TOP >教育・学習> いざ、入試本番

いざ、入試本番

入試本番がどんな感じだったか、イメージできると何かの役に立ちそうですのでこれも記しておきましょう。

まず私は地方在住でしたので、東京に出るというだけでも緊張するんですね。しかも東京なんて、修学旅行でちょっと来ただけですので、一人で出てくるなんて非常に不安なんです。まあしかし、それは仕方ないですね。

新幹線に乗って6時間くらいかかったでしょうか、東京駅にたどり着きました。新幹線はありがたいですね。夜行列車とかだと大変ですよ。それはさておき、そこから駅内の表示を見つつ中央線を探し、新宿へ移動です。

新宿駅自体非常に広くて田舎者の私には信じられませんでしたが、ここは慎重にならねばなりません。どこを歩けばいいのか、確認しつつ西口に出て、地図を見ながら予約したホテルに向かいました。このホテルからまずは、併願している早稲田大学の受験に向かうということです。

その日はそれで休み、翌日には下見に出かけました。まずは早稲田大学ですが、新宿駅から山手線に乗って高田馬場駅へ、そこからは徒歩で移動しました。地図を見ながらの移動でしたが、迷うこともなくたどり着けました。入試が行われる予定の建物を確認して帰ります。

その日は東大の下見には行かず、翌日の早稲田入試のための準備です。

準備といっても過去問を1年分、予行演習として解くだけです。ちなみにこの過去問1年分というのはこのときのために手をつけずにとっておいたものです。初見で解いてみなければ予行演習にはなりませんからね。