゲームだと思ってやると点が伸びるかもしれません。
話を戻しましょう。
解けるはずの問題はすべて解き、難しい問題から1点でももぎ取る、そのために最も重要なことは何でしょうか?
これはずばり、時間配分と解答順序です。
どの問題に何分かけるか、そしてどういう順番で解いていくか、です。これをはっきりさせるために、直前の過去問演習があるといっても過言ではありません。これを確立してから入試本番に臨めば、最初から有利な立場で戦うことができるでしょう。
それから・・・解けるはずの問題は全部解いたことを前提としての話ですが、ちょっとこれは難しいな、わからないな、という問題でもあきらめてはいけません。部分点を狙うことも十分可能です。現に私は、東大入試で数学の完答はゼロでした。つまり部分点だけで合格したということです。日本史では見たこともない問題が出ました。でも目の前に出されたものを最大限利用しつつ、解答用紙を埋めていきました。それがまた何点かになったのでしょう。
ですので、わからない問題でも、最後の最後まで投げ出してはいけません。

本番で緊張しないために

私が最も気を使ったのはこの部分でした。
なぜなら、高校受験は緊張しすぎたため実力の半分も出せなかったという苦い経験をしたからです。まあそれでも、競争率が1倍程度の田舎の県立高校ですので、内申書の助けもあってか合格はできたのですけどね・・・。
それはともかく、その失敗を反省し、まじめに努力したのがよかったのか、大学入試では角に緊張することはありませんでした。集中力を高められる、ちょうどよい緊張状態だったということです。多くの人が緊張して実力を出し切れない中、私は100%の実力を出し切れたわけですので、実力的に劣っていても合格できたというわけですね。私よりずっと優秀な人が、何人も不合格になっているはずです。
では本番で緊張しないための工夫とは?
最も効果が大きいのは「自分にできる最大限の準備をすること」です。この準備というのは直前の準備という狭い意味ではありません。もちろんそれも含みますが、私の場合、高校1年のころからすでに東大に合格すべく準備を進めていたのです。あとになって悔いが残らないよう、自分にできることはすべてやってしまおうという意気込みで進めてきたのです。
もちろん無理はいけませんが・・・・・・こうして最大限の準備をすることで、本番では落ち着いていられるようになったわけです。「あれだけやったのだからもう悔いはないな」と開き直ることで、本番ではベストの精神状態を維持できたわけです。

過去問はどう使う

過去問の使い方といういうのは人それぞれなんだと思いますけど、使用目的としては2つあると思います。
ひとつは出題傾向を知ることと、もうひとつは形式になれるための演習に用いること。私としましては、2つ目の目的のために主に利用したいと思っています。出題傾向に関しては、どんな分野が出やすいとか、どんな形式の問題が出やすいとか、過去問の最初のほうで説明されていることが多いですのでそれを読んでおけばいいのかなという感じです。
過去問のほうがやる気が出るからといって、過去問ばかりやろうとする人もいますけど、基本的な知識も身についてない状態でそれをやるのは時間の無駄です。なるべく過去問は直前の予行演習のためにとっておきたいところです。
たとえば10年分あるとしたら、早い時期に解くのは3年分くらいにして、あとは直前のためにとっておく感じですね。そのうち1年分は、入試前日の予行演習のためにとっておくといいでしょう。有名大学の場合は、その大学を意識した模擬試験とか予想問題もありますので、同形式の問題に触れやすいのですが、そうでもない場合はちょっと困るかもしれません。ただ、国立大学の場合は内容が似ていることが多いですので、受験しない大学の過去問をやるのもいいと思います。私立の場合でも、ぱらぱらと内容を見てみて、なんとなく似ているなと思えたら使ってみてもいいですね。
本番直前の時期に同形式の試験を繰り返しやっておけば、頭がその形式に最高に慣れた状態で本番に突入できますので、最初から有利に入試本番を進めることができます。時間配分だって試験前から決めていくことができますからね。スタートダッシュに格段の差がつきます。

社会の勉強法概観

社会といいますと、知識をひたすら身につけるというイメージがあります。これは正しいのですけどやり方を間違えますといくらやっても努力が報われない、ということになりかねません。
大量の知識を手に入れるためには、頭の中を整理しなければなりません。そこでおすすめなのは、まず全体像をつかんでしまうことです。これには学習マンガなどを活用するといいでしょう。これは中学生だけではなく高校生だってそうです。現に、私の東大受験のための世界史の勉強の第一歩は学習マンガを繰り返し読むことでした。
その上で知識、ということになりますけど、まずは教科書をしっかり読んでいきましょう。理解しつつ読んでいくことが大事です。そうして大事なところにしるしを付けていきます。しるしをつけることで次に読むときにどこが重要なのかわかりやすくしようというわけです。特に大事なことがまとめられているページは、隅を折ってしまってすぐに開けるようにしておきましょう。歴史の場合、年代の語呂あわせなどを書き込むといいですね。
そうして、混乱しないように、資料集や地図の類はいつもそばにおいておきましょう。混乱してきたら、年表や地図で、自分の位置を常に確認するということを忘れないように。
教科書を何度も読んだら、こんどは一問一答的な問題集に手をつけましょう。これは知識の穴を埋めていく感じですね。完璧になるまで繰り返します。
これだけのことをしっかりやって、その後過去問演習で形式に慣れれば、ほとんどの学校で合格点は取れることでしょう。

