TOP >書籍レビュー> ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

あなたも聞いたことあるかもしれません。

断捨離。

「ようこそ断捨離へ
 モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術」

やましたひでこさんの本です。

断捨離という言葉からして
仏教っぽいのかなと思ったら
やましたさんはこれをヨガで学んだそうです。

単なる家のお片付けの本かなと
思う人もいるかもしれませんが
大事なのはその向こうにある心の整理ですね。

「断」とは無駄なものが入ってこないようにすること。

「捨」とは無駄なものは捨てること。

「離」とは物から離れること。

これらすべて、心に当てはめてこそ価値があるものですね。

それを家の片付けの次元から始めて実現していこう
というのがこの本です。

思えば現代人は、
余計な情報までどんどん取り込んで、
考えなくてもいいことを考えて、
心のエネルギーを浪費しているんですね。

これが前回紹介したような
「感情の暴走」にもつながるでしょう。

心にゴミが入ってこないようにして、
それから既にある心のゴミは捨てて、
そうすると心はもっと自由になって元気になるはずです。

エネルギーの無駄が減るので
やる気や能力のアップにもつながります。