Top >  キックの技術 >  アウトフロントキック

アウトフロントキック

アウトフロントキックは名前のとおり、
足の甲の外側寄りの部分で蹴ることですね。

例えば右足で、右斜め前にボールを蹴りたいときに
便利な方法です。

また、シュート回転をかけてボールを曲げることもできますね。

こんなふうに。

このシュートはすごいですね。

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


軸足を踏み込む位置は、インステップキックよりややボールから
離れた位置になります。
また、真横よりも少し後ろに踏み込みます。
軸足のつま先は蹴る方向に対して少し外側を向きます。

バックスイングは股の開きよりも膝の動きを意識して行います。
このとき足首を固定してつま先はやや内側を向きます。

その後蹴るのですが、アウトフロントキックの難しいところは
ボールの飛ぶ方向と蹴りぬく方向が違うということですね。

蹴る方向は軸足のつま先が向く方向と同じです。
そして蹴り足のつま先をボール中央の真下よりも
やや左にずれた部分と地面との間に入れる感じで蹴ります。

というように・・・・・
細かいキック理論はあるわけですけど、
そういうことにこだわらないほうがいいというのが
この方法なんですね。


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

 <  前の記事 インフロントキック  |  トップページ  |  次の記事 インサイドキック  >