古文・漢文の勉強法

中学生の場合ですと、特に苦手意識を払拭するために学習マンガから入るというのが得策だと思います。高校生でも「実況中継」などで全体像をつかむところから入るといいでしょう。
中学生の場合ですと、あとは問題を解いていれば大丈夫ですね。
高校生の場合ですと古文なら、まずは文法を解説した参考書を繰り返して自分のものにするといいでしょう。そのあと、古文単語集を使って単語を覚えていきます。最近はイラストと語呂あわせを併用した覚えやすいものもありますし、昔ながらの例文タイプのものもあります。好みに応じてどちらを使用してもいいでしょう。
それから古文常識をまとめた参考書も読んでおくとよさそうですね。
漢文の場合は、頻出句法をまとめた参考書をしっかり繰り返しておけばよいでしょう。
ここまでやれば、古文も漢文もあとは問題演習ということになりますが。それは定期テストや模擬試験、それからセンターや二次の過去問演習で十分でしょう。

英語の勉強法概観

英語の勉強法といっても受験英語の話になります。
まずはやはり、基本的な例文を覚えていくというのが良いでしょう。それで使うといいのが、例文の中に重要な単語や熟語が多数ちりばめられているようなものですね。例文を覚えることで単語や熟語もおぼえることができるというもの。こういうものを使うと効率が良いです。
ただ、意味もわからず暗誦しようとすると挫折します。ですのでまず最初は、CDを聞きつつ音読をするのですけど、英文を覚えるというよりは、それをすぐに訳せるようになることを目指すべきでしょう。そのときに気をつけないとならないのは、なぜそういう訳になるのか、説明できなければならないということです。どの単語・熟語がどういう意味で、文の構造がどうなっているのか理解してなければならないということです。そうでなければただの日本文暗誦になってしまいます。
最初は大変かもしれませんけど、繰り返せば楽々こなせるようになっていきます。そしてそのレベルになれば、そのときには英語の成績も思った以上に上がっていることでしょう。たった1冊の例文集でも成績を上げることはできるんです。文の構造と意味がわかって、すらすら訳せるようになったら、今度はその英文を暗誦できるようにしましょう。
CDを聞きながら、というのもポイントですね。これでリスニング対策にもなります。
さて、例文集が8割以上できるようになったら(もちろんその後もチェックし続けて完璧を目指すのですが)、次は文法をおさえます。英文法が得意な人はいきなり英文法の問題集にとりかかってもいいでしょう。苦手意識がある人はわかりやすい解説書を何度か読んだあと、問題集を繰り返して完璧にするといいでしょう。
次に英語構文を解説した参考書で勉強しましょう。中学生の場合はそれは飛ばしてもいいかもしれませんが・・・。そのあと、長文読解の問題集を何度も繰り返すといいです。CDつきのやつで、問題を解くだけでなく聞きながら音読できるタイプがいいですね。
それと同時に、今度は例文タイプでない単語集や熟語集を買ってきてチェックします。これを使って覚えるため、というよりここまでやってきてもまだ知らない単語があるかもしれませんのでそのチェックをするためですね。
そして英作文の問題集にも取り掛かってみましょう。ここでは、最初にやった例文暗記が非常に役立つことになるでしょう。
以上が基本的な受験英語の勉強法ということになります。

