TOP >美容と健康> 肩や背中の凝り

肩や背中の凝り

パソコンはよく使いますので、疲れ目がひどかったりするのですが、
最近はVDT症候群といって、目の疲れだけでなく肩こりや背中の痛みなど
すべてを含めて捉えられているようですね。
私の場合は目の疲れと、あとはたまにわき腹が・・・うぅ。

肩こりや背中の痛みがあるという人のほうが多いのかな?
背中の痛みは、パソコンを一日中使っている人や
デスクワークで一日中椅子に座っている人に多く見られます。
この背中の痛みの原因は、姿勢が悪い、
同じ姿勢を長い時間保つことによる緊張やコリなどです。

つまり、運動不足と言えますが、中には筋肉や神経の問題ではない場合もあります。
一般的な背中の痛みは、背骨のずれやゆがみによって起こることが多くあります。
脊柱の骨がずれると神経を圧迫し、激しい痛みを感じることがあります。
また、骨の間のクッションに損傷が起こり痛むこともあります。
多少のずれや筋肉のコリは、指圧、按摩で治療しますが、
整形外科での治療が必要なこともあります。
また、背骨による背中の痛みだけではありません。
内臓が原因による痛みもあります。
内臓の不調、食べ過ぎなどによる内臓の負担からくることもあります。
大腸、小腸、胃、などの疾患、また、膵臓の膵炎なども原因となります。
お酒やストレスによる肝臓の疲れ、胆石による痛みもあり、医師の診断が必要です。
背骨や脊柱は、体の中でも特に大切なものです。多くの重要な神経が脊柱を通っていて、
内臓などの影響が背中の痛みとして表れてきます。また逆に、背中の痛みが、
各臓器の働きに影響することもあります。骨のずれやコリなどによる痛みか、
内臓疾患による痛みか、よく判断することが大切です。