TOP >教育・学習> 数学の勉強法概観

数学の勉強法概観

数学といいますとひらめきが必要なんじゃないかと思われるかもしれません。それはある意味正しいわけですけど、決して天才的ひらめきという意味ではありません。そんなのが必要なのは学者さんレベルでの話でしょう。受験数学には関係のないことです。

受験数学で必要とされるひらめきというのは、目の前にある問題を見て、ああこの問題はあの解法を使えば解けそうだな、と思い出すことです。つまり、いかに知っている解法と試験問題とを結びつけることができるか、それだけのことです。

ですのでやるべきことは、試験頻出の解法パターンをしっかりと身につけることですね。しっかりと身につけるというのは、いつでもスムーズに引き出せるようにしておくということです。

あと数学の場合、ひらめきとは別の地味な力が必要とされます。計算力ですね。試験には単なる計算問題が出題されることもありますし、問題を解く上で計算というのは必要不可欠なものでしょう。このへんは国語における漢字と似ていますね。

また、数学の勉強をしていく上でも、計算が得意なのとそうでないのとでは進度に大きな差ができてしまいます。ですので数学の勉強を始める場合、まずは計算練習から、というのがセオリーとなるでしょう。計算練習を徹底的にやって、そのあと解法パターンの習得に入ります。

解法パターンを身につけることができたらあとは問題演習をしていけば数学は大丈夫ですね。