TOP >> 過去問はどう使う

過去問はどう使う

過去問の使い方といういうのは人それぞれなんだと思いますけど、使用目的としては2つあると思います。

ひとつは出題傾向を知ることと、もうひとつは形式になれるための演習に用いること。私としましては、2つ目の目的のために主に利用したいと思っています。出題傾向に関しては、どんな分野が出やすいとか、どんな形式の問題が出やすいとか、過去問の最初のほうで説明されていることが多いですのでそれを読んでおけばいいのかなという感じです。

過去問のほうがやる気が出るからといって、過去問ばかりやろうとする人もいますけど、基本的な知識も身についてない状態でそれをやるのは時間の無駄です。なるべく過去問は直前の予行演習のためにとっておきたいところです。

たとえば10年分あるとしたら、早い時期に解くのは3年分くらいにして、あとは直前のためにとっておく感じですね。そのうち1年分は、入試前日の予行演習のためにとっておくといいでしょう。有名大学の場合は、その大学を意識した模擬試験とか予想問題もありますので、同形式の問題に触れやすいのですが、そうでもない場合はちょっと困るかもしれません。ただ、国立大学の場合は内容が似ていることが多いですので、受験しない大学の過去問をやるのもいいと思います。私立の場合でも、ぱらぱらと内容を見てみて、なんとなく似ているなと思えたら使ってみてもいいですね。

本番直前の時期に同形式の試験を繰り返しやっておけば、頭がその形式に最高に慣れた状態で本番に突入できますので、最初から有利に入試本番を進めることができます。時間配分だって試験前から決めていくことができますからね。スタートダッシュに格段の差がつきます。