Top >  畑作 >  近郊農業と遠郊農業

近郊農業と遠郊農業

スポンサードリンク

大消費地の近くは野菜の出荷に有利なので、畑作が発達しやすいです。
これを近郊農業といいますね。
大消費地とは要するに大都市のことですよ。

大都市に近ければ何が有利なんでしょうか?
近いので、輸送に時間がかかりませんよね。
それで野菜の新鮮さを保ちやすいという利点があります。
それからもちろん輸送費も安くすみますよね。

逆に大消費地から遠いというのは最初から不利です。
遠郊農業といったりします。
遠郊農業は近郊農業と普通に勝負していたら負けちゃいます。
遠い分、輸送費が高くなり、それが野菜の値段に反映されます。
さらに新鮮さの点でも劣ります。
高くて新鮮ではないとなれば、近郊農業に勝てるわけはありません。

それじゃあどうすればいいのか?

近郊農業と勝負するのは避けます。
つまり、野菜の出荷時期をずらします。
近郊農業が出荷しない時期に遠郊農業は野菜を売るんです。
こうすれば、出荷量自体が少ない時期に売ることになるので
高い値段で売れて利益が増えます。

時期をずらしやすいのは、気候に特徴がある地域、
つまり暖かい地域と涼しい地域です。

冬でも比較的暖かいという地域では野菜のはやづくりをします。
これを促成栽培と言いますね。
まあ、暖かいといっても冬ですからビニールハウスや暖房も使うのですけど。
さて、促成栽培で有名なところには宮崎平野と高知平野があります。
特にピーマンやなす、きゅうりなどが有名ですね。

逆に夏でも涼しい気候の地域では野菜のおそづくりをします。
これを抑制栽培と言います。
抑制栽培をしているところとしては、高原の涼しい気候を利用している、
嬬恋村(群馬県)、野辺山原(長野県)が有名です。
嬬恋村ではキャベツが有名ですね。
9月ごろ東京に出回るキャベツの多くは嬬恋産です。
ちなみに近くに浅間山がありますね。
野辺山原ではレタスやはくさいが有名です。
こちらも近くに火山がありまして、八ヶ岳ですね。
昔は富士山より高かったという八ヶ岳です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 稲作か畑作か  |  トップページ  |  次の記事 畑作有名地域ピックアップその1  >