TOP >教育・学習> 繰り返しの実際

繰り返しの実際

何度も何度も繰り返すということを前のページで欠きましたが・・・
完璧になるまで繰り返す

そんなに繰り返す時間がない・・・と思った人もいるかもしれません。でもやってみればわかりますが、繰り返せば繰り返しただけはやくなりますので心配は要りません。

1冊の問題集をやるのに、最初は3日かかったとしましょう。でも2回目はそれが2日で終わるようになり、3回目は1日で終わるようになります。4回目は5時間くらいで、5回目は2時間くらいで、それ以降は1時間以内に見直しができるように・・・・・という感じになります。

何回も繰り返していますと、わかりきっている問題というのも出てきますので、その部分はあっという間に確認することができるんですね。それで、わかりにくい部分だけしっかりみていくことになりますが、しっかり見る時間も回数を重ねるごとに短縮されていきますので、問題集をこなすスピードがどんどんはやくなっていきます。

しかも、長い時間をかけて苦しみつつやった1回目より、楽々こなした5回目のほうが、成績をあげる効果が大きいわけですので、繰り返しというのはやらなければ損、というレベルではなく受験勉強には必須といえるでしょう。最大のコツといってもいいかもしれません。