TOP >スピリチュアル> 昌清霊言=シルバーバーチ?

昌清霊言=シルバーバーチ?

江原啓之さんの昌清霊言は作り物ではないかとの批判がありましたので
ちょっと調べてみました。

まず、
「スピリチュアリズムにおいては、
 霊界通信は必ず霊媒の語彙をもって語られるのは定説。
 それなのに昌清霊は古代語を用いているのでおかしい」

という批判についてですが・・・

霊界通信の過去の例を見てみますと、必ずしもそうではないということがわかりました。

例えば、日本の霊界通信の記録として有名なものに
「小桜姫物語」 浅野和三郎著 (潮文社)
というのがありますが、ここで霊媒の方は古めかしい言葉を使ってしゃべっています。
内容的には歴史的な検証、
つまり、霊の語った過去の事柄が史実と合致するのかどうかという検証によって、
大きな信頼を得ているものです。

また外国の例では、霊媒自身が知るはずのない外国語をしゃべったということもあります。

以上のことから考えてみますと、昌清霊の言葉がおかしいとは
一概に言えないことがわかります。
江原啓之さんの「スピリチュアルメッセージ」を読んでみると、
昌清霊はむしろ現代的な言葉をしゃべっていますので、
江原啓之さんの語彙に大きく影響されているものと思われます。

つぎに昌清霊の語っている内容は、シルバーバーチのものとそっくりだという批判があります。
要するに「盗作」なんじゃないかと。
これに関しては、同じ霊的真理を語っているのだから、
内容が似通ってしまうのは必然であるともいえます。
おそらくシルバーバーチ霊団もこれに対して、著作権侵害とかで
訴えたりはしないでしょう・・・・

江原啓之さん批判とは