Top >  稲作 >  土地改良

土地改良

スポンサードリンク

品種改良だけでなく土地改良というのもあります。
ちょっと人間ってば自然を改造しすぎのような気もしますが。
人間まで改良し始めたりして。

それはさておき、
それまで決して生産力が高くなかった地域が、
現在は土地改良によって米作り日本一を争うようになっています。

一つ目は石狩平野。どこにあるでしょう? はい、北海道ですね。
石狩平野はその昔、泥炭地が広がっていたんです。
しかし泥炭地というのは農作物が育ちにくい土地なんですね。
これをなんとかしなきゃ米ができない!ってわけです。
そのためにどんな工夫をしたかといいますと、
「客土」ですね。
単純です。泥炭地の上に農業に向いたいい土をかぶせました。
この土は、ポンプでずーっと地下の方から吸い上げたそうです。
なんだか上と下がひっくり返ったようなイメージですね。

こうして石狩平野は土地改良をして、農業に向く土地に変えたのです。
しかしまだ障害はありますよね。
寒さ。これには品種改良などで対応したのでしたね。
洪水。石狩川は蛇行している、つまり曲がりくねっていますので
川がカーブするところで洪水がおきやすかった。
それで石狩川を工事して川筋をまっすぐに変えました。

土地も改良、稲も改良、川も改良。こうして石狩平野は米どころとなったのですね。
きらら397なんて品種が有名です。聞いたことあるでしょ。

さて、土地改良で有名な場所がもう一つ。越後平野です。
コシヒカリで有名な米どころですが、昔は米の生産は多くなかったようです。
越後平野に流れている川。わかりますか?
有名なところでは信濃川、そして阿賀野川があります。
両方とも国内では大河といっていいですね。

この2つの大きな川が流れている越後平野、
稲作に必要な水に恵まれているどころか水が多すぎたんです。
特に水が多くなるのは春ですね。なぜでしょう?
そうそう、雪解け水ですね。

ということで越後平野は水が多すぎて、水田には常時水がたまっていました。
こういう水田を「湿田」といいます。
水田というのは必要に応じて乾かすことができる「乾田」の方が
生産力が高いんです。しかも農作業もしやすいですね。
湿田じゃ、はまっちゃいますよ。

ということで越後平野も土地改良に着手します。
もう、地上に排水路を作るだけじゃ間に合わなかったので、
水田の地下に配水管を埋めちゃいました。暗渠排水(あんきょはいすい)と言います。
そこから余分な水には出て行ってもらうと。
そして、信濃川の水を分散させるために、河口をもう一つ人工的に造りました。
これを大河津(おおこうづ)分水路と言います。

こうして越後平野も米どころに生まれ変わることができました。

思えば、石狩平野も越後平野も、もともとは稲作に向いていなかったのに
いまでは米作り日本一を争うようになっているのですね。
努力と工夫によって。

スポンサードリンク

 <  前の記事 品種改良  |  トップページ  |  次の記事 減反政策  >