TOP >スピリチュアル> 霊能力の制御

霊能力の制御

江原啓之さんは何とかして苦しい状況から脱するため、多くの「霊能者」を訪ねたようですが、騙されたり利用されたりすることも多かったそうです。そんな中でやっと本物の霊能者にあうことができ、いろんな助言を受ける中で、自分の霊能力を制御するためには人格を磨き上げていくことが何より大事だということを悟ったそうです。

スピリチュアリズムには波長の法則というのがあります。自分の波長が低ければ、低俗な人間だけでなく低レベルな霊も集まってきて苦しめられる結果となります。低級霊を払い、高級霊とコンタクトするためには人格の向上がどうしても必要ということなのですね。それ以来江原啓之さんの人生も変わっていったようです。神社で職を得たり、スピリチュアル思想の本場イギリスに勉強にいったりもできたようですね。そうして現在へとつながっていきます。