英語

私がやった英語の勉強を紹介しましょう。
まず、前にも書きましたが、駿台文庫の基本英文700選は高一のときに手をつけて挫折しました。それ以来手をつけていません。
徹底的にやったものとしてはまずは同じく駿台文庫ですけど「英文法頻出問題演習」ですね。この文法編だけを徹底的に繰り返しました。すべての問題で即答できるまでやりました。
それから次に手をつけたのが「英文解釈教室」です。上記の「英文法頻出問題演習」もそうなんですけど、こちらも伊藤和夫さんが書いたもので当時の受験生のバイブルでした。もちろん、何度も繰り返しです。例文が出ていますが、それがすらすら訳せ、また文の構造がすべて説明できるようになるまで繰り返します。
次にまた同じシリーズですが「英語長文読解教室」。これも何度か繰り返しましたが上記「英文解釈教室」ほどではありません。
この辺までやったところで、英単語・熟語に手をつけることにしました。なぜこのタイミングかといいますと、実際の英文の中で単語は覚えていったほうがいいと思っていたからです。ですので上記の参考書の中で覚えていきました。それで足りない部分を単語集熟語集で補おうという考えです。
使ったのはこれまた当時の受験生のバイブルですが「試験に出る英単語」「試験に出る英熟語」ですね。言うまでもないことですが何度も何度も繰り返しです。10回以上繰り返しました。
さて、東大模試を受けてみた結果、英語では時間が足りなくなるというのがわかりました。そこで速読力を上げる必要を感じましたので、上記の参考書以外に、なにか英語長文が出ているものでいいものはないかと探した結果・・・駿台文庫の「英文解釈 その読と解」という本です。これも合格体験記で紹介されていたから使ってみたわけですけどね。この本は、受験参考書としては珍しく、読んで感動できる本だったことを覚えています。・・・・何に感動したのかは忘れましたけど、普通に大人が読んでもいい本だったと思います。
英語長文に関しては、自分で参考書を買ってやる以外にも、学校の教科書であったり教材であったり、模擬試験であったり、そういうところで何度も触れることになりますのでそれを最大限生かしていくというのも大事な読解訓練となりました。
あとは英文和訳ですね。これまた伊藤和夫さんですが、「英文和訳演習」ですね。これの上級編のみ使いました。いきなり上級編とは思い上がっているようですが、これまで勉強してきたことがありますので上級編でも大丈夫でした。
以上の勉強で、文法と長文読解、そして和訳に関しては自信満々だったわけですけど・・・・・・。
あとは英作文とリスニングですね。当時はヒアリングといっていましたけど。
英作文は、Z会の「英作文のトレーニング」という本を使いました。でも結局最後まで要領を得ませんでしたね。まあそれでも本番ではなんとか英文をでっちあげましたけど。英文法や英単語・熟語をいやというほど繰り返し勉強してきたのでそれができたわけです。
本来なら例文暗記をするのが最もよい方法だと思います。ただ、私は700選で挫折して以降、それを避けてきたわけですね。
それからリスニング。これも苦手でした。苦手なのはやっていないからです。ということでタイトルは忘れましたが語学春秋社の教材を買ってきて勉強しました。今ならこんな勉強法はとらないでしょう。それでも入試本番ではきっちり解答できたと思います。

日本史・世界史

東大入試では社会が2科目必要でしたので、私は歴史を2つ選ぶことにしました。単純に、歴史が好きだったのと、東大文一といえば法学部ですので歴史を学ぶことは大事だろうという判断からです。
ではまず世界史から。
もし、歴史でどちらかひとつを選ぶとすれば世界史を選ぶでしょう。
世界史なんて、世界に国がいっぱいあるのに、さらにその歴史を勉強するなんてやってられない!と思うかもしれませんけどそうではありません。範囲が広い分、浅くてすむわけです。ですので試験問題は日本史に比べると解きやすいものが多くなるわけです。
ということで世界史は私の得意科目でした。
やったことは単純極まりないことです。
まずは学習マンガを読みます。何回か読んで、世界史の全体像をつかみます。
教科書を何度も読みます。大事なところにはしるしを付けつつ読んでいきます。それから、大事な年代が出たら、そこに語呂合わせの暗記法を書き込んでいきます。混乱しそうななったら、資料集などの年表を眺めて頭を整理します。地名が出てきたらこれまた資料集で位置を確かめます。そうしながら、教科書を何度も読みます。
それと交互にやったのが一問一答問題集です。山川のものを使いましたけど、今はそれよりよいものがたくさん出ているようですね。これはもう、何度も何度も繰り返して、すべての問題に即答できるようにしていきます。
センター試験はこれだけで満点が取れました。その年の世界史は難しかったという評価でしたが、私にとってはどうということはありませんでした。
あと、東大入試といえば論述問題なのですけど、これは過去問での演習と、東大模試で書いてみたのと、それくらいですね。論述問題集にも取り組みましたけど、途中で投げ出しています。
東大入試本番でも楽に合格点は超えたと思います。
次に日本史ですが・・・・・・。
こちらはあまりエネルギーを使いませんでした。
年代暗記もやっていないですし、一問一答すらやっていないという状態でした。
では何をやったのかといいますと、まずは「試験に出る日本史」という本を何度も読みました。まあこれは、世界史でのマンガにあたるもので、ページ数も手ごろでしたので日本史の全体像をつかむために何度も読んだのです。
それから次に教科書を何度も読みました。これも大事そうなところにはしるしを付けつつ呼んでいきました。ただ、世界史のように語呂あわせを書き込んだりしていませんでした。それに理由があったわけではありません。単なる手抜きです。
こんななめたことをしていましたので、東大入試本番では苦労しました。どの問題を見ても「ああ、あのことを問われているのね」というひらめきがないのです。ですのでもう、問題に出ている文章や資料を最大限活用して考え、書ける限りのことを書いて終わり、という感じでした。おそらく、合格点には届いていないのではないでしょうか。でもいくらか点になったのでしょう。
数学の部分点作戦もそうでしたけど、入試本番では最後の最後まで投げ出さずにくらいつく、というのは大事なことのようです。