Top >  郵便の歴史 >  近代郵便

近代郵便

ヨーロッパでは16世紀から、
一般の人が使えてしかもヨーロッパ中に手紙を送れるような
仕組みが出来上がったという話でしたね。

でも今と違って切手はなかったし、料金は受取人が払います。
しかも高かったそうですよ。
平均すると人一人の一日の収入の4分の3ほどの金額だったそうです。
現在のサラリーマンの平均年収が400万円くらいですから
1日にすると11000円くらいですね。
その4分の3・・・8000円ちょっとということになります。
手紙を送るのに8000円。払う気になります?

では、現在のような全国一律、料金は重さで計算、
差出人による料金支払い、という仕組みになったのはいつなのでしょう?

以前、産業の発達が郵便制度の必要性を高めたとお話しましたけど、
現在につながる郵便制度、「近代郵便」を生み出したのは、
「世界の工場」イギリスでした。

イギリスはここです。
イギリス
(地図:ウィキペディアより)

産業革命を達成した後の19世紀前半のイギリスで
ローランド・ヒルという政治家が提案したようです。
「全国一律・低料金、差出人による料金の支払い」
そしてイギリスにおいて、世界で初めての切手が発行されます。
世界初のポストもイギリスで設置されるんですね。

そしてこのイギリスの郵便制度を取り入れたのが、
他でもないわが国、日本なんです。

 <  前の記事 飛脚  |  トップページ  |  次の記事 日本近代郵便の父  > 


入試に出る郵便制度のお話