TOP >教育・学習> 丸暗記

丸暗記

詰め込み学習を象徴する言葉が「丸暗記」でしたね。

で、丸暗記なんて意味がないと子供の頃よく言われていました。
にもかかわらず丸暗記やっていましたけど・・・・

意味もわからずに丸暗記するのは馬鹿げているというのですね。
理解しながら進めろと。
ということで「ゆとり教育」は作られたのでした。

しかし、理解というものは既存の知識を前提として成り立つものです。
「あ、これは自分の知っているあれに似ているな」とか、
「あのこととあのことを組み合わせればこれはわかりやすいな」
なんていう感じで理解をしているはずです。

ところが、まだ知識がほとんどない子供に対して「理解しろ」と。
しかし子供は新しい事柄の理解を助ける知識を持っていません。
ということで教える先生としては、
あーでもない、こーでもないと子供が知っていそうな具体例を出して説明するわけです。

無限に時間があるとするならこのやり方は正しいのでしょう。
しかし子供はあっという間に年を取ってしまいます。

やはり子供の時代には子供が得意な方法で知識を得させる方を
優先させるべきなのでしょう。
子供は大人に比べてはるかに丸暗記が得意です。
そしてそういう時期は人生においてわずかしかありません。
千載一遇のチャンスです。
ここで沢山の知識を得ておけば、
その時はわからなくとも、将来莫大な知的財産となってくれることでしょう。

それなのにそのチャンスを無視して、大人と同じように理解しろ理解しろと・・・・

使い方がわからなくとも、新しい道具をどんどん受け取れる時期を逃さず、
与えられるだけ与えた方がいいんじゃないでしょうか。
道具の使い方なんて、あとで自分で工夫するようになりますよ。

でも道具自体がないと途方にくれるかもしれません。