TOP >書籍レビュー> できる人の勉強法

できる人の勉強法

本日は安河内哲也さんの
「できる人の勉強法」
の紹介です。

安河内さんというと大学受験予備校の先生という
イメージがありますが、
この本は社会人にも役立つ内容になっています。

読んでみて感じたのは、
優れた勉強法というのは
単純なものなんだということですね。

ポイントは優れた参考書なり問題集なりを
徹底的に繰り返すこと。

あれこれと手を出すのは結果の出ない勉強法です。

また、挫折しないために
自分のレベルから見て簡単に思えるものから
手を出すこと。

それを繰り返して、完璧にしてから
次のものに手を出すというわけですね。

それからノートにこだわる人がいますが
あれは時間とエネルギーの無駄です。

ノートを作ることだけで力を使い果たして
肝心の内容は頭に入っていないというわけです。

これも、長時間勉強しているのに結果が出ない
典型的なパターンですね。

以上のことは私が東大文一に合格したときの勉強法と
同じですので、個人的には大いに納得できました。

あとは安河内さんが勉強で気をつけるべきこととして

「おけのきも」

なんて言葉が出てきます。

「お」・・・音読すること
「け」・・・健康に気をつけること
「の」・・・能率重視
「き」・・・興味の維持
「も」・・・目標を設定すること

結果を出すためには
こういうことに気をつけながら
勉強しましょうということです。

【送料無料】できる人の勉強法

【送料無料】できる人の勉強法
価格:1,365円(税込、送料別)