Top >  リフティング >  リフティングに慣れてきたら…

リフティングに慣れてきたら…

今度は手でボールを投げて開始するのではなく
足でボールを上げてみたいですね。

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


たとえば足をボールの上に乗せて、
それからそれを引いてボールにバックスピンをかけて、
足の甲に乗せる。

そのまま膝の高さより上まですくい上げて、
ボールを両手でキャッチ。

慣れてきたらここからリフティング開始できますね。

足の甲に乗せた時点でバランスをとり、
そのままボールを落とさないように維持する
というのもボールになれるためのよい訓練になります。
10秒以上を目標にやってみましょう。


次は両足でボールをはさんでそのままジャンプして
ボールを浮かせ、それを体の前でキャッチしてみましょう。
足首の内側、くるぶしのところでしっかり挟んでジャンプします。

これも慣れてくると、ボールを浮かせてそのままリフティングに入れます。

体の前ではなく後ろにボールを浮かせて、
上半身をひねってキャッチ、というのも楽しいですね。


 <  前の記事 サッカーの基本動作  |  トップページ  |  次の記事 リフティングのコツ 初心者の場合  >