TOP >> 日本史・世界史

日本史・世界史

東大入試では社会が2科目必要でしたので、私は歴史を2つ選ぶことにしました。単純に、歴史が好きだったのと、東大文一といえば法学部ですので歴史を学ぶことは大事だろうという判断からです。

ではまず世界史から。

もし、歴史でどちらかひとつを選ぶとすれば世界史を選ぶでしょう。
世界史なんて、世界に国がいっぱいあるのに、さらにその歴史を勉強するなんてやってられない!と思うかもしれませんけどそうではありません。範囲が広い分、浅くてすむわけです。ですので試験問題は日本史に比べると解きやすいものが多くなるわけです。

ということで世界史は私の得意科目でした。

やったことは単純極まりないことです。
まずは学習マンガを読みます。何回か読んで、世界史の全体像をつかみます。

教科書を何度も読みます。大事なところにはしるしを付けつつ読んでいきます。それから、大事な年代が出たら、そこに語呂合わせの暗記法を書き込んでいきます。混乱しそうななったら、資料集などの年表を眺めて頭を整理します。地名が出てきたらこれまた資料集で位置を確かめます。そうしながら、教科書を何度も読みます。

それと交互にやったのが一問一答問題集です。山川のものを使いましたけど、今はそれよりよいものがたくさん出ているようですね。これはもう、何度も何度も繰り返して、すべての問題に即答できるようにしていきます。

センター試験はこれだけで満点が取れました。その年の世界史は難しかったという評価でしたが、私にとってはどうということはありませんでした。

あと、東大入試といえば論述問題なのですけど、これは過去問での演習と、東大模試で書いてみたのと、それくらいですね。論述問題集にも取り組みましたけど、途中で投げ出しています。

東大入試本番でも楽に合格点は超えたと思います。


次に日本史ですが・・・・・・。
こちらはあまりエネルギーを使いませんでした。
年代暗記もやっていないですし、一問一答すらやっていないという状態でした。

では何をやったのかといいますと、まずは「試験に出る日本史」という本を何度も読みました。まあこれは、世界史でのマンガにあたるもので、ページ数も手ごろでしたので日本史の全体像をつかむために何度も読んだのです。

それから次に教科書を何度も読みました。これも大事そうなところにはしるしを付けつつ呼んでいきました。ただ、世界史のように語呂あわせを書き込んだりしていませんでした。それに理由があったわけではありません。単なる手抜きです。

こんななめたことをしていましたので、東大入試本番では苦労しました。どの問題を見ても「ああ、あのことを問われているのね」というひらめきがないのです。ですのでもう、問題に出ている文章や資料を最大限活用して考え、書ける限りのことを書いて終わり、という感じでした。おそらく、合格点には届いていないのではないでしょうか。でもいくらか点になったのでしょう。

数学の部分点作戦もそうでしたけど、入試本番では最後の最後まで投げ出さずにくらいつく、というのは大事なことのようです。