TOP >> 本番で緊張しないために

本番で緊張しないために

私が最も気を使ったのはこの部分でした。

なぜなら、高校受験は緊張しすぎたため実力の半分も出せなかったという苦い経験をしたからです。まあそれでも、競争率が1倍程度の田舎の県立高校ですので、内申書の助けもあってか合格はできたのですけどね・・・。

それはともかく、その失敗を反省し、まじめに努力したのがよかったのか、大学入試では角に緊張することはありませんでした。集中力を高められる、ちょうどよい緊張状態だったということです。多くの人が緊張して実力を出し切れない中、私は100%の実力を出し切れたわけですので、実力的に劣っていても合格できたというわけですね。私よりずっと優秀な人が、何人も不合格になっているはずです。

では本番で緊張しないための工夫とは?

最も効果が大きいのは「自分にできる最大限の準備をすること」です。この準備というのは直前の準備という狭い意味ではありません。もちろんそれも含みますが、私の場合、高校1年のころからすでに東大に合格すべく準備を進めていたのです。あとになって悔いが残らないよう、自分にできることはすべてやってしまおうという意気込みで進めてきたのです。

もちろん無理はいけませんが・・・・・・こうして最大限の準備をすることで、本番では落ち着いていられるようになったわけです。「あれだけやったのだからもう悔いはないな」と開き直ることで、本番ではベストの精神状態を維持できたわけです。