TOP >教育・学習> 中学生のころ

中学生のころ

小学生のころはさっぱりだったのですけど、中学生になるとすこしかわってきました。いやもちろん、放課後は勉強よりもクラブ活動に時間を使っているというごく普通の中学生だったのですけど。

それで、何が変わってきたのかといいますと、中学生になると定期テストというのがあるのですよね。中間テストと期末テスト。それで、テスト前になると、日程表みたいなものを渡されるわけです。で、まがりなりにも自分で計画を立ててテスト勉強というものをするようになったんです。

もちろんこれは、日ごろ部活ばかりで勉強してないからやばいんじゃないかな、と思っていたからなんですね。ですので、短期集中で勉強することになります。

それで、計画としてはごく大雑把なものなんですけど、これによってそれなりの結果が出たんですね。勉強法としてはお粗末なものかもしれませんが、いちおうやれば結果が出るんだというのをつかめたのが大きいと思います。

でも、テスト直前しか勉強しないわけですので、「効率的な勉強」というのは強く意識していたのだと思います。このころからそれを意識できるようになったのは大きいですね。このころ思っていたことといいますと、ノートをきれいに作っている人を見て、「うわ、よくこんな面倒なことできるな、時間ばかりかかって大して実にならないのに・・・」ということでしたっけ。

ということから考えますと、「面倒くさがり」という一見短所でしかないような性格が、「面倒くさがり」ゆえに「効率的な勉強法」をつきつめることができたということで、長所にもなりうることがわかります。