Top >  コツ >  突破のドリブルのコツ

突破のドリブルのコツ

ドリブルで相手を抜こうという場合、
ギリギリまで近づいたところでフェイントを入れ、
相手の動きの逆をつこうというイメージがあります。

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

ところが海外の選手は、
ギリギリまで近づく前からフェイクの動作を入れていることが多いようです。

そしてそのまま敵ディフェンダーに接近していきます。
なるべく速度を落とさないようにしながら。

そうすると、相手はフェイクに惑わされつつ
かつ後ろ向きのまま素早く後退させられることになります。

ここでポジショニングに偏りができたり体勢が崩れたりして
抜き去りやすくなるというわけですね。

つまり相手に接近した時の意識が違うということです。
接近したところでフェイントを入れて逆を突こうという意識でなく
フェイントで相手を混乱させつつ接近し、
相手を後退させることで崩れを誘う、という感じでしょうか。

もしこちらが十分な速度をもって相手に接近したら、
相手は後ろ向きのままではこちらに追いつけないと考えますので
向きを変えるかもしれません。こちらと同じ方向に。

その向きを変える瞬間は、こちらから見れば
相手の背後を取るチャンスということになりますね。


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

 <  前の記事 メッシ ドリブルの秘密  |  トップページ  |  次の記事 サッカーの基本動作  >