TOP >書籍レビュー> これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう その2

これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう その2

関口智弘さんの
「これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう」
の紹介で

準備のしすぎに注意

と書きました。

これはもちろん、準備がいけないという
わけではありません。

ただ、準備ばかりしていると
そこでエネルギーを使い果たしてしまって
肝心の実践ができなくなるということなんですね。

これは私自身を振り返っても納得できることです。

たとえば学生時代は小説家になりたいと思っていました。

それなら小説の書き方について勉強しなきゃ、
ということで小説の書き方に関する本を
たくさん読みました。

手本になる小説も読まなきゃということで
これまたたくさん読みました。

そして・・・小説は書きませんでした。

これじゃあ超能力者でも小説家にはなれませんよね。

勉強=準備ばかりして実際書かないんじゃね。

その後も同じ失敗を繰り返します。

社会人として10年以上働いたところで
会社から必要とされていないことを感じ始めた。

そこで自分自身の収入源を確保しなきゃ
危険だということで
インターネットビジネスについて勉強し始めた。

・・・はい、お分かりのとおり
勉強するだけでなかなか始めなかったんです。

その時すぐに、アフィリエイトでも始めていれば
今頃もっと豊かな暮らしをしているはずです。

勉強するだけで、
自分は行動していると納得して安心する。

これは危険です。

それから、
前もっていくら準備しても
現実は生き物ですので
自分の想定からはみ出していきます。

だから行動。

楽天の三木谷さんも
「考えるために行動する」
と言っていますからね。

まず行動。