TOP >教育・学習> 書店が好き

書店が好き

今でもそうなんですけど、高校生のころから書店が好きでした。それで、当時はといえば、書店に入ったらまっすぐ参考書・問題集のコーナーに行って、そこでいろいろ見て、そうしてほかのものは一切見ずに帰る、というパターンでしたね。

あのころ、よい参考書や問題集はどうやって選んでいたのかといいますと、インターネットなんてもちろんない時代ですので、合格体験記で見たものか、あとは自分で書店で吟味するしかありませんでした。私の場合は、合格体験記を読んで、多くの人が進めているものを選ぶ、という場合がほとんどでしたね。

自分で選んでいますと、あれもよさそう、これもよさそう、となりまして、いろんなものに手をつけてしまうことになってしまいがちです。でもそれって成績が上がらないパターンなんですね。

あとは私のような人間が陥りやすいパターンとしては、「参考書・問題集マニア」になってしまうこと。あれはいいこれはダメとか、参考書の評価ばかりしてその内容には手をつけていないのでは、受験生の本分を忘れているとしかいえませんよね。極端な話、あれこれ選んでいる暇があったら、どれでもいいから問題集を買ってきて、それを何回も繰り返して完璧にしたほうが成績は上がります。