TOP >書籍レビュー> 君がオヤジになる前に その2

君がオヤジになる前に その2

堀江貴文「君がオヤジになるまえに」(徳間書店)
の続きです。

堀江さんにとって大事なのは思考停止しないこと。

そのために、
多くの人が望む「安定」さえ退けます。

この世は動き続ける「諸行無常」なわけですから、
安定などありえないというわけです。
安定を志向した瞬間、滅びに向かってしまう・・・

このあたり、三木谷さんの
「自己否定」「自己相対化」
と、相通じるものがありますね。

そこまではよいのですが、
そこはさすが堀江さん、
我々一般人には受け入れがたいことも言います。

結婚するなんて意味がわからない。
家族や仲間に執着するのもおかしい。

なぜならそういうものは自分の動きを縛ってしまうから。

人間関係というのは必要に応じて
どんどん更新していくもののようです。

そこをどうとらえるかは、
個々の価値観によると思いますが、
そういう生き方もあるのだと思います。

あと面白かったのは
堀江さんはとにかく死を恐れているということですね。

だから現世的なことを考え続けることで、
死の観念が思考に入ってこないように
しているんだそうです。

【送料無料】君がオヤジになる前に

【送料無料】君がオヤジになる前に
価格:1,260円(税込、送料別)