TOP >パソコン> ウィンドウズ ヴィスタ 必要スペック

ウィンドウズ ヴィスタ 必要スペック

ウィンドウズ ヴィスタ、巷で話題のVistaです。
新し物好きの人はベータの段階で導入なさっているかもしれません。

私は今のところ導入を見送っています。
なぜなら、ウィンドウズ ヴィスタ・・・・・高いTT
まあ、パソコンパーツと抱き合わせで安く買う方法もありますけどね。

あとは必要とされるパソコンのスペックが高そうです。
導入すると却ってパソコンの動きが重くなるんではないかと心配です。

ウィンドウズ ヴィスタの必要システムを調べてみました。

Vista最低必要スペック
(Vista推奨スペック)
1.プロセッサ
クロック800MHz以上の32bit/64bitプロセッサ
(クロック1GHz以上の32bitプロセッサ/64bitプロセッサ )

2.メモリ
512Mbytes
(1Gbytes )

3.グラフィック能力
SVGA・800×600ピクセル
(DirectX 9サポート)

4.グラフィックス・メモリ
特になし
(128Mbytes )

5.ハードディスク容量
20Gbytes
(40Gbytes )

6.ハードディスク空きスペース
15Gbytes
(15Gbytes )

とこんな感じになっています。
メモリの最低必要ラインが512Mバイトとなっていますが、
512Mバイトではちょっと苦しそうな予感です。

グラフィック能力が必要ないのはウィンドウズ ヴィスタもクラシック表示ができるからです。
クラシック表示というのは昔ながらのWindowsの表示ですね。
といことはウィンドウズ ヴィスタの売りの一つである
Aero(エアロ、犬じゃありません)と呼ばれる高度な表現能力が
カットされることになります。

ただ、私ならウィンドウズ ヴィスタを導入したとしても
間違いなくクラシック表示にします。
たとえパソコンのスペックが余っていたとしてもそうします。
パソコンに余計な負荷はかけたくないですからね。