農業の時代!社会科学習のための農業解説

小学校の社会科で学習する稲作・畑作・畜産…農業について解説。試験にも出ます。

Top

新着情報【2007年09月】

日本人の食生活って戦後大きく変わっているんですよ。 あ、「戦後」という場合、「太平洋戦争後」という意味ですからね。 歴史の学習をした人ならわかるのでしょうけど。 さて。 戦前の日本人の食生活というと、いわゆる「和食」だったのですけど、 単にメニューが和風っていうだけじゃなかったんです。 あるものを特...

戦前までいわゆる和食だった日本人の食生活が、 欧米風に変わる時代がやってきます。 (欧=ヨーロッパ 米=アメリカ 欧米か!ってやつです) せっかく体にいい日本食を食べてきたのに わざわざ変えなくてもいいじゃないかと思いますが・・・ やっぱりアメリカ人がステーキとか食べているのを見ると 「あー、私もあ...

日本はもともと農業中心の国でした。 江戸時代は国民の8割以上が農業を営んでいましたし、 ほんの最近、1950年ごろも、日本人の半数くらいは 第一次産業(農林水産業)に従事していました。 しかし戦後の政治家さんは「農業中心ではイカン」と考えるんです。 なぜかというと、農業よりも工業やサービス業の方が ...

農業よりも工業やサービス業の方がもうかるらしいということで、 若い人たちは農村を離れて都会に旅立っていきました。 田舎に残されたお父さんとお母さんは、 跡継ぎになる自分の息子や娘が帰ってくる望みはなくても、 自分の土地で農業を続けました。 まだまだ若くて元気なころはそれでも農業をやっていけるんです。...

機械化貧乏 豊作貧乏

米というと日本人の食べ物というイメージですが、 そうなったのはほんの最近の話です。 ほんの2000年ちょっと前の話。 え? 最近じゃないって? いえいえ、それ以前の数万年は、日本人は稲作を知らなかったのですから。 稲は中国南部かインド北東部が原産じゃないかと言われています。 それがまず中国に広がって...

稲作の利点としては、稲作伝来の所でお話したとおり 他の作物に比べて収穫量が多いというのがあります。 摂取できる栄養が多いといった方がいいかな。 それ以外の利点としては、「水田」ですね。 水田というのは優れた耕地なんですよ。 日本人は2000年以上も稲作をやっていますけど、 普通は長い間同じ所で同じ作...

小学生だって農業できますよ。 学習の一環として、学校で稲を育てたり花を育てたりってありませんか? 私の小学校時代にもやりましたよ。 小学1年のときがあさがおの栽培でしょう、小学2年でひまわりの栽培、 それから小学3年で・・・えーと、へちまだったかな? 小学校でへちまを干して、たわしを作ったような記憶...

稲ってもともと暑い地方の植物でしたね。(稲作伝来の項) それで稲作が伝来したあと、日本に広まっていくのですけど、 だいたい東北地方南部の辺りで止まってしまいます。 東北地方をさらに北に行くと寒すぎるというわけです。 でも現在、米といえば東北地方ですよね。 日本で生産される米のうち4分の1は東北地方で...

品種改良だけでなく土地改良というのもあります。 ちょっと人間ってば自然を改造しすぎのような気もしますが。 人間まで改良し始めたりして。 それはさておき、 それまで決して生産力が高くなかった地域が、 現在は土地改良によって米作り日本一を争うようになっています。 一つ目は石狩平野。どこにあるでしょう? ...

太平洋戦争中から数十年間は日本の米はすべて政府が扱っていました。 これを食糧管理制度と言います。 太平洋戦争中にできた食糧管理法に基づいて 戦争中は米を国民に効率よく分配するために、 戦後は米の生産を増やすために 政府はこの制度を利用してきました。 敗戦後は食料が足りなかったわけですから、 政府は農...

よく米作りは「八十八の手間がかかる」と言います。 「八十八」から「米」という字ができたんだと。 聞いたことありませんか? ここでは、いつ農業を始めてもいいように!稲作の手順を説明しましょう。 日本の米倉、東北地方を例にとって見ますね。 まず米作りは種籾(たねもみ)選びから始まります。 東北地方では3...

田植えのあとはこまめな水の管理と雑草・害虫対策が続きますが、 6月の終わりごろになると「中干し」といって いったん完全に水を抜いて田んぼを乾かします。 これによって微生物から発生した土中の悪いガスを抜いてしまい、 同時に土が乾燥することで新鮮な空気が入ってきます。 そうすると稲の根が土中深くまでしっ...

日本人ですから良い土地をみつけたらまずは稲作ができないかなぁと考えるんです。 稲作に向いていない場合、それじゃあ他に何ができるかな?ということになります。 だから日本で畑作が盛んな場所には、内陸の扇状地とか火山灰の積もった台地が多いです。 火山灰地も扇状地も水もちが悪い土地ですので稲作には向かないん...

大消費地の近くは野菜の出荷に有利なので、畑作が発達しやすいです。 これを近郊農業といいますね。 大消費地とは要するに大都市のことですよ。 大都市に近ければ何が有利なんでしょうか? 近いので、輸送に時間がかかりませんよね。 それで野菜の新鮮さを保ちやすいという利点があります。 それからもちろん輸送費も...

北からいってみよ~! 北海道の十勝平野では、てんさい・じゃがいもが有名とお話しましたね。 ダイコンや、にんじん、たまねぎ、かぼちゃも多いです。 全部北海道が日本一ですね。 東北地方。 津軽平野ではなんといってもリンゴですね。青森はリンゴ日本一です。 最上川流域の山形盆地ではさくらんぼ(おうとう)と西...

近畿地方。 兵庫県、特に淡路島ではたまねぎが有名です。カーネーションも栽培しています。 あとは和歌山県のみかんと梅。梅は日本一です。 みかんは紀ノ川・有田川流域で栽培していまして、愛媛と日本一を争っています。 中国地方。 うーん。あんまり有名なのがないですねぇ・・・ 岡山県の桃やぶどうくらいでしょう...

畜産業とは、家畜を飼って家畜から農産物を得る農業です。 日本で主に飼われている家畜の種類を紹介しましょう。 数が一番多いのは鶏(にわとり)です。小さいですからね。 鶏は2種類に分けることができます。 ・採卵鶏(さいらんけい)・・・卵をとるための鶏 ・ブロイラー・・・・・・・・・肉用鶏 次に豚ですね。...

日本の農業の中で生産額が最も多いのは畜産物でしたね。 米よりも野菜よりも多いんです。 これには何の影響が大きいかというと・・・食生活の洋風化でしたね。 食べる量が増えれば作る量も増えるという単純な話です。 また、畜産物は自給率が高めです。 自給率というのは日本人が消費する量のうち 国内で生産できる量...

楽なわけはありません。 早朝から起きて夜遅くまで牛くんの世話をせねばなりません! さて。 酪農とは何か知ってますよね。 乳牛を飼って牛乳を生産する農業です。 どこが有名でしょう? そうですね、やっぱり北海道ですよね。北海道の根釧台地。読めます? 「こんせんだいち」ですよ。 根室の「根」と釧路の「釧」...