TOP >教育・学習> 英語教育

英語教育

英語教育は幼い頃から始めるといいという考え方があります。
なぜなら、脳は自分が日常的に聞く言語に応じて
必要のない聞き取り能力は捨てていくといわれているからです。

その過程は幼児のときに急速に進みますので、
幼い頃に英語になれさせて、聞き取り能力をつけてしまおうというわけですね。

逆の意見もあります。
幼い頃から英語をやる必要はないという考えです。

それは、日本語と英語はあまりに異質だからです。

日本で暮している限り、いくら英語を学ばせようとしても中途半端になります。
英語が中途半端になるならいいのですが、
肝心の日本語まで中途半端になります。
双方の言語能力がつたないままとなってしまいます。

人間は言語で思考する部分が大きいですので
言語能力に問題が出れば思考力や理解力にも問題が出てきます。
学校の授業が理解しづらいということも起きます。

もし英語を堪能にしたいのなら徹底的にやる必要がありますが
その場合は日本語が犠牲になるかもしれないということです。

やるなら日本語能力がある程度できあがってからのほうがいいという考えですね。

ちなみにヨーロッパで多言語をしゃべれる人が多いのは
お互いの言語が似通っているからだそうです。