TOP >教育・学習> 高校受験

高校受験

高校受験といいましても、田舎の県立高校を受験するわけです。競争率が1.1倍にも満たないようなところ。しかも受ける前から受かりそうなところを先生と相談して決めるわけです。ですので、必死で勉強したというわけではありませんでした。

とりあえず、なんとかなるんじゃないかと思っていましたので・・・なんと、定期テストと同じように考えて、1週間しか受験勉強しなかったのです。しかしこれによって私は大きな教訓を得ることになります。

どういうことかといいますと・・・やはり1週間しか勉強していませんでしたので当日になって非常に不安になったのです。自業自得なのですけどね。まったく、受験生の中で最初に受験校のトイレに行ったのが私ですよ。

また、試験中も・・・緊張のせいで普段ならわかるようなことがわからなくなってしまったんです。それまではまさか自分がそういう状態になるなんて思ってもみなかったことなんですけどね。

それで、ここで得た教訓というのは・・・・・・

まずは、自分にできる限りの努力はしておくべきだということですね。そうしないから本番で不安になってしまう。緊張してしまう。できる限りのことをしておけば、そのことが自身になります。また「もうやるだけのことはやったんだから」と、いい意味で開き直れます。これがひとつ。

もうひとつは、知識というのは徹底的に叩き込まないと役に立たないということです。「こんなの簡単」と知ってるつもりになっていては危険ということです。高校受験時の私のように、緊張によって容易に消し飛んでしまう。ですので「使える知識」を獲得するには、徹底的に繰り返して、反射的に出てくるくらいにしておかなければダメなんだと考えるようになりました。それくらいでなければ、本番の緊張状態では役に立ってくれないということです。