TOP >教育・学習> 現代文の勉強法

現代文の勉強法

現代文に関しては、勉強して成績が上がるものなのか?と思っている人もいることでしょう。高校時代の私がそうでしたので。でもこれは、勉強すれば成績は上がる、と言ってよいでしょう。

現代文の成績が悪いという場合、主な原因は3つ考えられます。

一つ目は語彙力不足。つまり知っている言葉が少ないということですね。日本人なんだから日本語くらい知ってるよ!なんて油断していると足元をすくわれます。

二つ目として、試験問題を解く作法を知らない、ということが挙げられます。現代文は日常の読書とは違って、自分流に解釈してはいけないわけです。現代文なんて、もともといろんな解釈が可能なものなのですけど、試験においては、出題者が正解とすることが唯一正しい解釈ということになります。
ということは設問は、ちゃんと答えが出るように作ってあるはずで、その答えの根拠は問題文中にあるはずなんです。逆に、問題文に書いていないことを根拠に答えを出してはいけないんです。自分の考えで答えを選んではいけないんです。もちろん「自分の考えを書きなさい」という問題なら話は別ですけど。

三つ目として、文章を読むのが遅いということが考えられますね。ただこれは、音読訓練をしたりたくさんの文章に触れることで改善されていきます。

ということですので、現代文は以上のことを意識すれば成績が上がるということになります。一つ目に関しては単純ですね。漢字その他の重要語を覚えればいいだけです。誰でもできます。二つ目に関しても、最近は現代文読解テックニックに関するよい参考書がたくさん出ています。三つ目に関しては、一つ目二つ目の絵bん京をしていく過程で自然に多くの文章に触れることになるでしょうから改善されていきますし、さらに問題演習を重ねていけば合格レベルに達することでしょう。

以上に加えて、特に中学生の場合、文法問題などは知識問題ですし、常識で考えても解けるものが多いですから恐れることはありません。