Top >  リフティング >  リフティングのコツ 初心者の場合

リフティングのコツ 初心者の場合

リフティングはボールになれるために行うものですね。
だからリフティングがうまいからといって
サッカーがうまいとは限りません。

プロのサッカー選手よりリフティングがうまい
アマチュアの人はいくらでもいますからね。

それを前提とした上で・・・・・・

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


まずはボールを軽く上に投げて
それを足首を伸ばして足の甲で真上にける、
という練習をするといいでしょう。

真上に上げるというのがポイントですね。
連続でやるのではなく、一回けったらバウンドさせて
それからまた蹴る。

または一回蹴っただけで両手でキャッチしてしまう。

とにかく真上に上げるのが大事です。
これで次第に慣れていけば、
だんだんと連続でリフティングできるようになります。

あとは
リフティングの中でさまざまなキックを練習してみるといいですね。

インステップや、インサイド、アウトサイドなど。
それから太ももや肩、頭も。
頭でやるときは目をつぶらないよう、ボールをしっかり見るよう注意ですね。

ボールをよく見ることと真上に上げることを意識していれば
回数をこなすことですぐにうまくなっていきます。

 <  前の記事 リフティングに慣れてきたら…  |  トップページ  |  次の記事 サッカーの天才になるために  >