TOP >> 東大入試本番

東大入試本番

東大入試は2日間にわたって行われます。文系の場合、国語と社会がそれぞれ150分、英語が120分、数学が100分という長丁場になります。長時間にわたって集中力を持続させうるということも、東大が求めている能力なのかもしれません。

さて、1日目は国語と数学だったと思いますが・・・・・・国語は予定通り進めることができましたので問題なし。出だし好調ですね。高校受験のころの私とは違います。精神状態も理想的なバランスが取れています。

次に数学ですね。東大文系の数学入試問題は、大問が4つあるだけです。それをレポート用紙のような解答用紙に解いていくというもの・・・・・・なのですが・・・・・・4つ問題を見ても、どれひとつとして正解までの道筋が見えてきませんでした。普通はここで慌ててしまって頭が真っ白になってもよさそうですけど、私は「自分にとって難しいのなら他の人にとってもそうなのだろう」と思って心を落ち着けました。そうして、わかるところからとにかく書いていくことにしました。たとえ正解にたどり着けなくても、部分点で1点でももぎ取っていく作戦です。結局のところ、1問も完答することができませんでした。

それでもやるだけのことはやったということで、落胆することもなく、その日はホテルに帰りました。ホテルに帰ったらまた例によって予行演習です。明日は社会と英語だ!

社会ですが、世界史はまあまあ予定通りできたといえるでしょう。しかし日本史の問題が・・・・・・みたこともないような問題でした。何を答えればいいのか、私の覚えたことをいくら検索しても出てきません。結局、問題に出ている文章と資料からわかることを最大限利用して、解答らしきものをでっちあげました。とにかくあきらめずに最後まで粘る、それだけです。

英語でいちばん気をつけなければならないのは時間配分でした。制限時間120分もあるのですが、それでも時間が足りなくなってしまうほど東大の英語は量が多いんです。逆に、時間配分さえなんとかなれば合格点は取れるかなという感じもあります。そしてこのときの私は時間配分をうまくやりおおせましたので、悔いはない入試本番ということになりました。

終わったときの解放感といったら!
人生最高の解放感かもしれません。

合格かどうかはまだわかっていなかったのですけどね。