農業なんてオクレテル~とか思っていませんか?
情報技術全盛の時代ですからそう思うのも無理はありませんが、
農業は国民にとって大事な産業です。
それを軽視してきた結果、日本の食糧事情は現在どうなっているのでしょう?
農業を大事にしない国は滅びますよ。
だからいまこそ農業に注目すべきなんです。

例えば戦後間もなくのころは、
働く日本人のうちおよそ半分が第一次産業に従事していました。
働いている人のうち二人に一人くらいはお百姓さんだったということです。
食料自給率だって8割を超えていたこともありました。
しかし、1960年代ごろから次第に変わってきます。
国の政策として、重化学工業の発展に力を注いだのですね。
その政策自体はうまくいって、確かに重化学工業は発展しました。
なんと生産額は10年で3倍に。いわゆる高度経済成長期です。
しかし工業が発達するには工場で働く人が必要ですよね。
その人たちはどこから来たのでしょう?
そう、農村から来たわけです。
この時期、若い人を中心に、仕事を求めて田舎から都会へと人口が移っていきます。
その結果、農村では跡継ぎがいなくなっていくわけです。過疎化ですね。
こうして日本の農業は衰退していくわけですが・・・
このことは食糧問題以外にも深刻な問題を惹き起こしています。
少子化と、高齢者の介護の問題です。
農業を中心としていたころは、田舎で大家族で暮していた人が多かったのです。
ということは若い女性でも安心して子供を生むことができたことを意味します。
自分が仕事で忙しくても、大家族ですから他に誰か面倒を見てくれる人が必ずいました。
それに、子育てで悩んだとしても、相談に乗ってくれる人は周りにたくさんいたわけです。
高齢者の介護にしたって、
大家族のみんなでおじいちゃんおばあちゃんの相手をするのですから、
今のように一部の人に負担が集中することはなかった。
そういう昔ながらの助け合いの仕組みを、日本は農業とともに壊してしまったのです。
豊かになるために努力してきた結果ですから、皮肉なものですけど・・・。

農業の時代!社会科学習のための農業解説

小学校の社会科で学習する稲作・畑作・畜産…農業について解説。試験にも出ます。

農業の学習 目次

農業と食料

食生活の洋風化 日本の農業の衰え 農業就業者の高齢化 機械化貧乏? 農業しよう!

稲作

品種改良 土地改良 減反政策 稲作の手順3月~5月 稲作の手順6月~10月

畑作

稲作か畑作か 近郊農業と遠郊農業 畑作有名地域ピックアップその1 畑作有名地域ピックアップその2

畜産業

畜産業の種類 畜産物の生産 酪農は楽農?