TOP >書籍レビュー> これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう

これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう

本日は、関口智弘さんの
「これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう」
です。

いや、表紙にガッツ石松さんが出てるんですよね。
それだけなんですが。

さて、この本で紹介されている稼ぎの仕組みとは
やはりインターネットを利用したものです。

個人で稼ぎの仕組みを作ろうと思ったら
インターネットを利用しない手はありません。

いろいろなコストを考えますと
必然的にそういう結論になります。

コストが極少に抑えられるということは
何度も試行できるということですし。

さて、肝心の本の内容ですね。

まず失敗する例が説明されています。

たとえば・・・

・好きなことと売れることはしっかり区別する
・お客様は神様・・・ではない
・準備しすぎに注意

などです。

さて次に稼ぐための仕組みですが・・・
仕組み自体は単純です。

まずはインターネットで情報商材を売る。

情報商材というのはいろいろなノウハウをまとめた
E-Bookのことですね。

この段階では、情報商材を売って利益を出すよりも
お客さんのリストを集めることに注力します。

そうして集めたお客さんを、
次の段階で会員制のサービスに誘います。

会員になってもらうことで
毎月会費を納めてもらい、
収入を安定させるというわけですね。

それから集めたリストに対して
アフィリエイトも仕掛けていきます。

以上のような仕組みをいくつも作っていくことで
安定した収入を増やしていこうというわけですね。