TOP >お金・マネー> FXを考えるわけ。

FXを考えるわけ。

FX投資を考える理由ですが、日本「円」だけに資産を集中投資するのはするのは危険なのです。
日本政府は予算の有効活用、即ち国としての投資に失敗し、
現在全体で1千兆円を超える債務があります。これは何を意味するのか?
1秒ごとに数百万円もの利息が増え続けているということです。
そんなものFX投資に関係あるのか?

FXというのは「外国為替証拠金取引」というのですが、
要するに各国の通貨同士を取引して、為替変動差益を手にいれようというものです。
簡単にいいますと、
投資で株を買う代わりに外貨、例えばドルなどを買いましょうというものですね。
それにどんな意味があるかというと、円だけに自分の資産を
集中しているリスクを分散する、ということですね。
円のみに集中していれば、上記のような理由から
日本貨幣が信頼を失って円の価値が下がることも考えられます。

そもそも自分はFXはおろか投資などしたこともない・・・・
果たしてそうでしょうか?FX投資や株式投資だけが投資ではありません。
銀行預金だって立派な投資ですよ?銀行はあなたから預かった資金をGFX他で投資し、
運用益を出しているのです。そして投資したのが実はあなたであるにもかかわらず、
銀行は利益をあなたにはほとんど渡していません。
何のことかって、あの無きに等しい預金金利のことですよ。
銀行は元本保証だから投資ではない?
本当に銀行は元本保証してくれますか?
インフレで貨幣価値が下がった場合はどうでしょう。
ここで日本の国家債務が関係してくるわけです。
日本がロシアのように財政破綻しないといい切れるでしょうか?