Top >  キックの技術 >  インステップキック

インステップキック

インステップキックというのは
足の甲でボールの芯をとらえるキックですので
最も強いボールをけることができますね。

足の甲で蹴るわけですから、
もっとも身につけやすいのではないかと思えますけど、
実際はそうでもないようです。

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


つよいボールをけるためには
筋力も大事ですけど、きちんとボールをとらえる技術が特に大事なんですね。
正しいフォームというのでしょうか・・・・・

軸足を踏み込む、軸足の膝は柔らかく保つ。
そしてボールの中心をとらえる。
インパクトの瞬間は足首を固定する。

そういったことになるでしょうか。

軸足はボールの真横に踏み込むわけですけど
このときどれくらいボールからはなせばいいのでしょうか?

これについては、
自然に立っているときの足の幅くらいがちょうどよいと言われています。
ただ、自分で試してちょうど良い距離はつかんでいくべきなのでしょう。

軸足のつま先は蹴る方向に向けます。

そして蹴り足のバックスイング。
足首を伸ばした状態で固定して、膝から下を後ろに振り上げるわけですね。
同時に胸を張ってパワーを蓄え、それから蹴るということになります。

力んでしまうと拮抗筋が働いてしまって
かえって強いキックができなくなりますね。
また、ボールの中心をはずしてしまう原因にもなります。

あとはフォロースルーですね。
ボールの飛んでいく方向に蹴り足をふりぬくということになります。

少年サッカーの場合、
子供ですので足首をねんざしたりしやすいですから
注意が必要ですね。

 <  前の記事 少年サッカーの指導  |  トップページ  |  次の記事 インフロントキック  >